ついに発売されたハイエンドスマホ「HUAWEI Mate 9」の国内展開2色を比較していくぞ!

ついに日本でも12月16日に発売となったHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製の大型フラグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9(以下、Mate 9)」。第2世代に進化したライカ(Leica)と共同開発したダブルカメラや新設計となるプロセッサー「Kirin 960」を採用するなど、真のフラグシップに相応しいスペックを兼ね備えている。

今回、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から日本向けのMate 9をお借りすることができたので、以前に紹介した筆者私物の中国版との比較を交えながら紹介していく。以下、お借りした国内版のカラーは「ムーンライトシルバー(以下、シルバー)」であり、比較している「シャンパンゴールド(以下、ゴールド)」が筆者の購入した中国版である。

なお、日本でもシルバーとともにゴールドの2色が販売されており、基本的な質感は日本版と中国版のゴールドとほぼ同等であることを確認しているので、カラーを迷っている人にも是非参考にして頂きたい。

P1003320
ファーウェイ・ジャパンからお借りした国内版のMate 9

簡単にMate 9の製品情報を紹介しておくと、約5.9インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶を搭載した大型スマホ、いわゆるファブレットとなっている。メーカー希望小売価格は、60,800円(税別)。

前述のKirin 960はARMの最新設計を初採用したオクタコアCPUを内蔵し、構成は最大2.4GHz ARM Cortex-A72コア×4+最大1.8GHz ARM Cortex-A53コア×4となっている。これに4GB内蔵メモリー(RAM)や64GB内蔵ストレージ、4000mAhバッテリー、指紋センサー、USB Type-C端子などを搭載。

日本でも使える3Gと4Gの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応。この他、赤外線リモコンや位置情報取得(W-GPS・A-GPS・GLONASS・Beidou・Galileo)、気圧センサーなど非常にハイスペックな製品だ。

P1003306
日本版Mate 9の梱包箱に入っている主な内容物

また日本版Mate 9の付属品は非常に充実しており、本体のほか、USB Type-Cケーブルやファーウェイ独自の急速充電技術に対応した充電器、マニュアル類はもちろんのことながら、microUSBからType-CへのUSB変換コネクターやプラスチックケースなど、Mate 9を使い始めるには必要十分な付属品が揃っていることはユーザーとしては嬉しい気遣いだろう。

P1003307
必要十分なプラスチックケースが付属している

特に最初から付属しているプラスチックケースの質感が非常に良く、ある程度の期間までの繋ぎとしてだけではなく、充分これひとつで満足できると言えるほどケースの質感は上々だ。このレベルのケースが付属することも珍しく、他社製品と比較した際の大きなポイントになるだろう。

P1003327

P1003326
カラーによって表面の模様の有無がはっきりわかる

表面は単純にカラーだけが違うのかと思いきや、発表会時の写真&動画レポートでも紹介しているが、実際にはまったく異なっている。ゴールドの表面には波紋状の模様がプリントされているが、シルバーの表面は模様がない白1色だ。

遠目で見るとあまり目立たないポイントであるが、実機を間近で確認するとその違いが非常に良くわかる。この処理によってMate 9の印象自体も大きく変わってくるので、カラー選びの際には注目すると良いだろう。

IMG_20161213_133348
背面も仕上げがカラーに寄って異なる

Mate 9の背面もカラーによって質感が大きく異なっていることが確認できるだろう。ゴールドは表面が加工されているため、非常に光沢感溢れる仕上がりとなっており、触感も金属質ではない。

一方でシルバーは特に加工もされておらず、ひんやりとした金属特有の触感を楽しめる。寒いこの時期ではシルバーの本体は冷たくなりやすいが、ゴールドの本体はそこまで冷たくならないので、冷え性な人にとってはゴールドの方が良い……なんて言う選び方もできる。

P1003321
日本版と中国版ともにデュアルSIM仕様となる

日本版と中国版はともにデュアルSIM対応となっており、SIMカードスロットの寸法も同じものを使用していた。2つ目のSIMカードスロットはmicroSDXCカードスロットと兼用となっており、microSDカードを使用する際にはデュアルSIMを用いた待受ができないので注意が必要だ。

P1003322
国内版はもちろん「技適マーク」を取得済

当然のことでは有るが、国内で販売されているMate 9では技術適合証明・工事設計認証などのいわゆる「技適マーク」を取得した状態で販売されている。残念ながらLTE回線を使用して高品質な通話を楽しめる「VoLTE」には非対応であるものの、複数の電波帯域を束ねて通信速度を高速化する「キャリアアグリゲーション(CA)」にも対応するなど、日本向けのローカライズは充分に行われていると感じる。

P1003293
好調なスタートを切ったMate 9は個性溢れるデバイス

今回は、簡単ではあるものの日本で販売されている2色の質感の違いを紹介した。実際に実機を触ってみるとカラーによって受ける印象が大きく変わってくるので、カラーを選ばれる際には「単純な色」の好みだけで選ぶのではなく、細かい質感やデザインの違いを見た上で選んだほうが良いだろう。




記事執筆:雪華


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HUAWEI Mate 9 関連記事一覧 - S-MAX