S-MAX

買収

Huawei、Honor事業を深圳市と代理店などが共同設立した新会社に売却!株式保有や経営関与などはせず、アメリカによる規制を回避へ


ファーウェイがオナー事業を売却!新会社でスマホなどを開発・販売へ

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の親会社で持株会社のHuawei Investment & Holdingは17日(現地時間)、ファーウェイがこれまで展開してきた「Honor」ブランドにおけるスマートフォン(スマホ)などの開発・製造・販売を行う事業(以下、Honor事業)をZhixin New Information Technologyに売却すると発表しています。

Zhixin New Information TechnologyはSmart City Technology DevelopmentとHonorブランドの30以上の販売代理店などによって共同で設立された新会社で、売却後はZhixin New Information TechnologyがHonorブランドの全資産を保有し、ファーウェイは新会社の株式を保有したり、経営管理や意思決定に関与したりすることはないという。

またSmart City Technology Developmentは中国・広東省深圳市の政府機関である深圳市人民政府国有資産監督管理委員会が保有しており、今後はHonorブランドの販売代理店などを中心に深圳市がサポートしながらHonorブランドを展開していくことになります。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:NTTドコモが全方位へ「宣戦布告」!? NTTによる完全子会社化の背景にある目論見や業界の動向を考える【コラム】


NTTドコモの完全子会社化について考えてみた!

当ブログメディアでもすでに紹介されているように先週もまた、通信業界に激震が走りました。NTTがNTTドコモを完全子会社化すると発表した件です。すでに新聞やテレビなどの大手メディアでも数多く報じられているため、知らない人はあまりいないと思います。

第一報を伝えたのは9月29日付の日本経済新聞でしたが、同日午後にはNTTおよびNTTドコモによる緊急記者会見が開かれました。NTTドコモの完全子会社化は一般株主などからのTOB(株式公開買付)によって行われ、買付期間は9月30日~11月16日を予定、買付価格は1株あたり3,900円、買付予定数は約10億9000万株、買収総額は4兆円規模にのぼる見込みです。

大手メディアでは「NTTの大株主である政府の通信料金値下げ圧力にNTTおよびNTTドコモが屈した」といった報道も見られるようでしたが、筆者はむしろ、これを「NTTによる宣戦布告である」と捉えています。

NTTドコモの完全子会社化が何故宣戦布告なのか、NTTおよびNTTドコモはその戦いの先に何を想定しているのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は独自の視点で2社の目論見や業界の今後の動向について考察します。

続きを読む

メルペイがOrigamiを買収してメルカリグループに!スマホなど向けコード決済サービス「Origami Pay」は「メルペイ」に統合。信金中金と業務提携も


Origami Payがメルペイに統合へ!Origamiが買収され、メルカリグループに

メルカリ傘下のメルペイおよびOrigamiは23日、メルペイによるOrigami全株式(100%・259万1273株)の取得によってOrigamiがメルカリグループに参画することについて2020年1月23日(木)に両社間で基本合意したと発表しています。株式譲渡実行日は2020年2月25日(日)を予定。

現在、Origamiは創業者で代表取締役社長の康井 義貴氏が33.76%、クレディセゾンが14.74%、その他の持株比率10%未満の少数株主22名が株主となっていますが、康井氏がメルペイへの株式譲渡実行日までにすべての株式を取得した上でメルペイに譲渡する予定とのこと。

今後は、Origamiの提供しているスマートフォン(スマホ)など向けコード決済サービス「Origami Pay」を利用者・加盟店に対して一定の周知期間を経た後にメルペイが提供しているスマホなど向け決済サービス「メルペイ」に統合するということです。

またメルペイとメルカリ、Origami、そして1月23日付でメルペイおよびメルカリとの間で業務提携契約を締結した信金中央金庫(以下、信金中金)の4社共同で地域の中小事業者へのメルペイ導入の推進によりキャッシュレス社会の実現をめざします。

さらに信金中金が有する全国のネットワークを通じてメルペイを活用した地域イベントやフリーマーケット(フリマ)サービス/アプリ「メルカリ」の登録から購入、出品の仕方などメルカリの使い方が学べる「メルカリ教室」、利用促進キャンペーンなどを展開していく予定となります。

これにより、メルカリグループではさらなる地域経済の活性化・キャッシュレス化への貢献はもちろん、メルカリで不要品を販売して得た売上金がメルペイを通じて地域に還元される「持続可能性の高い循環型社会」の実現をめざしていくとしています。

続きを読む

ヤフーとLINEが経営統合の最終合意を締結!公開買付けを経て2020年10月に完了予定。AIを軸としたメガITテック企業に続く第3極めざす


LINEとヤフーの親会社であるZホールディングスが経営統合の最終合意!

ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)を傘下に持つZホールディングスとLINEは23日、両社の経営統合に関してそれぞれの親会社であるソフトバンクおよびNAVERを含む4社間で取引方法などについて定めた経営統合に係る最終契約である経営統合契約書を締結したと発表しています。

また両社間で経営統合後のZホールディングスのガバナンスおよび運営などについて定めた資本提携契約書も締結したとのこと。両社がそれぞれ2019年12月23日(月)に開催した取締役会において各締結を決議し、契約書に基づいた取引スキームに従って経営統合が進められます。

なお、統合最終契約および資本提携契約はそれぞれ11月18日に4社間において締結した経営統合に関する統合基本合意書および同日に両社間で締結した資本提携に関する基本合意書に基づき、同日以降、4社間において経営統合に関して協議・検討を進めてきたものが最終的な合意に至ったものだということです。

続きを読む

ヤフーとLINEが経営統合に向けて基本合意!AIを軸としてGAFAやアリババなどの北米と中国のメガITテック企業に続く第3極めざす【レポート】


ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合!

既報通り、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)を傘下に持つZホールディングスとLINEは18日、経営統合に向けた基本合意を締結し、法的拘束力のある最終契約を2019年12月をめどに締結することをめざして協議および検討を進めていくと発表した。

また両社は同日17時から都内にて「共同記者会見」を開催し、経営統合に至った経緯や統合後のシナジーなどを説明し、アメリカと中国のITテック巨大企業に対抗しうる第3の選択肢になれるような日本・アジアから世界をリードするITテックカンパニーをめざすことを明かした。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。