S-MAX

iPad

待望の全画面デザインで大きさそのままに大画面化!8.3インチタブレット「iPad mini(第6世代)」を購入したので外観や同梱品を紹介【レビュー】


Appleの新型タブレット「iPad mini(第6世代)」をファーストインプレッション!第5世代とも比べてみた

既報通り、Appleのタブレット「iPad」シリーズにおける小型モデルの新製品「iPad mini(第6世代)」が9月24日に発売されました。iPad miniシリーズとしては初のモデルチェンジとなり、新たに「iPad Air(第4世代)」のように全画面デザインとなって前機種「iPad mini(第5世代)」と大きさはほぼそのままに8.3インチへと大画面化しました。

また充電・外部接続端子もLightning端子からUSB Type-C端子に変更され、全画面デザインながらも顔認証「Face ID」ではなく指紋センサー「Touch ID」が継続され、指紋センサーの搭載場所はiPad Air(第4世代)と同様に本体側面となるなど、考えうるほぼ“理想のiPad mini”ということで、まさに待望の製品が登場しました。

価格(金額はすべて税込)は同社の直営店「Apple Store」や公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)などではWi-Fiモデルの64GBモデルが59,800円、256GBが77,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの64GBが77,800円、256GBが95,800円となっています。

また補償サービス「Apple Care+ for iPad」は分割払いで450円/月(24ヶ月で総額10,800円)または一括払いで8,800円(2年間)です。日本ではApple直販以外にWi-FiモデルはSoftBankや量販店、ECサイト、Wi-Fi+CellularモデルはNTTドコモやau、SoftBank、Apple Premium Resellerの量販店・ECサイトの一部で販売されています。

筆者も「これは買わねば」と、Appleの公式Webストアで発表直後に予約をして購入しましたので、まずは開封して外観や同梱品などを写真を交えて紹介するほか、iPad mini(第5世代)との比較やベンチマークアプリによる性能テストを行いましたので合わせて紹介したいと思います。

続きを読む

auとUQ mobileのiPhone・iPad向け「故障紛失サポート with AppleCare Services」が保証期間を永年化&年2回に!Apple Watch向けも提供開始



KDDIおよび沖縄セルラー電話は24日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」において提供している「iPhone」や「iPad」の修理や紛失・盗難の補償、Apple公式テクニカルサポートを利用できる「故障紛失サポート with AppleCare Services」の補償範囲を2021年9月24日(金)より拡大するとお知らせしています。

これまで故障紛失サポート with AppleCare Servicesでは4年間の保証期間としていましたが、これを撤廃して永年化するほか、修理時や紛失・盗難時の各サポート回数を1年間で2回までに増やします。また「Apple Watch」の修理補償とApple公式テクニカルサポートを4年間適用可能な「修理サポート with AppleCare Services for Apple Watch」を同日から提供開始します。

続きを読む

Appleが「iOS 12.5.5」を提供開始!iOS 13以降に非対応のiPhone 5s・6・6 Plus、iPad Air・mini 2・mini 3、iPod touch(第6世代)向け


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.5.5をリリース!

Appleは23日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」において前々バージョン「iOS 12」の最新版「iOS 12.5.5(16H62)」および「iPadOS 12.5.5(16H62)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 12の対応機種ながら次のバージョン「iOS 13」や「iPadOS」には対応しないiPhone 5sおよびiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini 2、iPad mini 3、iPod touch(第6世代)で、それぞれ無料でアップデート可能です。

変更点は重要なセキュリティーアップデートが含まれているとしており、iOS 14.8およびiPadOS 14.8にも含まれていた悪意を持って作成されたPDFを処理した場合の「CVE-2021-30860」と悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理した場合の「CVE-2021-30858」、そして悪意のあるアプリがカーネル権限になれる「CVE-2021-30869」となっています。

ともにこれらの脆弱性を利用した場合に任意のコードが実行される可能性があるとのことで、同社ではこの脆弱性を悪用した可能性があるという報告があったことを把握しており、入力検証を強化することによる整数オーバーフローに対処、メモリー管理を強化して解放済みのメモリー使用の脆弱性に対処、ハンドリング状態を改善することで型の混同に対処したとしています。

またiPhone 6およびiPhone 6 PlusにおいてiOS 12.4.3〜12.5.4では「IIJmio」や「mineo」などのVoLTEに対応したau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)の携帯電話サービスが使えない不具合がありましたが、iOS 12.5でも同様に手持ちのiPhone 6 Plusとmineo(Aプラン)のVoLTE対応SIMではアンテナマークが「圏外」となってしまって利用できない状態となっています。

続きを読む

iOS 15・iPadOS 15の新機能:大幅刷新のWebブラウザー「Safari」を紹介!下に引っ張って再読込やアドレスバー下表示、グループタブなど【ハウツー】


iOS 15・iPadOS 15ではSafariが大きくアップデート!グループタブなどの新機能が追加

既報通り、Appleは20日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」やiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15(19A346)」および「iPadOS 15(19A346)」などの正式版をリリースしました。それぞれ対象製品にて無償でアップグレートが可能です。

iOS 15やiPadOS 15はさまざまな新機能が導入されていますが、本記事では大幅にユーザーインターフェース(UI)や機能が刷新されたWebブラウザー「Safari」についてまとめて紹介します。特にアドレスバーが下に表示されるのがデフォルトになり、グループタブが追加されたりと使い勝手が変わっているので慌てずに。

続きを読む

iOS 15・iPadOS 15の新機能:アクセシビリティがアプリ別に設定可能!ダークモード非対応アプリを黒くしたり、文字を大きくできる【ハウツー】


iOS 15・iPadOS 15ではアクセシビリティの一部がアプリごとに設定可能に!

既報通り、Appleは20日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」やiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15(19A346)」および「iPadOS 15(19A346)」などの正式版をリリースしました。それぞれ対象製品にて無償でアップグレートが可能です。

iOS 15やiPadOS 15はさまざまな新機能が導入されていますが、本記事では地味ながら実用的だと思われる「アクセシビリティ」についてまとめて紹介します。特にアプリごとにアクセシビリティを設定できるようになったことで、例えば、ダークモードに対応していないアプリを黒っぽい表示にしたりできるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。