iPhone 8のごく一部製品に製造上の欠陥で画面フリーズなどの不具合!対象なら無料修理

Appleは31日(現地時間)、昨年9月に発売した人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」のごく一部の製品において製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明したと案内し、対象製品の場合には無料で修理する「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を提供開始しています。

同社では当該するロジックボードに欠陥のあるiPhone 8では、突然再起動する、画面が固まって操作できない「フリーズ」状態になる、電源をオンにできないなどの症状が見られることがあるとしています。

対象製品は2017年9月~2018年3月までに日本を含めたアメリカやオーストラリア、中国、香港、インド、マカオ、ニュージーランドの8カ国・地域で販売されたiPhone 8のごく一部で、非常に少ない数だとのこと。

02
iPhone 8

Appleでは一昨年に発売した「iPhone 7」についても一部でロジックボードに問題があって無料の交換プログラムを提供していますが、iPhone 8も症状が異なるので問題は違っているのだとは思いますが、同様にロジックボードに問題が発覚しました。

iPhone 8 ロジックボード交換プログラムの提供期間は最初の小売販売日から3年間なので、2020年9月までの予定。なお、同時に発売された「iPhone 8 Plus」やその他の「iPhone」シリーズでは今回の交換プログラムの対象ではないとのこと。

修理の手続きは、以下のいずれかの方法を選んで行え、iPhone 8 ロジックボード交換プログラムの公式Webページ( https://www.apple.com/jp/support/iphone-8-logic-board-replacement-program/ )にてシリアルナンバーを送信することで対象製品かどうかわかります。

・Apple正規サービス提供店に来店して受付(近くの正規サービス提供店を探すには https://locate.apple.com/jp/ja/ から)
・Apple Store 直営店( https://www.apple.com/jp/retail/ )であらかじめ予約して来店後に受付
・Apple テクニカルサポート( https://support.apple.com/ja-jp/contact )から問い合わせ

実際に修理に出す場合には事前に「iCloud」またはパソコン(PC)にiPhoneをUSB-Lightningケーブルで接続して「iTunes」にてバックアップしておく必要があります。iPhoneを修理に出す準備について詳しくはこちらをご覧ください。







記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iPhone 8 関連記事一覧 - S-MAX
Apple(日本)