CES 2014におけるEPSONブースを紹介!

米ラスベガスにて1月7日(火)から10日(金)まで開催されていた世界最大級のIT・家電関連イベント「2014 International CES(CES 2014)」におけるEPSON(エプソン)ブースにて、メガネ型デバイス「Moverio BT-200」およびリストバンド型活動量計「Pulsense PS-500」、「Pulsense PS-100」といった新製品を展示していました。

両製品とも米国にて発売され、Moverio BT-200が3月から699ドル、Pulsense PS-500およびPS-100が今夏から販売開始される予定とのことです。なお、日本を含む各国・地域での販売を検討しているそうです。

この他、プレスカンファレンスではゴルフスイングを確認して補正するアドバイスを得られる「Swing Smarter」も披露されましたが、発売予定などの詳細については発表されておらず、現在開発中だということです。

◯リストバンド型活動量計「Pulsense」
Pulsenseはリストバンド型活動量計です。特長としては、リストバンドの内側に光学式センサーによる心拍計が搭載されている点。他にも加速度センサーを搭載し、通常の活動量計と同様に歩数や移動距離、消費カロリーなどが計測できます。

02


バックライト搭載モノクロ反射型液晶ディスプレイを搭載した「PS-500」とディスプレイ非搭載の「PS-100」の2モデルがラインナップされており、PS-500が199ドル(約20,000円)、PS-100が129ドル(約13,000円)。PS-100は情報確認用のLEDランプが搭載されており、青4つ、オレンジ1つが点灯して、各種情報をチェックできるようになっています。

03


両製品の違いは表情確認がディスプレイかLEDライトだけで、どちらも36時間の連続使用が可能とのこと。Bluetooth 4.0 LE(Bluetooth Smart)対応で、現時点ではiOSのみに対応で、Androidにも対応予定。

ただし、スマートフォンなどと連携しなくても利用できるようになっており、心拍数のデータは最大480時間(20日)分保存しておけるとのこと。スマートフォンなどと連携しているときには、各種着信の通知も確認できます。

04

05

06



◯メガネ型デバイス「Moverio BT-200」
Moverioはメガネ型デバイスで2011年に発売された初代「Moverio BT-100」の後継機種です。メガネのレンズ部分は透明なディスプレイを搭載しており、実際の現実が見ながら重ねて各種情報を確認できるようになっています。

10


なお、メガネ部分だけではなく、操作は専用タッチパッドで行うようになっており、タッチパッドはコントローラとバッテリーで構成されています。コントローラーにはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)が採用されていて、デュアルコアCPU「OMAP 4460」を搭載。

タッチパッドで操作するほか、ホームキーやバックキー、メニューキーといったAndroidではおなじみのハードキーが搭載されており、さらに音量キーや電源キー、microSDカードスロット、microUSB端子、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth、GPS、電子コンパス、加速度センサーにも対応しています。

メガネ部分は、BT-100と比べて大幅に小型化されています。また、通常のメガネを装着したまま、BT-200を装着できるようになっています。

メガネ部分のディスプレイは、視野角23度のQHD(960×540ドット)で、透明な状態だけでなく、ディスプレイに表示される情報が見やすいサングラスモードも用意されており、動画などのコンテンツも閲覧できるとしています。

07

08

09


記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Epson Product Innovations Announced at CES 2014 - Epson America, Inc