S-MAX

発売日

POCO Japan、5G対応フラッグシップキラースマホ「POCO F4 GT」を発表!6月23日発売。価格が6月26日までは早割で6万4800円から


Snapdragon 8 Gen 1搭載ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」が日本で発売!

POCO Japanは23日、オンラインにて「新製品発表会」を開催し、日本市場にて5G対応のフラッグシップ級のハイエンドスマートフォン(スマホ)「POCO F4 GT(型番:21121210G)」(Xiaomi Communications製)を発売すると発表しています。発売日は2022年6月23日(木)で、販売される製品は内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB+128GBモデルと12GB+128GBモデルがあります。

販路は8GB+128GBモデルがMi.comおよびXiaomi公式 楽天市場店、12GB+128GBモデルがAmazon.co.jpといったECサイトとなっており、価格(金額はすべて税込)は8GB+128GBモデルが74,800円、12GB+256GBが84,800円で、6月23日(木)19:00〜6月26日(日)23:59までは「早割キャンペーン」が実施され、8GB+128GBモデルが64,800円、12GB+256GBが79,800円となっています。

また同社ではPOCO F4 GTを購入した人を対象に動画・音楽配信サービス「YouTube Premium」(通常1,180円/月)の無料トライアルを最大2カ月間延長できるキャンペーンが実施されるほか、購入後6カ月間は1回に限って画面修理サービスを無料で受け取るプレミアムスターサービスを提供するということです。

なお、各モデルともにオープン市場向けのメーカー版(いわゆる「SIMフリー」)となっており、本体色はステルスブラックおよびナイトシルバー、サイバーイエローの3色展開で、特に日本市場向けに大きくはカスタマイズはされていないため、おサイフケータイ(FeliCa)には対応しておらず、防水・防塵はIP53準拠の生活防水・防塵となっています。

続きを読む

オウガ・ジャパンの5Gスタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」を写真と動画で紹介!美しいデザインで充実した基本性能を搭載【レポート】


Reno Aシリーズ最新モデル「OPPO Reno7 A」をチェック!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は16日、都内およびオンラインにて「OPPO 2022 新製品発表会」を開催し、5G通信やおサイフケータイ(FeliCa)に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年6月23日(木)から順次発売すると発表した。

OPPO Reno7 Aは同社が展開する「OPPO Reno A」シリーズの最新モデルで、オープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」をはじめ、移動体通信事業者(MNO)向けキャリア版としてKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」版の「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」、ソフトバンクの携帯電話サービス「Y!mobile」版の「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」をラインナップする。

メーカー版のOPPO Reno7 A CPH2353は事前予約が開始されており、2022年6月23日(木)から順次発売される。希望小売価格(金額はすべて税込)はオープンながら公式Webストア「OPPO公式オンラインショップ」や「OPPO公式楽天市場店」、「OPPO公式PayPayモール店」では44,800円となっている。

また、メーカー版は他にECサイトではAmazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピング、量販店ではエディオンやケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、仮想移動体通信事業者(MVNO)では「IIJmio」や「AEON MOBILE」、「QT mobile」、「goo Simseller」(OCN モバイル ONE)、「NUROモバイル」、「BIGLOBEモバイル」、「FiiMo」、「mineo」、「LinksMate」、MNOでは楽天モバイルで取り扱われる。

なお、au版やUQ mobile版、Y!mobile版も発売日は6月23日となっており、各社とも予約を開始している。一方、楽天モバイルでは6月30日(木)に発売予定となる。その他、詳細な価格や販路、発売記念キャンペーンについてはこちらの記事を参照して欲しい。

今回は発表会場のタッチ&トライスペースで実際にOPPO Reno7 Aに触れることができたので、写真や動画を交えながら外観や基本機能、特徴などをレポートする。

続きを読む

NTTドコモ、5Gスマホ「AQUOS wish2 SH-51C」を6月24日に発売!本体価格2万2000円で、MNPなら1万6500円OFFの5500円


docomoスマホ「AQUOS wish2 SH-51C」が6月24日発売!

NTTドコモは16日、今夏以降に発売する「2022年夏モデル」のうちの5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS wish2 SH-51C」(シャープ製)を2022年6月24日(金)に発売すると発表しています。販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「ahamo公式Webサイト」などで、すでに予約受付を実施しています。

価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では本体価格が22,000円で、他社から乗り換え(MNP)の場合にはキャンペーン「5G WELCOME割」が適用されて16,500円OFFの5,500円となっています。なお、AQUOS wish2 SH-51Cは残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」は対象外となっています。

また『「AQUOS wish2 SH-51C」 購入キャンペーン』が実施され、ドコモショップや量販店などの対象販路にて購入した場合に「使いこなしガイドブック」をプレゼントします。キャンペーンはなくなり次第終了。なお、ドコモオンラインショップでは発売に先駆けて6月21日(火)10時から購入手続きが開始され、お届けは発売日以降順次となっています。

続きを読む

5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」がauやUQ mobile、Y!mobile、楽天モバイル、各MVNOから発売!発売日や価格をまとめ


5Gスマホ「OPPO Reno7 A」の各販路における発売日や価格をまとめて紹介!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は16日、5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しています。2022年6月23日(木)より順次発売され、発売に先立って6月16日(木)12時より順次事前予約が開始されるとのこと。

販売される製品はオープン市場向けメーカー版「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」のほか、KDDIおよび沖縄セルラー電話が提供する携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」から「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」、ソフトバンクが提供する携帯電話サービス「Y!mobile」から「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」といった移動体通信事業者(MNO)からも販売されます。

すでに紹介しているようにメーカー版のOPPO Reno7 A CPH2353は価格(金額はすべて税込)がオープンながら希望小売価格および公式Webストア「OPPO公式オンラインショップ」などでは44,800円となっています。本記事では他のauやUQ mobile、Y!mobile、楽天モバイル、仮想移動体通信事業者(MVNO)における発売日や価格、仕様の違いなどについてまとめて紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向け5Gスマホ「AQUOS wish2 A204SH」を発表!6月23日発売で価格は2万6640円。デュアルSIMやSAに対応


ワイモバイルから5Gスマホ「AQUOS wish2」が登場!

ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「Y!mobile」向け新商品となる5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS wish2(型番:A204SH)」(シャープ製)を発表しています。2022年6月23日(金)に発売され、販路によっては発売に先立って事前予約受付が実施される見込み。

販路はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で、価格(金額はすべて税込)はワイモバイルオンラインストアなどの直営店では本体価格が26,640円で、ワイモバイルオンラインストアでは割引が適用される予定となっています。

なお、AQUOS wish2はすでにNTTドコモから「AQUOS wish2 SH-51C」が発表されており、NTTドコモ版はnanoSIMカード(4FF)スロットが1つのシングルSIMですが、Y!mobile版のAQUOS wish2 A204SHはnanoSIMカードスロットが1つに加えてeSIMにも対応したデュアルSIMとなっており、スタンダードアローン(SA)方式の5Gにも対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。