Google フォトが2021年5月末に無料で無制限のアップロードを終了!

Googleは11日(現地時間)、写真や動画のクラウドストレージサービス「Google フォト」において現在提供している画質をやや下げてより多くの写真や動画を無料で無制限保存できる「高画質」を2021年5月31日(月)に終了すると発表しています。

これにより、2021年6月1日(火)以降に新たにアップロードする写真や動画はすべてGoogle アカウントに付属する無料ストレージ(通常15GB)または有料ストレージサービス「Google One」にカウントされるようになるとのこと。

なお、2021年5月31日までに「高画質」の設定でアップロードした写真や動画はその後もGoogle アカウントに付属する無料ストレージやGoogle Oneのストレージとしてカウントされないということです。

またGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズからアップロードする写真や動画はこの変更の影響は受けず、2021年6月1日以降も「高画質」でアップロードする場合に無料で無制限にアップロードできるとしています。

02

Google フォトでは2015年5月より提供開始され、およそ1600万画素未満の写真やフルHD(1080×1920ピクセル)までの動画については圧縮などによってファイルサイズを最適化することで無料で無制限にアップロードできる「高画質」と、無圧縮でそのままアップロードできる「元のサイズ」が選べるようになっています。

Googleではその後、Google フォトが「写真やビデオを管理する」サービスから「人生の意味ある瞬間を振り返る」サービスへと進化し、現在では4兆枚以上の写真が保存されており、さらに毎週280億以上の写真や動画がアップロードされ続けているとし、多くの人が思い出を保存するため、単に優れたサービスであるだけでなく、長期的にニーズを満たし続けることが重要だと説明しています。

そのため、未来に向けてGoogle フォトを継続して提供するために、無制限の「高画質」の内容を変更することにし、2021年6月1日以降にアップロードする写真や動画については「高画質」の設定であってもPixelシリーズ以外からならGoogle アカウントに付属するストレージとしてカウントされるようになるということです。

03

04

なお、Google アカウントに付属するストレージはGoogle フォトだけでなく、Google ドライブやGmailなどの他のGoogleのサービスと共有されています。なお、同社ではGoogle フォトにアップロードされた写真や動画の情報を今後も広告目的で使用しないことを約束するとしています。

また2021年6月にGoogle フォトにアップロードした写真や動画を簡単に管理する新しい無料ツールが「写真」アプリ内で利用できるようになり、暗い写真やぼやけた写真、大きな動画など、削除したほうがいいかもしれない写真や動画を提案しながら残しておきたい思い出を見直すことができるようになる予定となっています。

05



[Image] QRコードアプリ名:Google フォト
価格:無料
カテゴリー:写真
開発者:Google LLC
バージョン:デバイスにより異なります
Android 要件:デバイスにより異なります
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.google.android.apps.photos

btn_android


[Image] QRコードアプリ名:Google フォト
価格:無料
カテゴリー:写真/ビデオ
開発者:Google LLC
バージョン:5.18
互換性:iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id962194608?mt=8

btn_itunes




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Google フォト 関連記事一覧 - S-MAX
Updating Google Photos’ storage policy to build for the future
Google フォト - 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる