S-MAX

ドローン

ゲーミングドローン!?NTTドコモが光りながら飛行する「羽根のないドローン」を開発。イベントや商業施設での空間演出などに活用可能


LEDライトやアクションカメラを搭載した羽根のないドローンの新型機体が登場!

NTTドコモは12日、同社が2019年4月に発表したプロペラを使わずに超音波振動を活用して空中を移動する安全性の高い飛行船型ドローン「羽根のないドローン」において上空を飛行しながら
さまざまな色に光らせることや高解像度の撮影をすることが可能な新型機体を開発したと発表しています。

イベントや商業施設の空間演出などでの活用を想定しており、2021年度内の商用化をめざすとのこと。同社ではこれまで培ってきたドローンに関する知見やモバイル技術を基に社会課題の解決や
より豊かな社会の実現をめざしてこれからもドローンの取り組みをさらに進化させていくとしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:21世紀を「空の時代」とするために。ドローン規制の現状から通信サービスを交えた未来の社会を考える【コラム】


ドローンの現在と未来について考えてみた!

既報通り、NTTドコモがドローン向けの新たな料金プラン「LTE上空利用プラン」を7月8日に発表しました。個人・法人どちらでも契約は可能ですが、通信量120GBで月額49,800円(税込)と高額な点や、利用できるLTE対応端末やLTEモジュールがNTTドコモの指定した製品に限定される点からも、主に法人向けと考えて良いでしょう。

想定される利用用途としては単純な航空撮影以外にも高所からの施設点検や物流などがありますが、中には人を運ぶサービスすらも実用化目前となっているなど、いよいよドローンを使った空の活用が本格化するのだなぁという期待感が否応なく高まってきている今日この頃です。

ドローンはこれまで落下事故や悪用の問題から規制緩和がなかなか進まず、特に日本国内ではその利用が大きく制限されてきました。今後その規制はどのように緩和され、どのように管理・運用されていくのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はドローンの活用や規制の現状から、未来の社会のあり方について考察します。

続きを読む

NTTドコモ、国内初のドローン向け新料金プラン「LTE上空利用プラン」の提供を開始!「LTE上空利用予約」もセットで提供


モバイルネットワークを上空で利用する時代へ!

NTTドコモは8日、無人航空機「ドローン」向けの新しい料金プラン「LTE上空利用プラン」を同日から提供開始したことを発表した。同日時点でドローンを用いて上空にてモバイルネットワークを利用することが可能となる料金プランの提供は日本国内で初めてだとのこと。

上空におけるLTE通信を月間データ容量120GBまで利用でき、月額料金は49,800円(金額はすべて税込)。対象は個人および法人で、対応端末はドコモが定めるLTE対応端末およびLTEモジュール、販売および受付窓口はドコモショップ、全国のドコモ法人営業担当となる。

なお、LTE上空利用プランの契約者がドローン利用時に利用場所や日時、台数、高度などを事前に予約できる「LTE上空利用予約」もセットで提供する。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:時代を先取りしすぎた製品たち。テクノロジーの普及に必要なものを過去の“失敗”を振り返りつつ考察する【コラム】


テクノロジー普及にまつわる問題について考えてみた!

6月も後半に差し掛かった頃、筆者が海外のニュースサイトを巡っていると、懐かしい製品の「訃報」を目にしました。「セグウェイ」(Segway PTシリーズ)が7月15日をもって生産終了するというものです。

セグウェイと言えば、2001年に颯爽と登場し、その未来的なフォルムや操縦方法も相まって「これが21世紀の乗り物だ!」とばかりに大きな話題となりました。

今でもその動作原理は素晴らしい発想だと感嘆するばかりですが、世界中で持て囃される一方で交通事情や法律的な問題から公道を自由に走れる国は少なく、特に日本では道交法による規制が厳しかったため、ショッピングモールの警備やイベントアトラクションなどの限定された利用以外ではあまり普及しませんでした。

テクノロジーの世界を振り返ると、セグウェイのように革新的な技術と画期的なアイデアだったにもかかわらず、世界を変えるどころかブームすら生み出せずに終わったデバイスやガジェットは多数あります。その理由は実に複雑で、後世で「10年早すぎた製品」などと呼ばれることもしばしばです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はそんな「10年早すぎた製品」たちの姿を思い出しつつ、テクノロジーの発展や普及に関連する諸問題について考察します。

続きを読む

KDDIが御殿場市と「スマートドローン山岳救助支援システム 実証実験」で包括連携協定を締結! 概要とともに同社のドローン戦略について解説【レポート】


KDDIが4G回線による「スマートドローン山岳救助支援システム」実証実験を実施!

KDDIは11月15日、都内にて「スマートドローン山岳救助支援システム 富士山実証実験」に関する記者説明会を実施。4GLTEのモバイル通信ネットワークを活用した自立飛行する山岳ドローンと、位置情報通知・監視サービスや高精細気象予測システムを活用した、ドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功しました。

これに伴いKDDIは静岡県御殿場市と地域活性化を目的とした包括連携協定を締結し、2019年より富士山開山期間に本システムの実運用を目指して取り組んでいくことを発表しました。

ドローンを活用した災害対策などはNTTドコモなども取り組んでいますが、パートナー企業と協業での山岳救助での活用は国内ではKDDIが初となります。記者説明会の模様ととともに本システムとその展望について解説します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。