S-MAX

2012年夏モデル

ソフトバンク向けシャープ製の今夏モデルはどれも魅力的!シャープ開発陣に「AQUOS PHONE Xx 106SH」と「PANTONE5 107SH」について気になることを聞いてきた(後編)【インタビュー】

86db929a.jpg
まだまだシャープのSoftBank端末について聞きますよ!

シャープの中の人に、今夏のソフトバンクモバイル(SoftBank)向け新モデルについて、2106bpm氏と筆者が色々聞いてみたインタビュー。前回は、「PANTONE5 107SH」について色々聞きました。

後編では、引き続きシャープ通信システム事業本部の林氏、石川氏、澤近氏のお三方に「AQUOS PHONE Xx 106SH」をはじめとする今夏モデルの携帯電話についていろいろ聞きます!

続きを読む

イー・アクセス、8月発売予定のクアッドコアCPUと16コアGPUを搭載したハイエンドタブレット「GT01」の発売を延期!発売時期は未定

184c3fac.jpg

ファーウェイのハイスペックタブレット「GT01 」が発売延期!

イー・アクセスは31日、イー・モバイル向けファーウェイ(華為技術)製の高性能タブレット端末「GT01」の発売を延期すると発表した。同社は発売延期の理由を「開発上の都合」としており、明確な発売時期のアナウンスもないため事実上発売日未定となる。なお、販売開始日が決定次第、同社より改めてアナウンスされるという。

続きを読む

ソフトバンク向けシャープ製の今夏モデルはどれも魅力的!シャープ開発陣に「AQUOS PHONE Xx 106SH」と「PANTONE5 107SH」について気になることを聞いてきた(前編)【インタビュー】

d04a2566.jpg

シャープのSoftBank端末について色々聞きました!

今夏、シャープはソフトバンクモバイル(SoftBank)向けに「AQUOS PHONE Xx 106SH」、「PANTONE 5 107SH」、「AQUOS PHONE 102SH II」と、3機種のスマートフォンを投入しました。

特に前二者に関しては、「どこでもコピー」というOCR技術を応用した便利なコピペ(コピーアンドペースト)機能を搭載しており、別の記事でその詳細について開発担当者インタビューを敢行しています。

実は、このインタビューの場に筆者も同席していました。せっかく居るのに何も聞かない、というのはもったいないですよね。そこで、スマートフォン以外の機種も含めたシャープのSoftBank端末について、シャープ通信システム事業本部の林氏、石川氏、澤近氏に2106bpm氏と筆者が気になることなどを色々聞いてみましたので、前後編2回に分けてまとめてみます。

今回は107SHについてインタビューした内容を中心にお届けします!

続きを読む

本当に電話もメールもらくらく操作なの?「らくらくスマートフォン F-12D」のメール機能をチェック【レビュー】

4ef958d3.jpg

電話やメールはどのくらい“らくらく”なの?

NTTドコモから発売されている富士通製シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(以下、F-12D)は、従来のらくらくホンシリーズのワンタッチダイヤルや分かりやすいメニュー体系を引き継いだモデルとなっています。

従来通りに電話とメールができるの?と言った点で前回は電話機能を中心にレビューしましたが、今回はメール機能にフォーカスしてレビューしていきます。

続きを読む

本当に電話もメールもらくらく操作なの?「らくらくスマートフォン F-12D」の電話機能をチェック【レビュー】

4ef958d3.jpg

電話やメールはどのくらい“らくらく”なの?

NTTドコモから発売されている富士通製シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」(以下、F-12D)は、従来のらくらくホンシリーズのワンタッチダイヤルや分かりやすいメニュー体系を引き継いだモデルとなっています。

やはり、気になるのがスマートフォンに変えて従来通り普通に電話とメールができるの?と言った点ではないでしょうか。どんなに便利な機能が追加されても、基本の電話とメールが不便になったら困りますよね。今回は、そんな気になる電話機能とメール機能にフォーカスしてレビューしていきます。

続きを読む

どこでも同じ操作でコピーして簡単に貼り付けるコピペ機能を実現する!ソフトバンク向けシャープ夏モデルスマートフォンに搭載された「どこでもコピー」に迫る【インタビュー】

06408e44.jpg

どこでもコピーについてシャープの開発陣にインタビューをした

シャープはソフトバンク向けの夏モデルとして「AQUOS PHONE Xx 106SH」(以下、106SH)を6日、「PANTONE 5 107SH」(以下、107SH)を14日に発売した。

今年2月に発売した「AQUOS PHONE 104SH」(以下、104SH)では、徹底的にユーザビリティを見直し、各機能においてこれまで発売してきたスマートフォンに比べ大幅に満足度が増したというが、どうしても満足度の上がらない機能があったという。

それが、「コピー&ペースト」(以下、コピペ)機能。テキストをコピーして貼り付ける操作のことだ。このコピペ機能は、iOSおよびAndroid問わず現在のスマートフォンにおいて非常に繊細な操作を要することとなっている。

同社はスマートフォンを開発するにあたり、このコピペ操作についてなんとか満足度を向上させることはできないかを考え、106SHと107SHに「どこでもコピー」という機能を搭載した。

直感的に操作することができ、どこでも簡単にテキストのコピーと貼り付けができるこのどこでもコピーについて、同社の開発担当である、通信システム事業本部 グローバル商品開発センター プロダクト企画部の澤近氏、同事業本部 パーソナル通信第二事業部 開発部の石川氏に開発までの経緯や細かな仕様などを聞いてみた。

続きを読む

NTTドコモの女子力アップスマートフォン「F-09D ANTEPRIMA」の手書きフォントを試す【レビュー】

2653ff1f.jpg

フォントも手書きで作れちゃうわっ!

6月27日(木)にNTTドコモから発売された富士通製の「F-09D ANTEPRIMA(エフゼロキューディー アンテプリマ)」(以下、F-09D)は、ファッションブランド「ANTEPRIMA」とコラボレーションしたモデルだ。

S-MAXではこれまでにも女子力アップスマートフォンとしてF-09Dを紹介してきたが、今回は「オリジナル手書きフォント」機能を紹介する。実はこの手書きフォントは富士通製のオリジナル機能で、冬モデルから搭載されており、今夏モデルにおいても、F-09D以外の「ARROWS X F-10D」 「REGZA Phone T-02D」「ARROWS Me F-11D」にも搭載されている機能だ。

従来型のケータイでも画面表示のフォントを変更できる機能が搭載されていたが、スマートフォンにおいてもフォント変更できるモデルがある。F-09Dでは、フォント設定で「UR新ゴ」「ハッピーN」のほかに手書きした文字をフォントとして利用できるオリジナル手書きフォントが選択可能になっているのが特長だ。

続きを読む

専用のPlayキーを持つ防水ミュージックプレイヤー スマートフォン「AQUOS PHONE st SH-07D」【レビュー】

濡れても平気、アウトドアなミュージックプレイヤー?!いえ、スマートフォンです。

NTTドコモから今夏モデルとして販売中の超コンパクトスマートフォン「AQOUS PHONE st SH-07D」(シャープ製)は、専用のボタンや独自のアプリがインストールされており単体ミュージックプレイヤーとしても気になるところだ。

また、防水・防塵対応と言うことで、ランニングなどでもミュージックプレイヤーとして安心して使っていける。

今回は、ミュージックプレイヤーとしてのAQOUS PHONE st SH-07Dはどうなのかをチェックしてみよう。
続きを読む

NTTドコモの女子力アップスマートフォン「F-09D ANTEPRIMA」に内蔵されている豊富なオリジナルコンツをチェック (2)【レビュー】

1f15bf9d.jpg

オリジナルコンテンツはまだまだあるわっ!

6月27日(木)にNTTドコモから発売された富士通製の「F-09D ANTEPRIMA(エフゼロキューディー アンテプリマ)」(以下、F-09D)は、ファッションブランド「ANTEPRIMA」とコラボレーションしたモデルだ。

前回に続き、F-09Dに内蔵されているオリジナルコンテンツを紹介する。今回は壁紙、そしてロック解除画面、解除パターンを設定方法とあわせて紹介していく。

続きを読む

NTTドコモの女子力アップスマートフォン「F-09D ANTEPRIMA」に内蔵されている豊富なオリジナルコンツをチェック (1)【レビュー】

6c35780a.jpg

素敵女子が持つスマホはオリジナルコンテンツがいっぱいだわっ!

6月27日(木)にNTTドコモから発売された富士通製の「F-09D ANTEPRIMA(エフゼロキューディー アンテプリマ)」(以下、F-09D)は、ファッションブランド「ANTEPRIMA」とコラボレーションしたモデルだ。

2010年11月に発売された「docomo STYLE series F-02C」にはコラボレーションモデルとして「ANTEPRIMA GOLD」が用意されたが、機種名にANTEPRIMAを冠したモデルとしては今回が初。F-02Cにもオリジナルコンテンツが内蔵されていたが、今回はさらに豊富な内蔵コンテンツが用意されているので2回に渡って紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。