docomoとRakuten Mobileの5Gスマホ「AQUOS R5G」がAndroid 11に!

NTTドコモは15日、昨年3月に発売した5G対応のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R5G(型番:SH-51A)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」を含むソフトウェア更新を2021年4月15日(木)より提供開始したとお知らせしています。

一方、楽天モバイルは15日、昨年6月に発売した5G対応のフラッグシップスマホ「AQUOS R5G(型番:SH-RM14)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」を含むソフトウェア更新を4月15日より順次提供開始するとお知らせしています。

ともに更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、サイズが大きいと思われるため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されます。更新後のビルド番号はSH-51Aが「02.00.00」、SH-RM14が「02.00.01」。

NTTドコモが案内している主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webサイト『docomo Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『Rakuten Mobile Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』、『OSアップデート(ver.11) – よくあるご質問(SH-51A)』、「OSアップデート(ver.11) – よくあるご質問(SH-RM14」なども合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)チャットやSNSアプリなどに関する通知の強化
2)プライバシー強化
3)スクリーンレコードの追加
4)スグアプの追加

○改善される事象
5)より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
6)セキュリティパッチの更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2021年3月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


sh51a_03

sh51a_04
AQUOS R5G SH-51A

AQUOS R5G SH-51AおよびAQUOS R5G SH-RM14はシャープ初の5G対応スマホ「AQUOS R5G」のNTTドコモ版および楽天モバイル版で、約6.5インチQHD+(1440×3168ドット)Pro IGZO液晶やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 865」、12GB内蔵メモリー(RAM)、256GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3730mAhバッテリーなどのハイスペックスマホです。

リアカメラは約1220万画素CMOS/広角レンズ(F1.7)および画角120°の約4800万画素CMOS/超広角レンズ(F2.9)、約1220万画素CMOS/望遠レンズ(F2.7)、ToF(3D)カメラ(HQVGA)のクアッド構成。サイズは約162×75×8.9mm(最厚部10.3mm)、質量は約189g、本体カラーはアースブルーおよびオーロラホワイトの2色展開。その他の製品情報は以下の記事をご覧ください。

NTTドコモ、5Gスマホ「AQUOS R5G SH-51A」を発表!3月25日発売で価格は11万1672円。FeliCaやフルセグに対応 - S-MAX
楽天モバイル、5G対応フラッグシップスマホ「AQUOS R5G SH-RM14」を発表!6月18日発売で、価格は12万8800円の5千ポイント還元 - S-MAX
シャープ初の5G対応!新フラッグシップスマホ「AQUOS R5G」を写真と動画で紹介。6.5型QHD+液晶や8K対応のクアッドカメラなど【レポート】 - S-MAX
最新フラッグシップスマホ「AQUOS R5G」を写真で紹介!唯一のNTTドコモ・au・SoftBankの3キャリアから発売【レビュー】 - S-MAX

発売時はAndroid 10を搭載していましたが、今回、最新のAndroid 11が提供開始されることになりました。更新方法は本体のみで手動で行うにはアプリ一覧から「設定」→「システム」→「詳細設定」→「ソフトウェア アップデート」を選択して画面の案内に従って操作を行います。

詳しい操作手順は『「AQUOS R5G SH-51A 」端末本体によるソフトウェアアップデート手順書(PDF形式:213KB)』をご参照ください。ビルド番号は「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」で確認可能。ソフトウェア更新に際する注意点は以下の通り。

