S-MAX

JCI

日本通信、SoftBankのSIMロックがかかったiPhoneで使える音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」を8月9日に提供開始!1回5分までの通話無料含み、月1GBの月額2646円から


音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」が8月9日にスタート!

日本通信は9日、SIMロックを解除することなくSoftBankのiPhoneシリーズで使える音声通話サービス付き格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」を2017年8月16日(水)午前10時より提供開始すると発表しています。

同社ではこれまでソフトバンク回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「b-mobile S」としてデータ通信のみに対応した「b-mobile S 開幕SIM」やプリペイドサービス「b-mobile S プリペイド」を提供してきましたが、ようやく音声通話に対応したサービスが提供されます。

利用料金は月当たり1GBまでの高速データ通信なら月額2,450円(すべて税別)で、通話料金は5分以内なら無料、5分超過後は10円/30秒となっており、月間高速データ量は1GB当たり月額350円で自動的に2GB・3GB・4GB・5GBと追加され、5GBの場合には月額3,850円となります。

この他、新たに「スマホ電話SIM【ソフトバンクiPhone専用】コールセンター」を開設し、初めて格安SIMを利用する場合にも安心できるようにSoftBankのiPhone専用のアドバイザーが対応するとのこと。なお、最低利用期間はなく、番号そのままでの他社から乗り換え(MNP)は2017年8月22日(火)午前10時より受付開始とのこと。

続きを読む

日本通信、SoftBankのSIMロックがかかったiPhoneやiPadで使える「b-mobile S プリペイド」を7月7日に発売!1GBと7GBの2つのパッケージと追加チャージが用意


ソフトバンク網のMVNOからプリペイドSIMカードが発売!

日本通信(以下、JCI)は6日、ソフトバンクから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile S」においてプリペイドSIMカード「b-mobile S プリペイド」を2017年7月7日(金)に発売すると発表しています。

SIMロックされたiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)などで利用でき、あらかじめデータ量が含まれたプリペイドタイプで、パッケージにはソフトバンクのネットワークに対応したSIMカードが入っています。

パッケージは1GB(有効期間:15日間)まで使える980円(すべて税別)と、7GB(有効期間:25日間)で2,980円の2種類があり、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)およびmicroSIMカード(3FF)の2種類が用意されています。

続きを読む

ソフトバンク回線の格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を契約してみた!申込や開通から設定、実際にiPhoneやAndroidで使ってみたところまでを紹介【レポート】


よーやく開幕!?ソフトバンク回線のMVNOを試す

既報通り、日本通信(以下、JCI)が3月22日よりソフトバンク回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile S 開幕SIM」を提供しています。また同社は仮想移動体サービス提供者(MVNE)としてU-NEXTにもソフトバンク回線を提供し、ほぼ同様のサービス「U-mobile S」も同日よりスタート。

ともにiPhone用とiPad用が用意されており、対象機種はiPhone 5以降およびiPad全機種(Wi-Fi+Cellularモデル)で、最大の特長はSIMロック解除に対応していないiPhone 6以前のSoftBankのiPhoneでも使える点です。

もちろん、SIMフリー版や他社のiPhone 6s以降をSIMロック解除したものでも使えるほか、Androidでも設定すれば使えるようになっています。利用料はともに月間高速通信量1GBで月額税別880円(税込950円)から。

現状ではデータ通信のみのプランのみで、SMSオプションも提供されていませんが、手軽に契約できるソフトバンク回線のMVNOということで今回はb-mobile Sを契約してみましたので使用感などを紹介したいと思います。

続きを読む

SoftBankのiPhoneがそのまま使える!ソフトバンク回線のMVNOとして「b-mobile S 開幕SIM」や「U-mobile S」が3月22日に提供開始――データ通信のみで月1GBの月額950円から


ソフトバンク回線のMVNOがサービス開始!

日本通信(以下、JCI)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile」において新たにソフトバンクから回線を借り入れた「b-mobile S 開幕SIM」を2017年3月22日(水)より提供しています。

対応する機種はiPhone 5以降およびiPad全機種(Wi-Fi+Cellularモデル)で、ともにSoftBankが販売するSIMロックがかかったモデルおよびSIMフリー版、NTTドコモやauなどから販売されている製品をSIMロック解除したもので利用可能。

まずはデータ通信のみに対応し、月額料金は月当たり1GBの高速データ通信量で税別880円(税込950円)からで、月3GB・7GB・30GBの4プランが用意されています。SMSオプションもなし。最低利用期間もなし。

またU-NEXTも同日よりMVNOとして提供する携帯電話サービス「U-mobile」においてソフトバンク回線の「U-mobile S」を提供開始。U-mobile公式WebサイトやU-NEXTストアのほか、ヨドバシカメラやビックカメラ、PC DEPOT、ZOA、コジマ(一部)、ソフマップ(一部)などといった店舗でも販売されます。

こちらもJCIが仮想移動体サービス提供者(MVNE)を行って提供されます。サービスの基本内容はほぼ同じですが、キャンペーンで2017年4月30日(日)までにU-mobile Sを契約し、2017年6月1日()時点で継続利用している場合に抽選で10人にiTunesカード10,000円分をプレゼントするということです。

続きを読む

ヤマダファミリーモバイルやU-mobile、スマモバからソフトバンク回線のMVNOによる携帯電話サービスが3月22日に提供開始!日本通信がMVNEで、当初はiPhone向けのみに


ヤマダ電機やU-mobile、スマモバからソフトバンク回線の格安SIMが登場!

