衛生ネットワークでサービスエリアを拡大して災害時や山間部・離島等を含む日本全域をカバーする通信サービスを提供へ!

楽天モバイルは16日、AST SpaceMobile(以下、AST)と共同で衛星と携帯電話の直接通信によるモバイル向けブロードバンド通信サービスを日本国内で2026年内に提供をめざす計画を発表しています。計画ではテキストメッセージだけでなく、音声通話やビデオ通話などのブロードバンド通信を、市販されているスマートフォン(スマホ)で利用できるサービスを提供する予定。ただし、サービスの開始時期や提供範囲については両社の関与しない事由を含む要因などにより変更となる可能性があるとのこと。

計画の発表に併せて楽天グループの代表取締役会長兼社長で楽天モバイルの代表取締役会長である三木谷 浩史氏は「日本で楽天モバイルは、エリアカバーの拡大のために様々な施策を講じています。しかしながら、一部の山岳地帯や離島などは基地局建設の難しさからモバイル通信の恩恵が行き届かないこともあります。また、災害大国である日本では、気候変動の影響により、日常生活や災害時においてのモバイル接続に対する国民の意識は年々高まっています。当社はAST SpaceMobileと提携して、衛星と携帯の直接通信によるサービスを実現する最先端のソリューションにより、日本全域へのモバイル通信の提供を目指すこの取り組みを誇りに思います」とコメントしています。

02

楽天モバイルとASTはこれまで2020年3月に締結した戦略的パートナーシップに基づいてASTの低軌道衛星と市販されているスマホとの直接通信を目指すプロジェクトを推進しており、2022年9月にはASTによる低軌道試験衛星「BlueWalker 3」打ち上げに成功し、さらに2023年4月にはVodafoneやAT&Tを含めた4社協力の下で世界初となる低軌道衛星によるモバイル向けブロードバンド通信を使用した市販のスマホ同士のエンドツーエンドでの音声通話試験をアメリカ・テキサス州で行って成功していました。

このように現在までにASTによる試験では市販のスマホと衛星間での音声およびデータの5G接続に世界初で成功するとともに、14Mbpsのダウンロード速度達成、4Gビデオ通話および5Gセルラーブロードバンド接続にも成功しています。これらの速度は基本的な音声やテキストメッセージの通信だけでなく、インターネットブラウジング、ファイルのダウンロード、メッセージングアプリの使用、ビデオのストリーミングなどを市販のスマホで可能とするものです。

また自然災害が多く山岳地帯や離島が多い日本においては低軌道衛星を活用した通信サービスへのニーズが高まっており、先ごろ発生した「令和6年能登半島地震」では復旧に向かう道路が寸断されて応急復旧に時間がかかっていますが、低軌道衛星による通信サービスであれば、地上の状況に左右されることなく携帯電話を利用できるようになることなどから楽天モバイルとASTは今後、災害時や山間部・離島等を含む、日本全域をカバーする通信サービスの提供をめざしています。

そうした中で日本では楽天モバイルが国内での試験実施に向けて2022年11月に実験試験局免許の予備免許を取得していましたが、いよいよ日本国内で衛星と携帯電話の直接通信によるモバイル向けブロードバンド通信サービスを2026年内に提供する計画であることが改めて案内されました。楽天モバイルとASTは今後、災害時にもつながる通信サービスの提供と、山間部や離島などを含む日本全域のエリアカバーをめざしていくとしています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
楽天モバイル 関連記事一覧 - S-MAX
楽天モバイル、AST SpaceMobileとの衛星と携帯の直接通信による国内サービスを2026年内に提供を目指す計画を発表 | プレスリリース | 楽天モバイル株式会社
楽天モバイル
Home - AST SpaceMobile | AST SpaceMobile