PHSのポケットレピーターの預かり金についてのお知らせが届く!

ソフトバンクが2021年1月31日(日)に提供終了を予定している「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「PHS」サービス(テレメタリングプランを除く)において提供している「ポケットレピーター(ホームアンテナ)」の預かり金について案内しています。

これまでもSNSなどでもポケットレピーターの預かり金はまだ返金されるのか?といった内容を見かけ、特にPHSサービスの終了が発表されて以来はたびたび目にしますが、ワイモバイルのPHSサービスを提供しているソフトバンクやウィルコム沖縄にも問い合わせが多いのか、対象者には書面にてお知らせが届いているようです。

ポケットレピーターを返却する場合にワイモバイルに問い合わせてもなかなかすんなりいかないようですし、実際に「ポケットレピーター設置に伴うお預かり金についてのお知らせ」という案内が届いた匿名希望の読者から情報提供をしてもらいましたので、その内容を紹介しておきます。

レピーター 1
「ポケットレピーター設置に伴うお預かり金についてのお知らせ」

現在も同社では「ケータイ(PHS)用ホームアンテナレンタルサービス」を提供しており、月額300円(税抜)のレンタルサービスとなっていますが、以前のDDIポケットの頃などではポケットレピーターを借りるのに預かり金(10,000円)を出し、返却時に預かり金(10,000円)を返してもらうという形となっていました。

今回、PHSサービスの終了に向けて預かり金にてポケットレピーターを借りている場合、書面にてポケットレピーターの返却とそれに伴う預かり金の返却について連絡が送られており、2021年3月31日(水)までに送付されてきた「ご返金先口座情報記入用紙」とともにポケットレピーター本体を返送することで、預かり金が返金されるとのこと。

レピーター 2
「ご返金先口座情報記入用紙」

またポケットレピーターの返却による預かり金の返金は本来、ポケットレピーターを借りたときに発行された預かり証が必要なようですが、この案内による方法では預かり証は不要で、預かり金の返金をもって預かり証の効力は無効になるということです。

なお、ポケットレピーターの返却は送付されてきた案内に同梱されている着払伝票(佐川急便)にて行い、返金の際の振込手数料は利用者負担となり、振込先がみずほ銀行の場合は110円、他金融機関口座の場合は440円となっています。返金はポケットレピーターおよびご返金先口座情報記入用紙が到着後に順次手続きを進めるとしています。







記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
PHSサービス終了のご案内|サポート情報|ワイモバイル(Y!mobile)法人/ビジネス向け
ケータイ(PHS)用ホームアンテナレンタルサービス|その他のサービス|サービス|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで