S-MAX

周辺機器

リモート会議専用機「KAIGIO MeePet」が約2万円引きの9880円で購入可能に!ソースネクストが4月28日までの期間限定セールを実施


MeePetが1万円切りは安すぎる!

パソコン(PC)ソフトや会議関連製品に特化したブランド「KAIGIO(カイギオ)」を展開するソースネクストが運営する公式ECサイトでは、4月28日(木)までの期間限定でリモート会議専用機「KAIGIO MeePet(カイギオ ミーペット)」(以下、MeePet)が1万円を切る価格で販売されている。

MeePetは、昨年8月18日に発売されたリモート会議に特化した製品。本体価格(金額はすべて税込)は29,700円、別売の専用リモコンは1,980円、ワイド保証延長サービス(3年保証)は3,960円。このうち、本体に関して今回はアウトレット品として、19,820円引き(約66%オフ)となる9,880円のセール価格で販売されている。

商品ページによると「アウトレット品は、化粧箱に移送中に生じたスレやキズ、破れなどがありますが、本体は新品でご使用には問題ございません。」とのこと。新品商品が割引半額以上の1万円切りで購入できるのはかなりお得だ。

続きを読む

iPhoneやAndroidにも対応したペンタブレット「XPPen Deco LW Pen Tablet」を試す!外観や同梱品、使い勝手などを紹介【レビュー】


ペンタブ「XPPen Deco LW Pen Tablet」の使用感をレビュー!

最近ではペン入力に対応したパソコン(PC)やタブレットなどが増えてきていますが、新たに購入する場合にはかなり費用がかかります。一方、すでにパソコンがあるならペンタブレット(以下、ペンタブ)や液晶タブレット(以下、液タブ)などを追加すれば、より手軽にペンでお絵かきなどが楽しめます。

今回はそんなペンタブの中でも2005年に設立された液晶タブレット、ペンタブレット、スタイラスペンなどを販売するメーカーのXPPenから“新世代のペンタブ”という触れ込みの「XPPen Deco LW Pen Tablet」(以下、Deco LW)をご提供頂いたので、実際に使ってみました。

そこで本記事ではDeco LWのパッケージや外観、同梱品、ドライバーのインストール、ファンクションキーのカスタマイズから使い心地などを含めてレビューしていきたいと思います。なお、日本向け公式Webストア( https://www.storexppen.jp/buy/deco-l-lw_2022.html )では送料無料&18ヶ月メーカー保証で価格(金額はすべて税込)が通常11,980円、現在はセールで10%OFFの10,780円となっています。

またDeco LWはBluetoothによるワイヤレス接続に対応していますが、ワイヤレス接続が必要ない場合には下位モデルとして「XPPen Deco L Pen Tablet」(以下、Deco L)も用意されており、こちらは通常9,980円、セールで10%OFFの8,980円となっています。また総合Webストア「Amazon.co.jp」では特選タイムセールにてDeco LWが10,180円の15%(1,800ポイント)還元、Deco Lが8,480円の15%(1,500ポイント)還元となっています。

続きを読む

スマートウォッチ「Apple Watch Series 6」の一部製品に画面に何も表示されなくなる問題で無償の修理サービスプログラムが提供開始


「Apple Watch Series 6 の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」が開始!

Appleは22日(現地時間)、同社が2020年9月に発売したスマートウォッチ「Apple Watch Series 6」(40mm)の一部製品において画面が真っ黒になって何も表示されなくなって元に戻らなくなる可能性があることが判明したとお知らせしています。

そのため、対象製品を無償で修理する「Apple Watch Series 6 の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」を開始しています。なお、問題が確認されているのは2021年4〜9月までの間に製造された製品とのこと。

具体的には同社の公式Webページにてシリアル番号を入力することで対象製品かどうかを確認できます。対象製品だった場合にはAppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償修理サービスにて無償で修理に出すことができます。

続きを読む

初のハードウェア事業が大きく発展!新会社「ポケトーク」設立とアプリ版をリリースした狙いを代表取締役社長の松田憲幸氏が語る【レポート】


ポケトーク設立の背景や思いとは?

