新プレミアムスマホ「motorola edge30 PRO」が登場!

Motorola Mobilityは24日(現地時間)、同社が展開する「motorola edge」シリーズにおける新しいグローバル向けプレミアムスマートフォン(スマホ)「motorola edge pro 30」を発表しています。南米やインド、中東、アジア、欧州にて展開され、すでに紹介しているように日本でも発売するための準備をしていることが明らかとなっています。

また同社の日本法人であるモトローラ・モビリティ・ジャパンでは公式Twitterアカウント( @MotorolaJP )にてmotorola edge30 PROについて「日本でも発売するかも」や「続報をお待ちください」と投稿しており、日本での発売を示唆しています。

なお、motorola edge pro 30は北米では「motorola edge+」として展開され、今後数ヶ月以内に発売され、Best BuyやAmazon.com、Motorola.comなどでSで販売されるとのこと。さ価格はSIMロックがかかってないモデルが899.99ドル(約104,000円)となっており、さらに発売を記念して100ドル(約12,000円)の期間限定割引が実施されるということです。

03

motorola edge30 PROはQualcomm製ハイエンド向けチップセット(SoC)「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載した世界初の製品となった中国向けプレミアムスマホ「motorola edge X30」のグローバル版で、日本でも昨年10月に発売された「motorola edge 20」や「motorola edge 20 fusion」に続く「motorola edge 30」ファミリーの上位モデルとなると見られており、motorola edge 20などに続いて日本に投入されることになりそうです。

motorola edge X30とほぼ同等ながら外観や一部の仕様が変更されています。ディスプレイは上部中央にハンチホールを配置したアスペクト比9:20の縦長な約6.7インチFHD+(1080×2400ドット)有機ELディスプレイで、1億色表示や144Hzリフレッシュレート、360Hzタッチサンプリングレート、DCI-P3、HDR10+、明るさ700nitsなどに対応しています。

04

またペン入力に対応しており、スタイラスモードをONにした場合にはスタイラスのタッチサンプリングレートが240Hz、指のタッチサンプリングレートが120Hzとなるとのこと。画面占有率は約88.5%に達し、ディスプレイは指紋が付きにくいコーティングが施された2.5Dラウンドの強化ガラス「Corning Gorilla Glass 3」で覆われています。

また背面は3Dラウンジの強化ガラス「Corning Gorilla Glass 5」でより割れにくくなっているとのこと。なお、側面フレームはプラスチック製。サイズは約163.06×75.95×8.79mm、質量は約196g、本体色はCosmos BlueおよびStardust Whiteの2色展開。生活防水・防塵(IP52)に対応。本体右側には側面指紋センサーを搭載し、生体認証としては顔認証にも対応。

05

主な仕様は12GB LPDDR5内蔵メモリー(RAM)や256GB UFS3.1内蔵ストレージ、Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2、NFC Type A/B、USB Type-C端子(USB 3.1、DisplayPort 1.4)、4800mAhバッテリー、急速充電(最大68W)、ワイヤレス充電(最大15W)、ワイヤレス外部給電(最大5W)など。

外部ストレージスロットや3.5mmイヤホンマイク端子は非搭載。カメラの構成は以下の通りで、フロントカメラやリアカメラの広角・超広角カメラは4画素を1つにまとめて明るく撮影できるクアッドピクセル技術に対応し、デュアル撮影やウルトラ解像度、プロモード、ナイトビジョン、シネマグラフ、ポートレートなどの機能に対応しています。

<フロントカメラ>
・約6000万画素CMOS(1画素0.6μm)/広角レンズ(F2.2)

<リアカメラ>
・約5000万画素CMOS(1画素1.0μm、Dual Pixel PDAF)/広角レンズ(F1.8、OIS)
・約5000万画素CMOS(1画素0.64μm)/超広角マクロレンズ(F2.2、114°)
・約200万画素CMOS(1画素1.75μm)/深度カメラ(F2.4)

06

携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通りですが、日本向けの認証では5G NR方式のn1およびn3、n8、n28、n40、n41、n77、n78、4G LTE方式のBand 1および3、8、18、19、26、28、39、40、41(AXGP)、42、3G W-CDMA方式のBand IおよびVIIIとなっています。SIMはnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMデュアル5Gに対応。

5G: n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
4G: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/38/39/40/41/42/43/48/66
3G: B1/2/4/5/8
2G: B2/3/5/8

その他の仕様では位置情報取得(GPS、A-GPS、LTEPP、SUPL、Glonass、Galileoなど)や近接センサー、環境光センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス、ThinkShield for mobile、Host-Aware Performance Booster 2.0、Android 12(MYUI 3.0)など。同梱品はmotorola edge30 PRO本体のほか、TurboPower(68W)対応充電アダプターやUSB Type-Cケーブル、SIMピン、スタイラス、保護ケース、ヘッドセット(販売国・地域次第)、ガイドなどの紙類。

昨年あたりから少しずつ上位モデルも日本で展開しはじめているモトローラですが、いよいよ最上位機が投入されることになりそうで楽しみです。これまでは「motorola razr 5G」のようにSoftBankから発売されたこともありますが、従来通りであれば、メーカーモデルとしてオープン市場向けのメーカー版(SIMフリー製品)にてとして販売されることになるのではないでしょうか。

08

07




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
motorola edge30 PRO 関連記事一覧 - S-MAX
find your edge and unleash game-changing performance with motorola edge+ - Motorola
Best Android camera phone - motorola edge30 PRO | motorola ROE