S-MAX

SIMフリー

ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」が5万1360円に!2月5日までの期間限定で30%OFF&1000円OFFクーポンで。さらに楽天ポイント還元も


SIMフリースマホ「POCO F4 GT」が期間限定で30%OFFに!ポイント還元で実質5万円以下も可能

小米技術日本(以下、Xiaomi Japan)が運営する公式Webストア「Xiaomi公式 楽天市場店」において5G対応ハイエンドスマートフォン(スマホ)「POCO F4 GT(型番:21121210G)」が2023年2月4日(土)0:00から2月5日(日)23:59までの期間限定で30%OFFとなっています。これにより、価格(金額はすべて税込)が通常74,800円のところを52,360円で販売されています。

さらに「【常時開催】新しいスマホに買い替えよう!【先着3,000回限定】対象のスマホに使える1,000円OFFクーポン!」を利用することで51,360円となるほか、総合Webモール「楽天市場」では「お買い物マラソン」( https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/marathon/ )が2月4日(土)20:00から2月11日(土)1:59まで開催されているため、ショップショップ買いまわりで最大10倍ポイント還元となり、SPUなどによって最大44倍ポイント還元となります。

さらに楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に申し込むと最大53倍ポイント還元となります。なお、対象のPOCO F4 GTは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB RAM+128GBストレージモデルとなっています。またショップ買いまわりや各種キャンペーンなどはそれぞれエントリーが必要となっているのでご注意ください。

続きを読む

ソニー、5Gスマホ「Xperia PRO-I」と「Xperia 5 III」のメーカー版(XQ-BE42・XQ-BQ42)を値下げ!13万9700円と8万9100円に


SIMフリースマホ「Xperia PRO-I XQ-BE42」と「Xperia 5 III XQ-BQ42」が値下げ!

ソニーマーケティングは1日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」において5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia PRO-I」および「Xperia 5 III」(ともにSony製)のメーカー版「Xperia PRO-I(型番:XQ-BE42)」と「Xperia 5 III(型番:XQ-BQ42)」の価格を2023年2月1日(火)より改定したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)はソニーストアではこれまでXperia PRO-I XQ-BE42が2021年12月の発売時に198,000円で、その後、2022年5月に18,700円値下げされて179,300円、2020年8月に19,800円値下げされて159,500円となっていましたが、今回、さらに19,800円値下げされて139,700円となっています。

またXperia 5 III XQ-BQ42も2022年4月の発売時に114,400円で、その後、2022年10月に15,400円値下げされて99,000円となっていましたが、今回、さらに9,900円値下げされて89,100円となっています。なお、ヨドバシカメラなどの一部量販店では両機種ともにさらに1%還元となります。

続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に4G対応エントリースマホ「moto g32」を追加!モトローラは2機種目。緊急地震速報などが利用可能


4Gスマホ「moto g32」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは30日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに4G対応エントリースマートフォン(スマホ)「moto g32(型番:XT2235-3)」(Motorola Mobility製)の日本向け製品を追加しています。

これにより、moto g32が楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などの5Gでのデータ通信を除くすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号は「S2SN32.34-60」。

なお、楽天モバイルではこれまでにモトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)が販売する製品として「motorola edge 20(型番:XT2143-1)」を楽天回線対応製品として掲載しており、モトローラの製品としてはmoto g32が2機種目となり、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIIや楽天モバイル法人プランにて公式に利用できるようになりました。

続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5G対応スマホ「POCO F4 GT」を追加!相互接続性試験を完了し、緊急地震速報なども利用可能に


5Gスマホ「POCO F4 GT」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは20日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「POCO F4 GT(型番:21121210G)」(Xiaomi Communications製)を追加したとお知らせしています。

これにより、POCO F4 GTが楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号は「V13.0.10.0.SLJMIXM」。

なお、楽天モバイルではこれまでにXiaomi製品として「Mi Note 11 Lite」および「Redmi Note 9S」、「Redmi Note 11」、「Mi 11 Lite 5G」、「Redmi Note 11 Pro 5G」を楽天回線対応製品として掲載しており、新たにXiaomi傘下の「POCO」ブランドの製品を初めて追加しました。

続きを読む

ソニーが5Gスマホ「Xperia 1 IV」のメーカー版「XQ-CT44」にAndroid 13へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!Wi-Fi 6Eも対応


5Gスマホ「Sony Xperia 1 IV XQ-CT44」がAndroid 13に!

ソニーは20日、昨年9月に発売した5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV」のオープン市場向けメーカー版「Xperia 1 IV(型番:XQ-CT44)」に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年1月19日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は明らかにされていませんが、更新ファイルサイズは約1.0GBで、ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。

更新後のビルド番号は「64.1.A.0.857」。更新内容はAndroid 13へのOSバージョンアップ以外にも6GHz帯を利用した無線LAN(Wi-Fi)の「Wi-Fi 6E」やBluetoothのより低遅延な音響機能「LE Audio」および「aptX Lossless」が利用可能になるとのこと。またAndroid 13へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』をご確認ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。