iPhone 7 Plusの32GBモデルではストレージの速度が遅い!

発売からおよそ1ヶ月が経ったAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」ですが、初期出荷が少なかったこともあり、なかなか手に入らない人もいる新色ジェットブラックも徐々に在庫連絡が出てきているようです。

そんな中で、以前に筆者が購入したSIMフリー版のiPhone 7 Plusの32GBモデルにおけるベンチマーク結果を紹介しましたが、iQuickMarkのDiskでエラーが出てしまっていました。

これに関連するのか定かではありませんが、GSMArenaではiPhone 7 Plusの32GBモデルのストレージの転送速度、特に書込速度が他のモデルと比べてかなり遅いという指摘がされています。

iPhone 7およびiPhone 7 Plusの内蔵ストレージはともに32GBと128GB、256GBの3種類があり、これまでの最低容量の16GBが32GBになったことでアップデート時などにも多少の余裕ができてより安心して使えるようになりました。

また、内蔵ストレージの部品についてはすでにiFixitの分解レポートにもあるように少なくともSK Hynix製と東芝製の2つがあり、iPhone 7の32GBモデルではSK Hynix、iPhone 7 Plusの128GBモデルでは東芝製となっていました。

今回、GSMArenaが行った結果では、iPhone 6sの64GBモデルとiPhone 7の128GBモデル、iPhone 7 Plusの32GBモデルの3種類で、ストレージに関するベンチマークを行っており、iPhone 7 Plusの32GBモデルでは転送速度がiPhone 6sの64GBよりも遅くなっています。

Storage testiPhone 6s Plus 64GBiPhone 7 128GBiPhone 7 Plus 32GB
Basemark OS II Memory14221721839
PassMark Disk Mark545576961643668
PassMark Storage Write200.6 Mbyte/s308 Mbyte/s39.6 Mbyte/s
PassMark Storage Read628 Mbyte/s926 Mbyte/s691 Mbyte/s
5min 4K video copy1:00min0:17min0:52min

特にベンチマークアプリ「PassMark」における書込速度がiPhone 7の32GBモデルにおける308Mbyte/sやiPhone 6s Plusの64GBモデルにおける200.6Mbyte/sと比較して、iPhone 7 Plusの32GBにおいては39.6Mbyte/sと極端に遅くなっており、こればベンチマーク結果に大きく影響して総合点でも低くなっています。

この結果だけでは、iPhone 7 Plusの32GBモデルだけなのか、iPhone 7の32GBも遅いのかわかりませんが、少なくとも部品の違いによってストレージの性能差がかなりあるように思われます。

とはいえ、iPhone 6s Plusの64GBモデルと5分の4K動画をコピーするのにかかった時間はほぼ同じでやや勝っているため、実際の性能として大きな問題がある程度なのか、それともiPhone 7の128GBと比べると約3倍かかっているため、やはり性能差としては不具合のレベルなのか気になるところです。

iPhone 6sシリーズでもチップセットの製造メーカーがTSMCとサムスン電子の2社あり、搭載しているチップセットのメーカーによって消費電力などが異なるといったゲート問題があり、当時、Apple
は通常の利用の範囲内なら問題ない程度であると案内を出していました。

今回のストレージについても今後のAppleの動きに注目したいところです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Report: The 32GB iPhone 7 Plus uses a much slower storage, our tests show - GSMArena blog