S-MAX

iPad

AppleがiPhoneやiPadなど向けプラットフォームの旧バージョンのセキュリティーアップデート「iOS 14.8.1」や「iPadOS 14.8.1」を提供開始


AppleがiPhoneなど向けiOS 14.8.1とiPadOS 14.8.1をリリース!

Appleは26日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の前バージョン「iOS 14」および「iPadOS 14」におけるセキュリティーアップデート「iOS 14.8.1」および「iPadOS 14.8.1」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は重要なセキュリティアップデートが含まれているとし、iOS 15およびiPadOS 15にアップグレードしていない場合のすべての利用者に更新が推奨されており、AudioやColorSync、Camera、GPU Drivers、Kernel、Sidecar、Voice Control、WebKitなどにて悪意のあるアプリが特権を昇格させる可能性があるなどに対処しているとのこと。

具体的には「CVE-2021-30907」および「CVE-2021-30917」、「CVE-2021-30903」、「CVE-2021-30919」、「CVE-2021-30900」、「CVE-2021-30883」、「CVE-2021-30909」、「CVE-2021-30916」、「CVE-2021-30903」、「CVE-2021-30918」、「CVE-2021-30902」、「CVE-2021-30888」といった複数の脆弱性が修正されています。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である「iPhone 12」シリーズや「新しいiPad Pro」(12.9インチ第5世代と11インチ第3世代)を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

Appleが最新プラットフォーム「iOS 15.1・iPadOS 15.1」を提供開始!AirPod(第3世代)やSharePlay、iPhone 13 ProのProResビデオなどに対応


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.1とiPadOS 15.1をリリース!

Appleは25日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.1(19B74)」および「iPadOS 15.1(19B74または19B75)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は新しい完全ワイヤレスイヤホン「AirPods(第3世代)」への対応のほか、新機能「SharePlay」の追加、iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro MaxにおいてProResビデオの撮影や写真・動画撮影時に自動マクロ切り替えをオフにする設定の追加などが行われています。

また新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種カードの対応によって検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットに追加して提示することが可能になっているとのこと。その他にも各種の不具合や脆弱性の修正が行われており、Wi-Fiが検出されないことがある問題などが改善されているということです。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である最新のiPhone 13シリーズや「iPad(第9世代)」および「iPad mini(第6世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料で更新可能です。

その他、手元のiPhone 13 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS」の最新「watchOS 8.1(19R570)」、メディアストリーミングデバイス「Apple TV」向け「tvOS」の最新「tvOS 15.1(19J572)」、パソコン(PC)「Mac」シリーズ向け「macOS」の最新「macOS 12.01 Monterey(21A559)」、開発ツール「Xcode」の最新「Xcode 13.1(13A1030d)も提供開始されています。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 15.0.2」や「iPadOS 15.0.2」を提供開始!各種不具合や重要なセキュリティー更新を実施


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.0.2とiPadOS 15.0.2をリリース!

Appleは11日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.0.2(19A404)」および「iPadOS 15.0.2(19A404)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は写真を保存したメッセージを削除すると「メッセージ」アプリからライブラリに保存された写真が削除される可能性がある問題やAirTagが「探す」アプリの「持ち物を探す」タブに表示されないことがある問題、FinderまたはiTunesを使用して復元やアップデートを実行するとiPhone 13シリーズやiPad mini(第6世代)で失敗することがある問題などの各種不具合が修正されています。

また重要なセキュリティー更新も行われておりCVEで公開されている脆弱性としてはIOMobileFrameBufferにおいてアプリにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある「CVE-2021-30883」が挙げられており、メモリー処理を強化してメモリー破損の脆弱性に対処したとのこと。なお、同社ではこの脆弱性が悪用された可能性があることを把握しているとのこと。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である最新のiPhone 13シリーズや「iPad(第9世代)」および「iPad mini(第6世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料で更新可能です。

その他、手元のiPhone 13 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向けプラットフォーム「watchOS」の最新バージョン「watchOS 8.0.1(19R354)」も提供開始されています。

続きを読む

Appleが最新プラットフォーム「iOS 15.0.1」や「iPadOS 15.0.1」を提供開始!iPhone 13にてApple Watchでロック解除が機能しない不具合などを修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.0.1とiPadOS 15.0.1をリリース!

Appleは1日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.0.1(19A348)」および「iPadOS 15.0.1(19A348)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は事前に案内していた「iPhone 13」シリーズにおいてスマートウォッチ「Apple Watch」を用いたロック解除が機能しないことがある問題の修正のほか、設定に間違って「空き容量が残りわずかです」という警告が表示されることがある問題を修正しているということです。なお、この更新にはCVEで公開されている脆弱性の修正はないということです。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である最新のiPhone 13シリーズや「iPad(第9世代)」および「iPad mini(第6世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料でアップデート可能です。

その他、手元のiPhone 13 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

待望の全画面デザインで大きさそのままに大画面化!8.3インチタブレット「iPad mini(第6世代)」を購入したので外観や同梱品を紹介【レビュー】


Appleの新型タブレット「iPad mini(第6世代)」をファーストインプレッション!第5世代とも比べてみた

既報通り、Appleのタブレット「iPad」シリーズにおける小型モデルの新製品「iPad mini(第6世代)」が9月24日に発売されました。iPad miniシリーズとしては初のモデルチェンジとなり、新たに「iPad Air(第4世代)」のように全画面デザインとなって前機種「iPad mini(第5世代)」と大きさはほぼそのままに8.3インチへと大画面化しました。

また充電・外部接続端子もLightning端子からUSB Type-C端子に変更され、全画面デザインながらも顔認証「Face ID」ではなく指紋センサー「Touch ID」が継続され、指紋センサーの搭載場所はiPad Air(第4世代)と同様に本体側面となるなど、考えうるほぼ“理想のiPad mini”ということで、まさに待望の製品が登場しました。

価格(金額はすべて税込)は同社の直営店「Apple Store」や公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)などではWi-Fiモデルの64GBモデルが59,800円、256GBが77,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの64GBが77,800円、256GBが95,800円となっています。

また補償サービス「Apple Care+ for iPad」は分割払いで450円/月(24ヶ月で総額10,800円)または一括払いで8,800円(2年間)です。日本ではApple直販以外にWi-FiモデルはSoftBankや量販店、ECサイト、Wi-Fi+CellularモデルはNTTドコモやau、SoftBank、Apple Premium Resellerの量販店・ECサイトの一部で販売されています。

筆者も「これは買わねば」と、Appleの公式Webストアで発表直後に予約をして購入しましたので、まずは開封して外観や同梱品などを写真を交えて紹介するほか、iPad mini(第5世代)との比較やベンチマークアプリによる性能テストを行いましたので合わせて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。