IIJmioの音声通話料金が9月11日に改定!専用アプリやプレフィックスなしでも半額に

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は9日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向け携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において日本国内宛の音声通話料金について2021年9月11日(土)より改定すると発表しています。

対象はモバイルサービス ギガプランおよびモバイルサービス、モバイルプラスサービスにおけるタイプD(NTTドコモ網)およびタイプA(au網)の音声SIMを利用している場合で、通常料金が22円/30秒(金額はすべて税込)から11円/30秒に、同一の会員ID(mioID)内での通話料金が17.6円/30秒から8.8円/30秒になるということです。

これまでも専用のスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「みおふぉんダイアルアプリ」からの発信またはプレフィックス番号(0037-691)を先頭につけて発信すると国内通話料が半額になる割引サービスを提供していましたが、9月11日からはこれらのアプリやプレフィックス付与をしなくても半額となります。

国内通話料金変更前変更後
通常料金22円/30秒11円/30秒※2
「ファミリー通話割引」適用時※317.6円/30秒8.8円/30秒
「みおふぉんダイアル」利用時※411円/30秒11円/30秒
※1 国際通話、国際ローミング利用やSMSの送受信料金の変更はございません。
※2 対象になるのは携帯電話(070・080・090)やIP電話(050)、固定電話(0ABJ)への日本国内からの発信となります。テレビ電話などのデジタル通信料や電報サービス、時報サービス、天気予報等の特番系サービスなどは上記通話料の対象外となります。
※3 同一mioID内で契約中の音声SIM同士で日本国内から発信する通話のみ割引対象となります。
※4 みおふぉんダイアルアプリを利用した場合またはプレフィックス番号(0037-691)を付与して発信した場合の通話料です。

IIJmioではみおふぉんダイアルアプリからの発信またはプレフィックス番号(0037-691)を先頭につけて発信すると国内通話料が半額になる割引サービスを提供していましたが、今後は通常の音声通話でも割引価格と同額で利用できるようになります。なお、タイプAでは2021年9月1日以降の利用分から改定後の料金が適用されるとのこと。

対象のサービスおよびプランはIIJmioモバイルサービス ギガプランおよびIIJmioモバイルサービス(ミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプラン、ケータイプラン)、IIJmioモバイルプラスサービス(従量制プラン、エコプランミニマム、エコプランスタンダード)で、音声SIMのタイプD(NTTドコモ網)およびタイプA(au網)となります。

その他、「通話定額オプション」の通話定額料金適用には引き続きみおふぉんダイアルからの発信が必要となる上、タイプAの音声SIMでは標準の電話アプリからの発信は定額対象とならず課金されてしまうということなのでご注意ください。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
IIJmio 関連記事一覧 - S-MAX
IIJ、個人向けモバイルサービスの国内音声通話料金を改定 | IIJについて | IIJ
格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio