S-MAX

2012年夏モデル

ソフトバンク向けシャープ製の今夏モデルはどれも魅力的!シャープ開発陣に「AQUOS PHONE Xx 106SH」と「PANTONE5 107SH」について気になることを聞いてきた(後編)【インタビュー】

86db929a.jpg
まだまだシャープのSoftBank端末について聞きますよ!

シャープの中の人に、今夏のソフトバンクモバイル(SoftBank)向け新モデルについて、2106bpm氏と筆者が色々聞いてみたインタビュー。前回は、「PANTONE5 107SH」について色々聞きました。

後編では、引き続きシャープ通信システム事業本部の林氏、石川氏、澤近氏のお三方に「AQUOS PHONE Xx 106SH」をはじめとする今夏モデルの携帯電話についていろいろ聞きます!

続きを読む

イー・アクセス、8月発売予定のクアッドコアCPUと16コアGPUを搭載したハイエンドタブレット「GT01」の発売を延期!発売時期は未定

184c3fac.jpg

ファーウェイのハイスペックタブレット「GT01 」が発売延期!

イー・アクセスは31日、イー・モバイル向けファーウェイ(華為技術)製の高性能タブレット端末「GT01」の発売を延期すると発表した。同社は発売延期の理由を「開発上の都合」としており、明確な発売時期のアナウンスもないため事実上発売日未定となる。なお、販売開始日が決定次第、同社より改めてアナウンスされるという。

続きを読む

ソフトバンク向けシャープ製の今夏モデルはどれも魅力的!シャープ開発陣に「AQUOS PHONE Xx 106SH」と「PANTONE5 107SH」について気になることを聞いてきた(前編)【インタビュー】

d04a2566.jpg

シャープのSoftBank端末について色々聞きました!

今夏、シャープはソフトバンクモバイル(SoftBank)向けに「AQUOS PHONE Xx 106SH」、「PANTONE 5 107SH」、「AQUOS PHONE 102SH II」と、3機種のスマートフォンを投入しました。

特に前二者に関しては、「どこでもコピー」というOCR技術を応用した便利なコピペ(コピーアンドペースト)機能を搭載しており、別の記事でその詳細について開発担当者インタビューを敢行しています。

実は、このインタビューの場に筆者も同席していました。せっかく居るのに何も聞かない、というのはもったいないですよね。そこで、スマートフォン以外の機種も含めたシャープのSoftBank端末について、シャープ通信システム事業本部の林氏、石川氏、澤近氏に2106bpm氏と筆者が気になることなどを色々聞いてみましたので、前後編2回に分けてまとめてみます。

今回は107SHについてインタビューした内容を中心にお届けします!

続きを読む

本当に電話もメールもらくらく操作なの?「らくらくスマートフォン F-12D」のメール機能をチェック【レビュー】

4ef958d3.jpg

電話やメールはどのくらい“らくらく”なの?

NTTドコモから発売されている富士通製シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(以下、F-12D)は、従来のらくらくホンシリーズのワンタッチダイヤルや分かりやすいメニュー体系を引き継いだモデルとなっています。

従来通りに電話とメールができるの?と言った点で前回は電話機能を中心にレビューしましたが、今回はメール機能にフォーカスしてレビューしていきます。

続きを読む

本当に電話もメールもらくらく操作なの?「らくらくスマートフォン F-12D」の電話機能をチェック【レビュー】

4ef958d3.jpg

電話やメールはどのくらい“らくらく”なの?

NTTドコモから発売されている富士通製シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(以下、F-12D)は、従来のらくらくホンシリーズのワンタッチダイヤルや分かりやすいメニュー体系を引き継いだモデルとなっています。

やはり、気になるのがスマートフォンに変えて従来通り普通に電話とメールができるの?と言った点ではないでしょうか。どんなに便利な機能が追加されても、基本の電話とメールが不便になったら困りますよね。今回は、そんな気になる電話機能とメール機能にフォーカスしてレビューしていきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。