S-MAX

GALAXY_Note_3

NTTドコモ、サムスン電子製スマホ「GALAXY Note 3 SC-01F」と「GALAXY J SC-02F」、「GALAXY S4 SC-04E」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを提供開始


GALAXY Note 3 SC-01FとGALAXY J SC-02F、GALAXY S4 SC-04EがAndroid 5.0 Lollipopに!

NTTドコモは5日、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)の2013年冬モデル「GALAXY Note 3 SC-01F」および「GALAXY J SC-02F」、2013年夏モデル「GALAXY S4 SC-04E」の3機種に対してAndroid 5.x LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

両機種のソフトウェア更新による主な変更点は同じとなっており、以下の通り。スマホ本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、それぞれ更新時間はGALAXY Note 3 SC-01Fが約48分、約75分、GALAXY J SC-02Fが約48分、約75分、GALAXY S4 SC-04Eが約49分、約78分。更新期間は修理受付終了(現時点では未定)まで。

◯主なアップデート内容
1)画面デザインや操作感の刷新
カラフルなデザインや、滑らかな動きと陰影による直観的な操作感で、新しい体験をお楽しみください。
img_20151005_01

2)ロック画面への通知表示
ロック画面を解除しなくても、最新の通知をすぐに確認できるようになります。また、必要に応じて通知表示する優先順位も設定可能です。
img_20151005_02

3)マルチウィンドウトレイの操作性変更(GALAXY Note 3 SC-01Fのみ)
OSバージョンアップ後、マルチウインドウトレイのハンドルは表示されなくなります。マルチウィンドウトレイを表示する場合は、バックキーの長押しで表示可能です。
img_20151005_03

4)エアコマンドの操作性変更(GALAXY Note 3 SC-01Fのみ)
OSバージョンアップ後、「エアコマンド」に割り当てられる機能が変更されます。
※「Sファインダー」は「メニュー」キーの長押しで起動可能です。
img_20151005_04

5)Sペンの操作性変更(GALAXY Note 3 SC-01Fのみ)
OSバージョンアップ後、Sペンを利用したスクリーンキャプチャはご利用いただけなくなります。スクリーンキャプチャは以下いずれかの手順で実施可能です。
 1. Sペンの「エアコマンド」⇒「スクリーンライト」機能
 2. 手のひらモーション
 3. 電源キーとホームキー長押し

6)改善される事象
・画面を回転させた際、正しく表示されない場合がある。(GALAXY Note 3 SC-01Fのみ)
・Bluetoothの再接続に時間がかかる場合がある。(GALAXY J SC-02FおよびGALAXY S4 SC-04Eのみ)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

KDDI、au向けスマホ「GALAXY Note 3 SCL22」とタブレット「GALAXY Tab S SCT21」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


au向けスマホ「GALAXY Note 3 SCL22」とタブレット「GALAXY Tab S SCT21」にAndroid 5.0 Lollipopに!

KDDIは10日、au向けスマートフォン(スマホ)「GALAXY Note 3 SCL22」およびタブレット「GALAXY Tab S SCT21」(ともにサムスン電子製)により新しいプラットフォーム「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで3Gおよび4G(LTEおよびWiMAX 2+)、無線LAN(Wi-Fi)にて行なう方法とパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行なう方法が用意されており、更新にかかる時間はGALAXY Note 3 SCL22の単体で4GまたはWi-Fiなら約40分、3Gなら約50分、パソコンでなら約10分、GALAXY Tab S SCT23の単体で4GまたはWi-Fiなら約25分、3Gなら約40分、パソコンでなら約10分。

アップデートファイルサイズはGALAXY Note 3 SCL22の単体なら約980MB、パソコンなら約1.5GB、GALAXY Tab S SCT21の単体なら約980MB、パソコンなら約1.8GBとなっています。案内されている主な変更点は以下の通り。

◯Android 5.0による機能・操作性の向上
1)統一感のある画面デザイン、背景カラーに変更
2)ロックスクリーン画面の通知がポップアップ表示になり視認性が向上

