iPhoneのデュアルSIM(eSIM)利用時に緊急通報ができない不具合!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は10日、eSIMに対応した一部のスマートフォン(スマホ)でデュアルSIM利用時に音声通話が利用できないデータ通信専用SIMを「モバイルデータ通信」として設定すると緊急機関(110・118・119)への発信ができないことがあるとお知らせしています。

同様の内容をNTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)の4社が案内しており、対象製品は「iPhone」シリーズのみで、4社が販売するAndroidスマホでは該当事象の対象となる製品はないとのこと。IIJではiPhone固有の事象と考えられるとしています。

なお、ソフトバンクでは音声通話対応SIMを「デフォルトの音声回線」に設定している場合には電話番号の冒頭に186をつけて発信するか、音声通話対応SIMを「モバイルデータ通信」に設定すれば緊急機関(110・118・119)への発信は可能となるとし、IIJを含む他の4社でも後者の方法を紹介しています。

ただし、IIJでは緊急時にそのような操作を行うことが困難なことを踏まえ、他の緊急通報手段の確保またはeSIM利用停止も検討し、さらに緊急通報は助けを求めている人のための大切なライフラインなので安易に実験を行わないよう呼びかけています。

02

デュアルSIMに対応したiPhoneシリーズでは通常利用する音声通話用の「デフォルトの音声通話」とデータ通信用の「モバイルデータ通信」を設定するようになっており、今回、デュアルSIM利用時のモバイルデータ通信にデータ通信専用SIMを設定した場合に緊急通報が行えない場合がある不具合が明らかになりました。

本来はデフォルトの音声通話に音声通話対応SIMを設定していればこちらで緊急通報が行われるはずですが、IIJが検証したところではなぜかモバイルデータ通信に設定したデータ通信専用SIMで発信しようとしてしまっているため、緊急通報が行えなくなっているとのこと。同社ではiPhone内部の処理に何らかの問題があると推測しています。

03

対象となるiPhoneシリーズは以下の通りで9月10日時点で11機種となっています。なお、日本向け製品については物理的なSIMカードスロットが2つあるデュアルSIM製品は販売されておらず、デュアルSIM対応製品は片方はeSIMとなっています。

・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone 11
・iPhone XS Max
・iPhone XS
・iPhone XR
・iPhone SE(第2世代)

またeSIMは現在、MNOの4社でも提供されていますが、これらは音声通話対応SIMとなります。一方、以前より仮想移動体通信事業者(MVNO)のIIJなどでeSIMが提供されていますが、これらは現時点ではデータ通信専用SIMのみとなっています。













記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
eSIM 関連記事一覧 - S-MAX
デュアルSIM機能をご利用時の注意事項について | その他のお知らせ | 楽天モバイル
デュアルSIMを利用する際の注意事項について | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
SIM(au ICカード/eSIM)のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au
eSIMについて | ドコモUIMカード/ドコモeSIMカード/eSIMについて | お客様サポート | NTTドコモ
IIJmio:【重要】eSIM利用時に緊急機関(110/118/119)への発信ができない場合がある
てくろぐ: iPhoneの緊急通報が正しく動作しない件 (IIJmio eSIM利用時に緊急通報が行えない)