S-MAX

CPU

Qualcomm、ミドルレンジスマホ・タブレット向けのチップセット「Snapdragon 450」を発表!400シリーズでは初の14nmプロセス製造で、CPU・GPU性能や電池持ちなどを向上


クアルコムがミドルレンジスマホなど向けのチップセット「Snapdragon 450」を発表!

Qualcommの子会社であるQualcomm Technologiesは29日(現地時間)、中国・上海で2017年6月28日(水)から7月1日(土)まで開催されている無線通信関連の展示会「2017 GSMA Mobile World Congress Shanghai(MWC Shanghai 2017)」に合わせてミドルレンジのスマートフォン(スマホ)やタブレット向けチップセット(SoC)「Snapdragon 450」を発表しています。

同社ではミドルレンジ向けのSnapdragon 400シリーズはすでに1900以上の製品に採用され、Snapdragon 450は2017年第3四半期(7〜9月)に各メーカーなどにサンプル出荷を開始し、2017年末までに搭載された商用製品が販売開始されるとしています。

続きを読む

ARM、新しいスマホなどのモバイル向けハイエンドCPU「Cortex-A72」やGPU「Mali-T880」を発表!搭載製品は2016年までに登場見込み


ゼロから始めるスマートフォン

ARMは3日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイル向けプロセッサーのハイエンドモデルとして「ARM Cortex-A72」を発表しています。搭載製品は2016年までに登場する見込み。

ARM Cortex-A72は64ビット対応「ARMv8-A」アーキテクチャを採用したプロセッサーで、現行のハイエンドモデル「Cortex A57」よりもさらにハイエンドの位置づけであり、パフォーマンスについてはCortex-A15を採用した2014年製モデルよりも最大で3.5倍高い性能を持ち、同じ性能であれば75%低い消費電力を実現したとされています。

続きを読む

MediaTek、世界初のスマホ向けLTE対応オクタコア(8コア)CPU内蔵チップセット「MT6595」を正式発表!big.LITTELE採用で2014年下旬以降に搭載機種が登場に


MediaTekがLTE対応オクタコアCPU内蔵チップセット「MT6595」を発表!

MediaTekは11日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイル機器向けのLTE(FDD-LTEおよびTD-LTE)通信に対応したオクタコアプロセッサ(8コア)CPU内蔵チップセット(SoC)として「MT6595」を発表しています。

2014年上期にサンプル出荷され、2014年下期にMT6595を搭載した製品が登場する予定だとしています。

続きを読む

NVIDIA、次世代モバイルSoC「Tegra K1」を発表!PC向けと同じKeplerアーキテクチャーの192コアGPU搭載――64bitコアCPU版も投入


次世代「NVIDIA Tegra」が発表!

NVIDIAは5日(現地時間)、米ラスベガスにて1月7日(火)から10日(金)まで開催される世界最大の家電見本市「2014 International CES(CES 2014)」に合わせてプレス発表会を開催し、モバイル向け次世代SoC(System On Chip、チップセット)の「Tegra K1」(開発コード名;Logan)を発表しています。

従来からの路線通り、Tegra K1はPC向けGPUと同じ「Kepler」アーキテクチャーを採用し、192個のCUDAコアGPUを内蔵。なお、Tegra K1を搭載した製品についての具体的な発表は現時点ではなく、提供時期も未定。詳細が判明次第、追って紹介していきます。

続きを読む

Qualcomm、新型のモバイル向けプロセッサー「Snapdragon 805」を発表!4Kディスプレイ表示に対応――来年前半に搭載デバイスが登場


ゼロから始めるスマートフォン

Qualcommは20日、新型のモバイル向けプロセッサー「Snapdragon 805」を発表しています。

Snapdragon 805は現在サンプル出荷中であり、2014年上半期に搭載デバイスが登場する見込み。日本では来夏モデル以降で採用されることになりそうです。

続きを読む

NVIDIA、LTEモデムを内蔵したモバイル向けプロセッサの新モデル「Tegra 4i」を発表

d3d5b835.jpg
ゼロから始めるスマートフォン

NVIDIAは19日(現地時間)、モバイル向けプロセッサの新モデル「Tegra 4i」を発表しています。搭載製品の出荷は今年の年末から2014年の第1四半期になると予想されています。日本でも2014年春モデルから搭載製品が登場するかもしれません。

