S-MAX

タブレット

OPPO初のタブレット「OPPO Pad Air」を写真と動画で紹介!10インチ薄型軽量でクアッドスピーカー搭載。動画視聴や電子書籍閲覧も快適【レビュー】


OPPOのタブレット「OPPO Pad Air」を試す!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は26日、10インチサイズのタブレット製品「OPPO Pad Air(オッポ パッド エアー:型番OPD2102A)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年9月30日(金)に発売すると発表した。

同社が日本市場向けにタブレット製品を投入するのは今回が初めて。OPPO公式オンラインショップをはじめ、OPPO公式PayPayモール店、OPPO公式楽天市場店、Amazon.co.jp、ECカレント、ひかりTVショッピングなどのWebストアの他、コジマや上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといった家電量販店などで販売される。

希望小売価格(金額はすべて税込)は37,800円。発売記念キャンペーンとして、2022年10月31日(月)までの期間に購入した場合は専用のスマートカバーがプレゼントされる。

オンラインストアでは同じ値段でスマートカバー(純正カバー)のアリかナシを選択できるが、ショップによってはスマートカバー代をキャッシュバックする方法や、クーポンで相殺する方法など対応が異なるとのこと。詳しくは取り扱い店での確認となる。

今回はオウガ・ジャパンが事前に開催した説明会および貸し出し機で実機を試すことができたため、外観や同梱品チェック、基本機能を中心に写真や動画を交えながらレビューする。

続きを読む

第31回Japan IT Week 春:鏡に向かうのが楽しくなる!?シルバーウィンが展示していた「LEDスマートミラー」を紹介【レポート】


Android搭載の鏡が登場!実は色々やれるんです!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて法人・商談向けの12もの展示会が同時に行われる国内最大のIT関連の複合イベント「第31回Japan IT Week 春」(主催:RX Japan)が2022年4月6日(水)から8日(金)までの3日間に渡って開催されました。

本イベントレポートの3本目はAndroidやWindows(タブレット・ノート)端末といったの中古売買やOEM生産(ざっくりと説明すると、外部からの委託を受けて生産を担当する事業)などを行っているメーカーのシルバーウィンのメーカーに展示されていたAndroidを搭載した鏡「LED スマートミラー」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

NTTドコモの8インチタブレット「dtab Compact d-42A」を写真と動画で紹介!キッズモードやシンプルメニューなど、家族で使える【レポート】


2年ぶりのdtab Compactの新機種をチェック!

既報通り、NTTドコモは5日、オンラインにて「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」を開催し、4Gに対応した新製品として約8インチディスプレイを搭載した小型・軽量のAndroidタブレット「dtab Compact d-42A」(レノボ・ジャパン製)を発売すると発表した。

具体的な発売日は決まっておらず、発売時期として今冬とアナウンスされている。また、現状では価格も未定。公式Webストア「ドコモオンラインショップ」によると、現時点での事前予約開始日も未定となっている。

本記事では発表会同日にメディア向けに開催されたタッチ&トライ会場にてdtab Compact d-42Aの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

久々登場のNTTドコモ向け10.1インチAndroidタブレット「dtab d-41A」を実際に使ってみて気が付いた点や長所・短所を紹介【レビュー】


使ってみて気が付いたdocomoのAndroidタブレット「dtab d-41A」のアレコレを紹介!

NTTドコモが同社オリジナルのタブレットブランド「dtab」シリーズにおいては初となるシャープ製の新機種「dtab d-41A」を8月28日に発売しました。価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では49,896円(1,386円/月×36回)。なお、スマホおかえしプログラムは対象外。

久しぶりのdtabシリーズかつ初のシャープ製ということで筆者もさっそく購入し、前回は開封して外観やプリインストールアプリなどの紹介を行いましたが、今回はレビュー後編ということで実際にdtab d-41Aを使ってみて気が付いたポイントや感想などをお送りしていこうと思います。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:タブレット戦線異常あり?売れ行きが復活しつつある同市場を消費者心理や購買目的変遷から考察する【コラム】


タブレット市場の動向について考えてみた!

既報通り、Apple(アップル)は18日(現地時間)、新型タブレット「新しいiPad Pro(11インチおよび12.9インチ)」を発表しました。新型コロナウィルス感染症対策から例年のような大規模な発表会が行われなかったため、発表を知らなかった人もいるかも知れません。

恐らくみなさんも何かしらのタブレットを持っているか、購入した経験があるかと思います。過去に一度も使ったことがないという人は少ないでしょう。しかし、その買い替えや新たなタブレットの購入となると、なかなか踏み切れないのも人の心理です。

2017~2018年頃のタブレット市場の動向を振り返ってみると、「沈むタブレット市場」、「出しても売れない」、「低迷するタブレット売上」など、そのような内容の見出しを多く見つけられます。

ところが、2019年半ばから再び活気づいており、電気通信事業法が一部改正された2019年10月以降も、モバイル端末業界全体としては売上を落としつつもタブレット市場は前年を上回る販売状況が続いています。

タブレット市場に一体何が起こっているのでしょうか。また現在のタブレットの魅力とは一体何なのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はタブレット端末の人気の秘密と購買層の心理的変遷などを考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。