au回線にて2.3GHz帯が運用開始!放送事業者との柔軟な周波数共用を実現

KDDIと沖縄セルラー電話は31日、オンラインにて「新しい5G周波数2.3GHz帯の運用に関する説明会」を開催し、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」、「povo」などのau回線において5Gの快適な通信環境の提供とエリア展開加速を目的に新たな5G周波数である2.3GHz帯(2330MHz~2370MHz、n40)の運用を2023年7月3日(月)より開始したと発表しています。

両社で2.3GHz帯の割当条件である1つの周波数帯を複数の事業者(免許人)が場所や時間帯などによって使い分けるダイナミック周波数共用の運用を国内で初めて実現し、これによって同一周波数帯にてすでに運用している放送事業者の中継映像伝送などとともに2.3GHz帯で5G利用を可能としました。

また両社はこれまで高品質かつ強靭なネットワークの構築をめざし、プラチナバンドと呼ばれる700MHz帯や800MHz帯からSub6(3.7GHz値〜4.0GHz帯)、そしてミリ波(28GHz帯)までの複数の周波数帯を組み合わせて各周波数の特性や帯域幅などを踏まえたエリア設計や基地局展開を実施してきました。

今回、新たに基地局の電波発射と停止を柔軟に制御する自動制御システムを開発・導入し、40MHzの帯域幅かつ優れた電波伝搬特性を持つ2.3GHz帯の運用を開始することによってより快適な5G通信環境の実現をめざし、開設計画に沿って2026年度末までに全国で8300局超の基地局を設置する予定だということです。


02

携帯電話サービスでは5G浸透による通信量増加への対応や迅速なエリア展開に向けて移動帯通信事業者(MNO)の各社は電波の周波数帯域を確保することが重要となっており、一方で電波は携帯電話以外にもさまざまな用途で利用されており、各事業者が利用できる周波数帯域は限られています。

そうした中で放送事業者がスポーツイベントなどの取材現場から映像・音声を伝送する際に利用している2.3GHz帯に関しては利用される時間や場所が常に一定ではないため、さらなる電波の有効活用の観点から2.3GHz帯をより柔軟に共用する手法が議論されてきました。

03

一方、KDDIとKDDI総合研究所では2019年からダイナミック周波数共用の技術開発を行い、放送事業者と携帯電話事業者による2.3GHz帯の効率的な共用が実現可能なことを確認しており、総務省によって2.3GHz帯についての割当が募集され、KDDIおよび沖縄セルラー電話のみが申請を行い、それに伴って昨年5月に両社に割当が決定していました。

そのため、2.3GHz帯の割り当てについてはすでに放送事業者が利用していたため、放送事業者が使っていない場所や時間帯で動的に周波数を共用する「ダイナミック周波数共用システム」を活用することが割り当ての条件となっていました。今回、そんな2.3GHz帯でのダイナミック周波数共用による5Gでの運用が開始されたということです。

04

ダイナミック周波数共用は優先して2.3GHz帯を利用できる一次利用者の放送事業者が電波を利用する時間や場所などの情報をデータベースに登録し、登録されたデータベースを基にダイナミック周波数共用の判定システムが地理的条件などを踏まえて電波干渉の有無を自動で計算し、二次利用者(一次利用者に干渉を与えない場合に周波数を利用できる免許人)であるKDDIと沖縄セルラーが基地局からの電波発射・停止を制御します。

従来の共用では利用する時間や場所を事前に決めて運用する必要があったため、双方の事業者が電波を利用していない時間や場所があるなど電波の有効活用に課題がありましたが、ダイナミック周波数共用では複数の免許人が利用する時間と場所を全体管理することによって同じ周波数帯の電波を柔軟かつ効率的に共用することを可能となっています。

05

06

なお、ダイナミック周波数共用の運用にむけた取り組みとして放送事業者とともに放送事業者の利用に対して干渉を与えないことを前提としたダイナミック周波数共用の判定システムの仕様や基地局の電波停止に関する手続き、緊急時の連絡体制など、ダイナミック周波数共用を実際に運用する上での課題について議論を重ね、運用ルールを整理してきたとのこと。

また携帯電話基地局は24時間365日運用し続けていますが、ダイナミック周波数共用の運用を実現するためには高い頻度で基地局からの電波発射と停止を繰り返す必要があり、基地局の電波発射と停止を柔軟に制御する従来には無かった運用を実現するために「2.3GHz帯基地局自動制御システム」を開発し、携帯電話システムに導入したとしています。

07

このシステムではダイナミック周波数共用の判定システムによる電波干渉有無の情報を基に双方の利用者に影響が出ない形で2.3GHz帯基地局の電波発射と停止を自動で実施し、多く発生する電波発射・停止の作業を確実に実施するととともに作業時間の短縮・作業負荷の低減により効率的な運用が可能となったとしています。

その他、KDDIでは「KDDI VISION 2030」として「『つなぐチカラ』を進化させ、誰もが思いを実現できる社会を作る。」ことをめざしており、ダイナミック周波数共用の運用によって新たな5G周波数である2.3GHz帯を有効活用し、利用者の命、暮らし、心をつなぐ取り組みを推進していくということです。







povo


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
国内初、ダイナミック周波数共用活用で2.3GHz帯を運用開始 | 2023年 | KDDI株式会社
KDDI株式会社――Tomorrow, Together