Tegra 4iはこれまでコードネーム“Grey”で呼ばれたきたもので、先月発表されたTegra 4にLTEモデムを内蔵し、一部仕様を変更したモデルです。

Tegra 4は主にハイエンドスマートフォンとタブレット向けとなり、対してTegra 4iは少し価格を落としたメインストリーム市場向けのスマートフォンで採用されるモデルとなります。

続きを読む

Samsung、クアッドコアプロセッサ「Exynos 4 Quad」を発表!GALAXY S3に搭載することも明らかに

72fd2153.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

Samsungは26日(現地時間)、スマートフォン・タブレット向けの新プロセッサ「Exynos 4 Quad」を発表しました。

同時に、5月3日(木)にロンドンで発表する新型Galaxy(Galaxy S3)に初搭載することも明らかにしました。

続きを読む

明日発売!ドコモスマートフォン「Optimus bright L-07C」のベンチマークを測ってみた

1453a14a.jpg

Optimus bright L-07CでQuadrantを測定!

明日18日に、NTTドコモから発売予定の世界最高輝度700カンデラのIPS液晶を搭載したLGエレクトロニクス製「Optimus bright L-07C」。Android 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したミドルレンジのスマートフォンに位置付けられ、海外では「Optimus black」というペットネームで販売されているモデルを国内向けに調整した機種となります。

ミドルレンジですが、約4インチワイドVGA(480×800ドット)のIPS液晶(262,144色表示)のディスプレイと1GHz CPU、本体メモリ4GB(ROM)/512MB(RAM)、microSD/microSDHCカード(最大32GB)、1500mAhバッテリー、Bluetooth 2.1+EDR、無線LAN(802.11b/g/n準拠)などと非常にバランスの良いモデルとなっています。

なにより、非常にシンプルで薄さ9.5mmという凹凸の少ない洗練されたスタイリッシュデザインになっており、microUSB端子にスライドカバーが付いていたり、裏面の縁が美しいヘアライン処理されているなど、細かなパーツやシルエットにこだわりが感じられる持っていて嬉しいモデルだと思います。色もブラックとホワイトというメジャーカラーがありますし、かなりオススメな機種だと思います。

今回は、Optimus bright L-07Cでベンチマークアプリ「Quadrant Standard Edition」を利用して、その実力を試すととともに、各社の2011年夏モデルにおけるAndroid搭載スマートフォンの搭載チップセットやCPUクロックまとめにイー・モバイルを追加してみましたので、紹介していきたいと思います。

続きを読む

本日発売開始の1.4GHz CPU搭載「AQUOS PHONE SH-12C」のベンチマークを実施!その他各社2011年夏モデルAndroidスマホの搭載CPUを比較

840873f8.jpg

第3世代Snapdragonの実力は!?

本日、NTTドコモから発売された裸眼3D液晶とツインカメラを搭載し、3Dを“撮る”“観る”ことができるAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)を搭載したスマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」(シャープ製)。国内では、初のCPUに第2世代Snapdragonである「QUALCOMM MSM8255T 1.4GHz」を搭載しています。

海外では、主にハイスペックモデルとして、GALAXY SII SC-02CのようなデュアルコアCPUを搭載したモデルが多くラインナップされていますが、シャープは、国内向けAndroidスマートフォンにこの1.4GHzの第3世代Snapdragonを採用してきました。

今回は、AQUOS PHONE SH-12Cでベンチマークアプリ「Quadrant Standard Edition」を利用して、その実力を試すととともに、各社の2011年夏モデルにおけるAndroid搭載スマートフォンの搭載チップセットやCPUクロックをまとめてみましたので、紹介していきたいと思います。




続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。