U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社Y.U mobileは22日、ソフトバンク回線による仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「ヤマダファミリーモバイル」を2017年3月22日(水)に提供開始すると発表しています。

さらにU-NEXTでは既存のMVNOによる携帯電話サービス「U-mobile」にもソフトバンク回線を追加するほか、スマートモバイルコミュニケーションズも同日、MVNOによる携帯電話サービス「スマモバ」においてソフトバンク回線を3月22日に追加するとしています。

ともに当初はiPhone向けSIMカード(nanoSIMカード)のみが提供され、サービスもデータ通信のみとのこと。料金やサービスなどの詳細については後日発表予定。

これらは日本通信がすでに発表していた今年1月31日にソフトバンクとの相互接続協定書を締結したことに基づき、仮想移動体サービス提供者(MVNE)となるということです。

続きを読む

日本通信、ソフトバンクと相互接続協定を締結と発表!まずはSoftBankのiPhoneやiPadで使える格安SIMを3月22日に発売へ――SIMロック解除に対応してないiPhone 6シリーズ以前でも利用可能


日本通信がソフトバンク網のMVNOを3月22日よりスタート!

日本通信は1日、ソフトバンクと相互接続に関して合意し、相互接続協定書を2017年1月31日(火)に締結したと発表しています。

これにより、SoftBankの販売するiPhoneやiPad向けに仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「b-mobile」( http://www.bmobile.ne.jp )にてソフトバンク網の「格安SIM」を2017年3月22日(水)より提供するとのこと。

このSIMカードではSoftBankのiPhoneやiPadがSIMロックがかかっていても使えるため、SIMロック解除に対応していない「iPhone 6」シリーズや「iPad Air 2」、「iPad mini 3」以前の古い機種でも利用できるということです。

なお、この合意によって日本通信が総務省に申し立てていた接続協定に関する命令申立が役割を終えたとして同日に取下げましたことも併せて案内されています。

続きを読む

格安SIM市場で利益を上げている会社はひとつもない!?日本通信が総務省タスクフォースによる規制緩和で「MVNOのモデル事業者」から「MSEnabler」に事業転換を発表【レポート】

日本通信が新事業戦略を発表

日本通信は22日、都内で「事業戦略発表会」を開催し、同社がこれまで「b-mobile」などで行ってきた仮想移動体通信事業者(MVNO)のモデル事業者から他のMVNOやメーカー、金融機関などがモバイル・ソリューションを実現するための「MSEnabler(Mobile Service Enabler)」へ事業を転換していくことを発表した。

同社代表取締役社長の福田尚久氏によると、MVNO事業における新しい役割として示したMSEnablerの背景には、格安SIMとして話題を集めているが市場としての規模はまだ小さく、価格競争のみで勝負をしている現状で利益を上げている会社はひとつもないのだという。

そこで、同社は格安SIM市場だけではなくサービスの多様化を実現するためのMSP(Mobile Solution Platform)事業へ舵を切るにあたって、ビジネスの障壁となるMVNOの規制緩和を訴えてきた。今回の事業説明で、そのMVNOの規制緩和によってどのようなサービスが実現できるのかを説明した。

続きを読む

日本通信、NTTドコモ回線のMVNOによる4G LTE対応データ通信サービスが月当たり1〜5GBまで月額500〜1500円で使える「おかわりSIM」を発表!6月10日に発売


日本通信の格安SIMの新料金プラン「おかわりSIM」が6月10日発売!

日本通信は5日、回線を借り入れて提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「b-mobile」において、4G LTEに対応した高速通信を1GBまでなら月額500円(税抜)で利用できるデータ通信サービスのSIMカードパッケージ「b-mobileおかわりSIM 5段階定額」(以下、おかわりSIM)を2015年6月10日(木)に発売すると発表しています。

1GBを超えると自動的に5GBまでは1GB当たり250円(税抜)が上限月額1,500円(税抜)まで5段階に加算されていき、それ以降は上下最大200Kbpsの速度制限がかかるプランです。

続きを読む

カメラ機能はなかなかのこだわり!?VAIOブランドで活路を開く日本通信製スマホ「VAIO Phone VA-10J」を写真と動画で紹介【レポート】


VAIO Phoneは残念スマホなのか?!

既報通り、日本通信とVAIO(バイオ)は12日、都内にて「VAIOスマートフォン新商品発表会」を行い、Android 5.0(開発コード名:Lollipop)を搭載したSIMフリースマートフォン「VAIO Phone(型番:VA-10J)」を発表した。

発表前の期待値が高かったいわゆる”VAIOがデザインを監修した日本通信製”の機種であるVAIO Phoneについて前回は発表会における両社の思惑を紹介した。そこで、今回は実際に発表会後の展示会場にてタッチ&トライした模様を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

アップルに対抗できるブランドは「VAIO」!日本通信とバイオが協業で開発したスマホ「VAIO Phone VA-10J」の新商品発表会を開催【レポート】

VAIO Phoneを発売する日本通信の狙いとは?

既報通り、日本通信とVAIO(バイオ)は12日、都内にて「VAIOスマートフォン新商品発表会」を行い、Android 5.0(開発コード名:Lollipop)を搭載したSIMフリースマートフォン「VAIO Phone(型番:VA-10J)」を発表した。

すでに紹介しているように各量販店などでは3月13日より事前予約受付を開始しており、出荷は20日を予定している。また、日本通信では年中無休のVAIO Phone専用のコールセンターを開設したこともアピールした。

発表会では日本通信とVAIOの協業の背景やVAIO Phoneの狙いとコンセプトについて語られた。そこで、今回はそれらについて写真を交えてまとめて紹介する。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。