Rakuten UN-LIMIT VIにてユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料が利用者負担に!

楽天モバイルは1日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において「ユニバーサルサービス料」を2021年7月利用分(2021年8月請求分)から契約者負担にするとお知らせしています。なお、現在のユニバーサルサービス料は月額3円となっています。

また新たに「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」のもとに提供される「電話リレーサービス」のために徴収される「電話リレーサービス料」も契約者負担とするとのこと。電話リレーサービス料は2021年8月利用分(2021年9月請求分)から請求されます。

なお、これらのユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料についてはRakuten UN-LIMIT VIの「1年間無料キャンペーン」および「3カ月無料キャンペーン」の適用期間中や1回線目においてデータ利用量が1GBまでの月(月額基本使用料が0円となる月)は請求されないということです。

02

ユニバーサルサービス料は東日本電信電話(NTT東日本)および西日本電信電話(NTT西日本)による「ユニバーサルサービス(加入電話・公衆電話・緊急通報)」の提供の確保に必要な費用の一部を通信事業者全体で電話番号数に応じて負担するユニバーサルサービス制度によって徴収されています。

これまで楽天モバイルではRakuten UN-LIMIT VI(以前の「Rakuten UN-LIMIT」や「Rakuten UN-LIMIT V」を含む)を契約している場合にユニバーサルサービス料を楽天モバイルが負担し、契約者に請求していませんでしたが、2021年8月請求分より他の携帯電話会社と同様に契約者負担にすることにしたということです。

また合わせて電話リレーサービス料も2021年9月請求分より契約者負担とするとのこと。なお、ユニバーサルサービス料は1電話番号当たり月額3円、電話リレーサービス料は1電話番号あたり月額1円(年間合計6円:2021年9月請求分〜2022年2月請求分の6カ月間に各月1円)の負担となるということです。


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
楽天モバイル 関連記事一覧 - S-MAX
【重要】ユニバーサルサービス料・電話リレーサービス料について | 料金・サービスのお知らせ | 楽天モバイル
楽天モバイル