SIMフリースマホ向けOPPO Care 画面割れ保証サービスがスタート!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が同社のSIMフリースマートフォン(スマホ)向けに「OPPO Care 画面割れ保証サービス」を2021年6月11日(金)10時より提供開始しています。OPPO公式Webサイト内の「OPPO Care」( https://support.oppo.com/jp/oppocare/ )から申し込めるほか、OPPO公式楽天市場店にて製品購入時にも合わせて加入できるとのこと。

対象製品は6月11日以降に発売される機種となっており、現時点では「OPPO A54 5G(型番:CPH2303)」および「OPPO Reno5 A(型番:CPH2199)」、「OPPO Find X3 Pro(型番:CPH2173)」の3機種。保証期間は180日または365日から選べ、保証期間中1回までは修理時の負担金なしで画面割れの修理が行えます。

加入時に保証料はOPPO A54 5G CPH2303の180日プランが3,000円(金額はすべて税込)、365日プランが5,000円、OPPO Reno5 A CPH2199の180日プランが3,500円、365日プランが6,000円、OPPO Find X3 Pro CPH2173の180日プランが6,000円、365日プランが8,000円。なお、OPPO Care 画面割れ保証サービスにおけるユーザー管理業務は延長保証・製品保証サービスのWarranty technologyに委託されるということです。

02

オウガ・ジャパンではアフターサービスとして購入日から14日以内を初期不良期間として初期不良期間内に機能・性能の故障が発生した場合に新品と交換するほか、購入日から起算してスマホなどの携帯電話(内蔵バッテリーを含む)やアクセサリーの修理保証期間は12ヶ月、イヤホン・マイクロUSBケーブル・充電器など付属品の修理保証期間は6ヶ月であれば、製品の修理保証期間内に取扱説明書とガイドブックに従った使用中の故障が発生した場合に無償で故障部品を交換しています。

一方、落下などの不慮の事故や不適切な使用、自ら行った分解や改造などによって発生した故障や損壊は無償修理対象とはならず、有償での修理となり、特に昨今のスマホは大画面化などによって画面割れの修理費用は高くなることが多くなっています。そうしたことからOPPO Care 画面割れ保証サービスでは購入時または購入直後に事前に保証料を払うことで、OPPO Care 画面割れ保証サービスの保証期間内に1回までは画面割れ時の修理費用が免除されます。

03

なお、オウガ・ジャパンでは公式Webサイトにて「画面割れ修理の場合は、概ね15,000円以内」で対応可能だとしていますが、機種ごとの有償修理価格の目安( https://support.oppo.com/jp/spare-parts-price/ )も掲載しており、例えば、画面割れ修理(スクリーンアセンブリ)はOPPO A54 5Gが13,000円、OPPO Reno5 Aが14,000円、OPPO Find X3 Proが36,000円となっており、仮に割ってしまうことを前提とするならOPPO Care 画面割れ保証サービスはかなりお得となっています。

OPPO Care 画面割れ保証サービスをOPPO公式WebサイトのOPPO Careページから申し込む場合にはメールアドレスと購入日、保証対象製品の端末製造番号(IMEI)を入力して登録します。また実際に修理を行う場合には同社では「OPPO製品宅配修理サービス」も実施しており、近くに拠点がない場合でも配送で修理が行えます。その他、OPPO Care 画面割れ保証サービスは通信事業者が販売するモデルは対象外。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
SIMフリースマートフォン向け「OPPO Care 保証サービス」の提供開始|株式会社Warranty technologyのプレスリリース
OPPO Care | オウガ・ジャパン