詳しくは以下のページをご確認ください。
OSアップデートにおける主な機能追加について(494KB)[PDF]
OSアップデートにおける主な機能追加について(468KB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にGALAXY Note 3 SCL22およびGALAXY Tab S SCT21を利用するための改善内容が含まれております。


続きを読む

ドコモオンラインショップにて昨冬スマホ「GALAXY Note 3 SC-01F」がMNP限定特別割引にて他社からの乗り換えで一括19440円の実質0円に値下げ


NTTドコモ「GALAXY Note 3 SC-01F」がMNP限定特別割引対象に!

NTTドコモは20日、直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて昨冬モデルのサムスン電子製スマートフォン「GALAXY Note 3 SC-01F」を「MNP限定特別割引」の対象に追加したとお知らせしています。

これにより、他社からの乗り換え時に本体価格が大幅に割り引きされ、本体価格が一括19,440円の実質0円と購入しやすくなっています。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、GALAXY Note 3およびGALAXY Jの購入者対象にハイレゾ音源対応イヤホンをプレゼントするキャンペーン実施!SKE48「GALAXY of DREAMS」のハイレゾ音源も先着1万名に


GALAXY Note 3およびGALAXY Jを購入者にハイレゾ音源対応イヤホンプレゼント!

サムスン電子ジャパンは8日、NTTドコモ向け「GALAXY Note 3 SC-01F」および「GALAXY J SC-02F」、au向け「GALAXY Note 3 SCL22」を対象期間中に購入した人にハイレゾ音源対応イヤホンをプレゼントする「ハイレゾ音源対応イヤホンプレゼント キャンペーン」を実施するとお知らせしています。キャンペーン期間は2014年3月8日(土)から5月6日(火)まで。

また、アイドルグループ「SKE48」の14thシングルのカップリング曲である現在活動中の「SKE48 Special GALAXY of DREAMS」の楽曲「GALAXY of DREAMS」のハイレゾ音源をGALAXY Note 3およびGALAXY Jのユーザー限定サイトにて先着1万名にプレゼントするキャンペーンも2014年3月19日(水)より開始予定だということです

続きを読む

GALAXY Note 3を購入するとスペシャルボックスがもらえる!SKE48から選抜された新ユニット「SKE48 Special GALAXY of DREAMS」が活動開始【レポート】

SKE48の10名がGALAXY of DREAMSとして活動開始!

サムスン電子ジャパンは24日、同社製のスマートフォン「GALAXY」の魅力を伝えるべく、アイドルグループ「SKE48」から選抜された新ユニット「SKE48 Special GALAXY of DREAMS」(以下、GALAXY of DREAMS)の活動を本日から開始すると発表した。

選抜メンバーは木崎ゆりあ(SKE48 Team S)、松井珠理奈(SKE48 Team S、AKB48 Team K)、柴田阿弥(SKE48 Team K II)、須田亜香里(SKE48 Team K II)、高柳明音(SKE48 Team K II)、古川愛李(SKE48 Team K II)、木本花音(SKE48 Team E)、古畑奈和(SKE48 Team E、AKB48 Team K)、松井玲奈(SKE48 Team E)、北川綾巴(研究生)の10名。

GALAXY of DREAMSはGALAXYの多彩な機能を通じて多くの方に”夢”を感じてもらえるよう、多面にわたる活動を行うという。また期間中に「GALAXY Note 3」を新規契約または機種変更すると「GALAXY of DREAMS」オリジナルグッズが当たるプレゼントキャンペーンも実施される。

続きを読む

KDDI、au向け「GALAXY Note 3 SCL22」のデビューキャンペーンを2014年3月31日まで延長!新規・MNPで2万千円、機種変更で1万500円割り引き


GALAXY Note 3 SCL22のデビューキャンペーンが延長!

