S-MAX

決算説明会

京セラも「ガラホ」投入!好調なタフネス技術を活用し、高耐久性のタブレットやファブレット、次世代フィーチャーフォンを開発ーー2014年度決算説明会で明らかに【レポート】


京セラもガラホを投入へ!タフネス仕様のタブレットやファブレットも

京セラは28日、前日の4月27日の2014年度(2015年3月期)決算発表を受けて都内にて説明会を開催し、高耐久性(タフネス)の技術を活かしたタブレットやファブレット、次世代フィーチャーフォンの投入を行っていくことを明らかにしています。

これまでにも今年度(2015年4月〜2016年3月)中にもタフネス仕様のタブレットを投入すると報道がありましたが、北米を中心に好調なタフネススマートフォン(スマホ)の技術を他の製品にも拡大していきます。

また、次世代フィーチャーフォンは現時点では特定のプラットフォーム(OS)の名前を出していませんが、AndroidやFirefox OSなどのスマホなど向けOSを採用したモデル、いわゆる"ガラホ"を開発していくとのこと。

現在の"ガラケー"とも呼ばれる従来型携帯電話(フィーチャーフォン)については以前に紹介したように2017年以降に生産を終了するとも伝えられており、京セラでもガラホにシフトしていくことが想定されます。

続きを読む

今後のSIMロック解除やガラケーはどうなる?NTTドコモ加藤社長が見解示すーー決算説明会で気になった話題を簡潔に紹介【レポート】


NTTドコモのSIMロック解除やフィーチャーフォンの今後は?

既報通り、NTTドコモは28日、都内にて「2014年度(2015年3月期)決算説明会」を開催し、2014年度決算と中期目標に向けた新たな計画を発表した。

この説明会では先日発表された5月以降の総務省によるSIMロック解除義務化に対する同社の対応や、一部報道で取り上げられた2017年以降にフィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」とも呼ばれる従来型携帯電話)が生産終了するといった話題についても取り上げられた。

今回は説明会においてこれらの気になった話題をまとめて紹介する。

続きを読む

NTTドコモ、2014年度決算説明会を開催!成長の軸を顧客獲得から他社コラボの「協創」に移行ーー各種サービスを「d」ブランドに統一【レポート】


NTTドコモが2014年度決算説明会を開催!写真は加藤社長

NTTドコモは28日、都内にて「2014年度(2015年3月期)決算説明会」を開催し、2014年度決算と中期目標に向けた新たな計画を発表した。

同社代表取締役社長の加藤薫氏は今後のNTTドコモの取り組みとして顧客獲得競争から付加価値の「協創」を重視すると明らかにし、コーポレートスローガンを「いつかあたりまえになること」へと変更すると語った。

また、現在提供している各サービスもドコモポイントを「dポイント」、DCMXを「dカード」などのように今後は「d」ブランドへの統一を進めていく。

今回はまずこれらの中期目標に向けた新計画や各サービスのdブランドへの統一について説明会の模様をまとめて紹介する。

続きを読む

ソフトバンクとIBM、クイズ王に勝った言語解析・認識技術「Watson」を日本語対応へ提携!ヒト型ロボット「Pepper」に活用ーーPepperの一般発売は6〜8月に、まずは2月に開発者向けに販売


Pepperの一般発売は6〜8月に!IBM Watsonでさらに進化へ

IBMの日本法人である日本アイ・ビー・エムとソフトバンクテレコムは10日、日本でのコグニティブ・コンピューティング技術「IBM Watson(以下、Watson)」の開発と市場への導入において戦略的に提携することで合意したと発表しています。

これにより、Watsonが日本語を理解できるように開発が進められ、IBMが推進するコグニティブ・コンピューティングの導入を加速し、ソフトバンクテレコムは日本の社会とビジネスの変革を推進するとしています。

また、同日に開催されたソフトバンクの2014年度第3四半期(10〜12月)決算説明会では代表取締役社長の孫正義氏がすでに発表し、現在、ソフトバンクショップなどで稼働しているヒト型ロボット「Pepper」にもWatsonの技術を利用していくことを明かしました。

さらに、同氏は後日正式に発表する予定だったとし、Pepperの発表時に今年2月に発売するとしていましたが、開発者イベントにて予約を受け付けたところ好評だったため、まずはデベロッパー向けに2月に販売開始し、一般販売は早くて6〜8月くらいになる予定であるとし、珍しく未発表の内容を口頭で伝えました。

続きを読む

ソニー、Xperiaスマホなどのモバイル事業の3カ年業績計画を公表!減収規模縮小ながら効率化で2016年度以降黒字化めざすーー来年度にさらに人員削減


ソニーがXperiaなどのモバイル事業の経営数値目標を公開!

