S-MAX

モトローラ・モビリティ・ジャパン

モトローラの防水・防塵に対応したSIMフリースマホ「Moto X4」を写真と動画で紹介!広角+超広角レンズのデュアルカメラも搭載――ゲームパッドと360°カメラのMoto Modsも【レポート】


モトローラもデュアルカメラでSIMフリースマホを訴求!Moto X4などを写真でチェック

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)がデュアルカメラを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用の防水対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Moto X4」(Motorola Mobility製)を10月27日より順次発売している。

モトローラとしては女性もターゲットとしたMoto X4を加えた4ラインナップでこの冬商戦期に挑む。それに合わせて同社は10月26日に「スマートフォン新機種およびMoto Mods新ラインナップ記者説明会」を開催し、Moto X4および「Moto Z」シリーズで使える「Moto Mods」の新ラインナップを含む製品について発表を行なった。

今回は、モトローラのMoto X4を含む最新4ラインナップ、そしてMoto Modsの新ラインナップについて紹介していく。

続きを読む

モトローラ、広角+超広角レンズのデュアルカメラ搭載や防水・防塵に対応したミッドハイレンジなSIMフリースマホ「Moto X4」を10月27日より順次発売!ゲームパッドと360°カメラのMoto Modsも


モトローラのSIMフリースマホ「Moto X4」が10月27日より順次発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは26日、海外では今年8月31日に発表したデュアルカメラを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用の防水対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Moto X4」(Motorola Mobility製)を2017年10月27日(金)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」では税抜53,800円(税込58,104円)で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、大手Webストア「Amazon.co.jp」などを含む一部では10月26日より事前予約受付を開始しており、Amazon.co.jpにおける販売価格は58,103円となっています。

販売される本体色はスーパーブラック(型番:PA8T0015JP)およびスティーリングブルー(型番:PA8T0014JP)の2色展開で、スーパーブラックが10月27日発売、スティーリングブルーが11月2日(木)に発売される予定。なお、Moto X4も現時点で日本国内すべての携帯電話会社で使える周波数帯に対応したSIMフリーモデルだとしています。

また同社では「Moto Z」シリーズで利用できる専用拡張モジュール「Moto Mods」の新製品「Moto 360 カメラ」および「Motoゲームパッド」も10月27日に発売し、市場予想価格およびMoto ストアでの価格はMoto ゲームパッドが税抜11,800円(税込12,744円)、Moto 360カメラが税抜29,800円(税込32,184円)と発表しています。Moto X4はMoto Modsに対応していないのでご注意下さい。

続きを読む

モトローラ、DSDSや指紋認証などに対応したメタルボディーの高コスパなSIMフリースマホ「Moto G5S」を10月20日より順次発売!価格は約3万円で、事前予約受付中


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5S」が10月20日より順次発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは19日、海外では今年8月1日に発表した高級アルミニウム素材によるメタルユニボディーながら約3万円とコストパフォーマンスの高いAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)搭載スマートフォン(スマホ)「Moto G5S」(Motorola Mobility製)を2017年10月20日(金)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」では税抜28,800円(税込31,104円)で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、大手Webストア「Amazon.co.jp」などを含む一部では10月19日より事前予約受付を開始しており、Amazon.co.jpにおける販売価格は30,792円となっています。

販売される本体色はルナグレー(型番:PA7Y0009JP)およびファインゴールド(型番:PA7Y0016JP)が10月20日発売で、オックスフォードブルー(型番:PA7Y0046JP)は順次発売となり、発売日は後日案内される予定。なお、同社では携帯電話ネットワークにおける多数の周波数帯に対応したことで現時点で日本国内すべてのキャリアで使えるSIMフリーモデルだとしています。

続きを読む

モトローラ、メタルボディーでデュアルカメラ搭載のSIMフリースマホ「Moto G5S Plus」を10月6日より順次発売!価格は4万1904円で、事前予約受付中


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5S Plus」が10月6日より順次発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは2日、海外では今年8月1日に発表したデュアルカメラ搭載のAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)搭載スマートフォン(スマホ)「Moto G5S Plus」(Motorola Mobility製)を2017年10月6日(金)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」では税抜38,800円(税込41,904円)で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、大手Webストア「Amazon.co.jp」などを含む一部では10月6日より事前予約受付を開始しています。

販売される本体色はルナグレー(型番:PA6V0074JP)が10月6日発売で、ブラッシュゴールド(型番:PA6V0087JP)およびニンバスブルー(型番:PA6V0111JP)は順次発売となり、発売日は後日案内される予定。なお、同社では携帯電話ネットワークにおける多数の周波数帯に対応したことで現時点で日本国内すべてのキャリアで使えるSIMフリーモデルだとしています。

続きを読む

カメラやプロジェクターにトランスフォームするモトローラの個性派スマホ「Moto Z2 Play」と「Moto Mods」を写真と動画で紹介!Hasselblad True Zoomも試す【レポート】


拡張して楽しめるSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」をチェック!

今やSIMフリースマートフォン(スマホ)市場は“格安スマホ”だけではなくプレミアムモデルや個性派モデルなど、大手携帯電話会社のスマホにはない魅力的な製品が登場している。

その中でも個性的な製品がモトローラ・モビリティ・ジャパンが6月29日に発売したSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」だ。Moto Z2 Playはモトローラのプレミアム「Moto Z」シリーズで、上位機種にはフラグシップモデルの「Moto Z」がある。

主なスペックとして、5.5インチFHD(1080×1920ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ、CPUにQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 626(MSM8953 Pro)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDはUHS-Iの2TBに対応。

一見ごく普通のミドルレンジクラスのスマホだが、背面にカメラやプロジェクター、バッテリーなどの機能モジュール「Moto Mods」を取り付けることで様々なニーズに対応する。価格はオープンながら公式Webショップ「Moto ストア」では53,800円(税抜)。

今回は、Moto Z2 PlayとMoto Modsを6月20日に行われた新製品発表会のタッチ&トライと、前モデル「Moto Z Play」で試用したMoto Modsの使用感を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。