○AQUOS R5G SH-51A
・アップデート手順をよく読み、お客さまの責任において実施してください。
・バージョンアップすると、以前のソフトウェアバージョンへ戻すことはできません。
・バージョンアップの際は、必要に応じて、事前にデータをバックアップしてください。
・携帯電話(本体)をフル充電してから実施してください。電池残量が不足している場合はバージョンアップできません。
・端末本体(5G/Xi)でのバージョンアップにはドコモ契約のあるドコモnanoUIMカード及びspモードの契約が必要です。
・国際ローミング中の端末本体(5G/Xi)でのバージョンアップ、もしくは、圏外中の端末本体(Wi-Fi、5G/Xi)でのバージョンアップは実行できません。
・バージョンアップ中は、電話の発着信を含め全ての機能をご利用いただけません。
・バージョンアップ中は、絶対に電源をOFFにしないでください。
・バージョンアップに失敗し、一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモショップなどの故障受付窓口までご相談ください。
・バージョンアップ後にGoogle Playストアなどからアプリケーションをアップデートしてください。
・Android 10向けのアプリケーションはAndroid 11では正常に動作しない場合があります。
・Android 11に非対応のアプリによって携帯電話の動作が不安定になる場合や、機能が正常に動作しなくなる場合があります。
・各アプリケーションのAndroid 11対応有無については、アプリケーションの提供元にご確認ください。
・バージョンアップ後、過去に受信したエリアメールの履歴を確認することができなくなります。詳細はHPをご確認ください。
 https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/index.html#ancNews
・バージョンアップ後、エリアメールの「やさしい日本語表示」および「翻訳・アプリ連携設定」の機能がなくなります。
 https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/areamail_app/?d=2&p=1
・バージョンアップ後、災害用キットアプリでの災害用音声お届けサービスのメッセージ受信時に、災害用キットのアプリ通知と受信画面が表示されなくなります。
・バージョンアップ後、災害用キットアプリでの災害用伝言板の安否確認、災害用音声お届けサービスのメッセージ送信時に、発信履歴/着信履歴から電話番号を選択できなくなります。
・バージョンアップ後、災害用音声お届けサービスの「到達履歴」を確認できなくなります。
・バージョンアップ後、スグ電の発信機能をONにしていたお客様が発信モーションを行うと、右耳・左耳登録されている相手にしか発信できなくなります。
・バージョンアップ後、スグ電の発信ランキングが利用不可となります。
・バージョンアップ後、迷惑電話ストップサービスの番号指定着信拒否登録機能の一部である、通話履歴検索が利用不可となります。
・バージョンアップ後、AIオート機能に「ナイトモード」が追加されます。これによりAIオートがONの時、一定より暗い場所での撮影時にナイトモードが自動で有効となります。
・バージョンアップ後、クイック設定に配置していた同期ボタン/NFCボタンがなくなり、クイック設定からは同期/NFCのON/OFFの切り替えができなくなります。
・バージョンアップ後、ゲーミング機能での録画方式がスクリーンレコーダー機能に変更となり、保存先/解像度の設定が変更できなくなります。
  OSV後の以下のタイミングで画面上にダイヤログを表示。
  ・録画機能を初めて開始したタイミング
  ・ゲーミング設定に初めてアクセスしたタイミング
・バージョンアップ後、ロック画面(AQUOSホーム)で任意の場所をタッチした際にバイブが鳴動しなくなります。
・バージョンアップ後、「高度なマナーモード」の名称が「サイレント モード」へ変更されます。
・バージョンアップ後、「あとからキャプチャー」機能で作成した静止画/動画の保存先フォルダが変更されます。
・バージョンアップ後、S-Shoinのダウンロード辞書機能が削除され利用できなくなります。ダウンロード辞書のうち、「方言辞書」「尊敬・謙譲・丁寧語辞書」をオプション辞書として使える様になります。
・バージョンアップ後、「伝言メモ待ち受け中」のアイコンがステータスバーに表示されなくなります。
・バージョンアップ後、ドルビーサウンド設定のうち「ダイナミック」、「映画」設定において「グラフィックイコライザー」が削除され利用できなくなります。
・バージョンアップ後、AIライブストーリーにて作成された動画のサムネイル表示が保存日時に応じた位置に表示される様になります。

○AQUOS R5G SH-RM14
・モバイルデータでのソフトウェア更新は、データ通信費がかかります。
・ソフトウェアの更新を行う際は電波状態の安定した環境で移動せず行ってください。
・ソフトウェアの更新中は、発着信を含む各機能をご利用できません。また、緊急通報(110番、118番、119番)をご利用することもできません。
・ソフトウェアの更新中は、故障の原因となるため、絶対に本機の電源を切らないでください。
・ソフトウェアの更新中は、故障の原因となるため、更新中に電池切れになることが無いよう、十分に充電した状態で行ってください。
・ソフトウェアの更新を行うと、一部の設定が初期化されることがありますので、再度設定を行ってください。
・ソフトウェアアップデート完了後は、以前のバージョンに戻すことはできません。
・Android OSアップデート後、必要に応じてアプリケーションの更新を行ってください。古いOSバージョン向けのアプリケーションは正常に動作しない場合があります(※OSアップデートのソフトウェア更新の場合)
・製品の状況(故障・破損・水濡れ等)によっては、保存されているデータが破損・消失することがありますので重要なデータは、更新前にバックアップしておくことをおすすめします。なお、データが破損・消失した場合の損害に関しては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
AQUOS R5G 関連記事一覧 - S-MAX
AQUOS R5G SH-51Aのソフトウェアアップデート | お客様サポート | NTTドコモ
AQUOS R5G | ソフトウェアアップデートのお知らせ | 楽天モバイル