Sony(ソニー)は4日、2014年度第3四半期(2014年10〜12月期)業績説明会を開催し、同社の子会社であるソニーモバイルコミュニケーションズが手がける「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)などのモバイルコミュニケーション(MC)事業の経営数値目標を公開しています。

経営数値目標では2017年度(2018年3月末)までの3年間で売上高9,000〜11,000億円(今年度見通しでは13,200億円)、営業利益率3〜5%(今年度見通しでは営業損失率-16.3%)とし、減収増益で規模縮小ながら2016年度以降に黒字化をめざすということです。

これらの目標を達成するために、すでに昨年9月に発表した1000人の人員削減などによる構造改革に加え、新たな構造改革の計画を策定し、2015年度末までに合計で約2100人の人員削減を実施するとしています。

また、スマホなどの機種数を絞っていくことも明らかにしています。なお、2015年2月18日にこれらの業績目標などを含んだ経営方針説明会を実施するということです。

続きを読む

NTTドコモが2014年度第3四半期決算説明会を開催!新料金プランによる収支影響は底打ちで改善傾向ーー同時発表した「ドコモ光」はまず通過点として100万契約をめざす【レポート】

不健全なキャッシュバックはせず、ドコモ光シェアパックを訴求する

NTTドコモは29日、都内にて「2014年度第3四半期決算説明会」を行った。さらに同説明会では、既報のフレッツ光回線による固定ブロードバンドサービス「ドコモ光」、そして、それとスマートフォン(スマホ)の料金をパックにして割引する「ドコモ光パック」などの新サービスを発表した。

まずはじめに簡単に説明されたNTTドコモの決算(累計)概況では対前年度同期減益減収となり、その内訳は営業収益33,268億円(前年同期比-1.1%)、営業利益5,871億円(前年同期比-14.7%)となった。

オペレーション関連では新料金プラン契約数1,354万件、純増数217万契約(前年同期比3.4倍)、スマホ利用数2,733万契約(前年同期比1.2倍)と発表し、純増数は改善、新料金プランの収支影響は底打ちし改善トレンドを維持する見込みを立てた。

質疑応答では主に新サービスのドコモ光について同社代表取締役社長加藤薫氏が説明を行った。今回はドコモ光の発表会を含む内容を写真を交えてレポートする。

続きを読む

日本通信、VAIOスマホのパッケージを公開!2月発売に向けて準備中ーー30〜50歳台のストライクゾーンに直球を投げ込む


VAIOスマホは2月発売へ!

日本通信は30日、2014年度第3四半期(2014年10〜12月)決算説明会を開催し、昨年末に発表したVAIOと協業で開発している「VAIO」ブランドのスマートフォン(スマホ)について2月に発売することを明らかにし、パッケージ(箱)を公開しています。

登壇した日本通信代表取締役副社長兼COOの福田尚久氏はVAIOスマホのパッケージを持ちながら「本当は今日、このまま開けて中身を見せたいが、VAIOとの協業なので一緒に発表したいので、パッケージだけで勘弁していただきたい。」とし、説明の中では「12月4日に発売予定だったが、世界第2位のタッチパネルメーカー(Wintek)の会社更正法適用で設計変更を余儀なくされ、発売が遅れた。」ということを明らかにしていました。

なお、VAIOスマホが発表されるかどうかは不明ながら、VAIOは2月16日に新製品発表会を予定しており、同日夕方にはファン向けイベントも開催予定で、本日までイベントの募集申込が行われています。