KDDIおよび沖縄セルラーから10月17日(木)に全国一斉発売開始されるau向けとしては初のファブレット「GALAXY Note 3 SCL22」(サムスン電子)。au初のファブレットだからなのか、本体価格が高いからなのか発売から本体価格が割り引かれる「GALAXY Note 3デビューキャンペーン」が実施されていました。

このデビューキャンペーンは当初12月19日まででしたが、好評だったとのことで延長されており、現在は2014年3月31日(月)までとなっています。

続きを読む

【年末企画】NTTドコモのiPhone発売などの大きなうねりのあった2013年!本体価格が高騰する中で大画面化で終える(ライター:mi2_303編)

01
タブレットとファブレットな2013年

2013年は出ない出ないと言われていた「iPhone」が、NTTドコモでも取り扱いを始めたことで新しいうねりが始まった年であったように感じる。販売店ではすでに下位モデル「iPhone 5c」のMNP一括0円を武器にシェアを奪い合う戦いとなっており、iPhoneの新製品が出たら違約金を払ってMNPした方が安く手に入る、そんな状態に近い。

一方のAndroidスマートフォン・タブレットもどんどん高値となっており、機種変更が一番ワリを食うというユーザー泣かせの状態となっている。

さて、そんなうねりのあったスマートフォン界隈に匹敵するようなうねりが、筆者のモバイルデバイス界隈でも起こった。そこで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」の「年末企画」ということで筆者が今年感じたことをまとめてみたいと思う。


続きを読む

Samsung、5.7インチスマホ「GALAXY Note 3」が2ヶ月で1000万台突破と発表!Noteシリーズでは最速ペース


GALAXY Note 3が1000万台を突破!

Samsung Electronics(サムスン電子)は10日(現地時間)、5.7インチの大画面を採用し、Sペンによる繊細な入力も行えるスマートフォン「GALAXY Note 3」の累計販売台数が1000万台を突破したと発表しています。

GALAXY Note 3は、今年9月に発表され、米国などにて販売、さらに、日本でも10月17日にNTTドコモから「GALAXY Note 3 SC-01F」およびauから「GALAXY Note 3 SCL23」が発売されており、発売から2ヶ月で1000万台を突破したことになります。

続きを読む

六本木ヒルズで期間限定オープンのカフェ「GALAXY café」へ行ってきた!先着ケーキ&コーヒーセットもゲット【レポート】


美味しいケーキと魅力的なモバイル端末が両方楽しめる期間限定カフェ!

既報通り、12月25日までの間、サムスン電子ジャパン(以下、SEJ)は東京・六本木ヒルズのヒルズカフェにて「GALAXY café」を12月5日からオープンしています。

筆者も早速、GALAXY caféにタダケーキをご馳走になりに中の様子の取材をしに行きました。本記事では、店内の様子や併設されているタッチ&トライコーナーのレポートをお送りします。

続きを読む

六本木ヒルズ内ヒルズカフェに「GALAXY café」が12月25日までオープン!GALAXYユーザーがFacebookページを「いいね!」すると毎日先着20名にケーキ&コーヒーセットを無料プレゼントなど


今年もGALAXY Cafeがオープン!写真は昨年のGALAXY Studioのもの

サムスン電子ジャパンは5日、東京・六本木にある複合施設「六本木ヒルズ」の10周年イベント「Roppongi Hills 10th Anniversary Christmas」の「けやき坂イルミネーション」が輝く六本木ヒルズ内のヒルズカフェにて2013年12月5日(木)から12月25日(水)までの期間限定で「GALAXY café」をオープンするとお知らせしています。

サムスン電子のスマートフォン「GALAXY Note 3」や「GALAXY J」、これらのGALAXYスマートフォンと連携できるスマートウォッチ「GALAXY Gear」など最新機種を体験できるほか、GALAXYユーザーならSamsung Mobile JapanのFacebookページを「いいね!」している画面を見せると、毎日先着20名にGALAXY Cafe限定ケーキとコーヒーのセットを無料でプレゼント、ケーキセットが終了した場合にも先着40名までにコーヒーを無料で提供するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。