既報通り、ソースネクストおよび子会社のポケトークは13日、「ソースネクスト新製品、およびポケトーク事業戦略発表会」を都内で開催し、ソースネクストから会議関連製品に特化したブランド「KAIGIO(カイギオ)」の新製品として360度Webカメラ「KAIGIO CAM360(カイギオ カム サンロクマル)」の発売と、ポケトークからAI翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「ポケトークアプリ」の提供開始を発表した。

KAIGIO CAM360は既に販売されており、ポケトークアプリは2022年4月25日(月)から提供開始の予定。ソフトバンクとの業務提携により、ポケトークアプリは25日の提供開始日から携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile(ワイモバイル)」においてiPhoneやAndroidのスマホ利用者を対象に月額360円(金額はすべて税込)のアプリ利用料が6カ月無料となるキャンペーンも実施する。

主にパソコン(PC)向けのソフトウェアを展開していたソースネクストが2017年12月に同社初のハードウェア事業として初代「POCKETALK」を発売。その後、2018年に2代目の「POCKETALK W(ポケトーク ダブリュー)」、2019年には「POCKETALK S(ポケトーク エス)」を、さらに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大(コロナ禍)に突入した2020年7月には大画面化した「POCKETALK S Plus(ポケトーク エス プラス)」を発売した。

他にも様々なデザインやTVアニメ「機動戦士ガンダム」とコラボした「ガンダム Edition」、国民的な漫画・アニメ作品「ドラえもん」とコラボした「ドラえもんEdition」といったコラボモデル、さらには東京2020公式ライセンス商品の東京オリンピックおよび東京パラリンピックモデルの発売に加え、POCKETALKで培った技術やノウハウを活用したAIボイス筆談機「ポケトークmimi(ミミ)」や「タブレットmimi(ミミ)」といった派生製品も次々に販売を開始した。

専用機であることの強みを活かし、破竹の勢いで圧倒的なトップシェアを獲得して国内の翻訳機市場を一気に開拓してきたPOCKETALKだが、コロナ禍に突入すると国内のインバウンド需要が激減し、ピンチに直面する。しかし、コロナ禍によってテレワークの拡大など働き方の変化が訪れたことでソースネクストでは、遠隔地とのビデオ会議などにおいて活用できる「ポケトーク字幕」や「グループ翻訳」といった新機能を開発した。

特にポケトーク字幕については、当初は専用機とPCを併用するスタイルだったが、今年1月からは専用機との併用も選択可能なPCソフト版ポケトーク字幕の提供も開始した。このPCソフト版ポケトーク字幕は月額2,200円のサブスクリプションサービスとして提供されているほか、1年版26,400円のパッケージ版も2022年5月13日(金)に発売される予定だ。そして、今回の発表会でスマホなど向けアプリのポケトークアプリの提供開始がついに発表された。

初代POCKETALK発売からおよそ4年半、1周回ってソフトウェアでの提供が本格化することになった。初のハードウェア事業からポケトーク事業に大きく発展する中、企業としても変化をみせている。2021年2月から、それまでソースネクスト代表取締役社長を務めていた松田憲幸氏が会長となり、小嶋智彰氏が社長に就いた。

それから1年、今年2月1日にはソースネクストの子会社として新会社の「ポケトーク株式会社」を設立し、代表取締役社長兼CEOに松田氏が就いた。こうした背景を踏まえ、新会社設立の意図やハードウェア事業として展開してきたPOCKETALKをなぜこのタイミングでアプリをリリースしたのか、その狙いや思いなどについて、13日の発表会の質疑応答で松田氏が自ら語っていたので、その内容をレポートする。

なお、本記事では便宜上、製品を示す場合は「POCKETALK」とアルファベットで表記し、社名を示す場合は「ポケトーク」とカタカナで表記する。

続きを読む

ソースネクストがオールインワン360度Webカメラ「KAIGIO CAM360」を発売!AI自動分割表示や既存製品との違いなどを写真と動画で紹介【レポート】


ソースネクストが新たな360度Webカメラを発売!

ソースネクストは13日、同社が展開する会議関連製品に特化したブランド「KAIGIO(カイギオ)」において、新たな360度Webカメラ「KAIGIO CAM360(カイギオ カム サンロクマル)」を14日に発売すると発表した。

KAIGIO CAM360は、360度カメラ、マイク、スピーカーを搭載したオールインワンのリモート会議専用機器。ソースネクストの公式オンラインショップや大手Webストア「Amazon.co.jp」などで取り扱われ、本体価格(金額はすべて税込)は88,000円、ワイド保証延長サービス(3年保証)は8,470円。

本記事では13日に都内で開催した「ソースネクスト新製品、およびポケトーク事業戦略発表会」のタッチ&トライでKAIGIO CAM360を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。