続きを読む

富士通、ARROWSシリーズなどの携帯電話の在庫を廃却していたことが明らかに!開発・生産拠点統合で年間350億円超の赤字を健全化へ


最近のARROWSは良くなってきてるんですけどね……。

富士通が2014年3月期(2013年度)第3四半期(2013年10〜12月)の決算説明会を開催し、同社が「ARROWSシリーズ」や「らくらくホンシリーズ」などで展開する携帯電話事業では第3四半期は上期(2013年4〜9月)と比較しておすすめ機種に選定されたこともあり、増収になったものの計画よりも低く、出荷台数で50万台下方修正し、2013年度通期予想も370万台と前年度比約4割減であることを明らかにしました。

携帯電話事業の業績では第3四半期だけで90億円の赤字で、2013年度通期も150億円の下方修正で350億円超えの赤字になると予想。

こういったことから品質コストと在庫の評価損という異常コストの計上があり、健全化するために携帯電話を廃却を行ったとしています。さらに、第4四半期にも品質コスト問題は続くことから廃却などをもう1段進める必要があるかもしれないと予測しています。

一方、その後はスマートフォン(スマホ)およびケータイ(フィーチャーフォン) の製造・品質保証および修理を担う国内2拠点(富士通モバイルフォンプロダクツと富士通周辺機を2014年4月1日をめどに統合し、量産製造機能を富士通周辺機に集約することで品質コストを削減することで黒字化する計画であるということです。

続きを読む

ソフトバンク、2014年3月期第3四半期決算説明会を開催!Android新規販売シェアNo.1や中国最大級アプリ配信マーケット「豌豆荚」の筆頭株主へ――孫社長「まだスマホ市場は伸びる」


ソフトバンクが2014年3月期第3四半期決算説明会を開催!

ソフトバンクは12日、2014年3月期第3四半期(2013年10~12月)の決算説明会を開催しました。その中で、登壇した同社代表取締役社長の孫正義氏は、NTTドコモがiPhoneの販売を開始して“最大の危機”が訪れる可能性があったもののソフトバンクの「iPhone 5s」や「iPhone 5c」は好調に売れており、「最大の危機は回避されたと思っている」という考えを示しました。

また、これまでソフトバンクではiPhoneの販売に偏重しており、Androidが弱いと言われているとし、その回答として今年1月に「Android新規販売シェアNo.1」になったことや、傘下のヤフーやガンホー・オンライン・エンターテイメント、買収したスーパーセルが好調なこと、中国最大級モバイルアプリ検索サービス「豌豆荚」の筆頭株主になったことなどが紹介されました。

さらに、他社ではスマートフォン(スマホ)への乗り換えが鈍化しているデータが出ていることを指摘されると、孫社長は「まだまだスマホ市場は伸びる」とコメントしていました。

続きを読む

ソニー、2014年3月期第3四半期決算を発表!PC事業を投資ファンドに売却やTV事業分社化へ――スマホ&タブレット「Xperia」に集中


ソニーがPC事業を売却!Xperiaスマホは前年同期比200万台増に――写真は1月に行われたCES 2014での平井社長

Sony(ソニー)は6日、2014年3月期(2013年度)第3四半期(2013年10〜12月)決算説明会を開催し、「VAIO」ブランドなどで展開しているPC事業を投資バンドの日本産業パートナーズ(JIP)に売却することや「BRAVIA」ブランドなどで展開しているTV事業を分社化し、「Xperia」ブランドなどで展開しているスマートフォン(スマホ)やタブレットに集中することを発表しています。

業績では従来予想では300億円の黒字を予定していましたが、米国会計基準で純利益が1,100億円の赤字になる見通しだとし、売上高は従来予想通りの7兆7,000億円となっているものの、営業利益(従来予想1,700億円)は800億円(前期比65.2%減)に下方修正しています。また、PC事業売却とTV事業分社化に伴い、2015年3月末までに国内で1500人、海外で3500人の合計5000人を削減する計画だとのことです。

業績やPC事業売却、TV事業分社化などは公式発表や他のメディアを参照してもらえればと思いますが、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」は経営資源が集中されるというスマホやタブレットのXperiaシリーズについての内容を紹介しておきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。