Xiaomiが日本市場参入1周年!来年はFeliCa対応スマホも投入へ

Xiaomi(以下、シャオミ)は9日、昨年12月9日に「日本市場参入発表会」を開催してから1周年を迎え、参入からの1年を振り返り、2021年の展望としてさらなる日本におけるビジネス拡大や製品ラインナップ拡大、日本市場におけるニーズに応えることを予定していると案内しています。

特に製品については2021年も引き続いて多くの人に5G体験を身近に感じていただけるように魅力的かつリーズナブルなスマートフォン(スマホ)を発表していき、機能や価格面においてもバラエティに富んだラインナップを予定し、この1年で多くの要望があったFeliCa搭載スマホを発売する予定だとしています。

02
昨年12月に開催された日本市場参入発表会の模様

同社は2019年12月に日本市場に参入し、スマホでは参入第1弾製品「Mi Note 10」および「Mi Note 10 Pro」を皮切りに、今年6月には「Mi Note 10 Lite」および「Redmi Note 9S」を発売し、さらに初の移動体通信事業者(MNO)向けかつ5G対応となる「Mi 10 Lite 5G」がauから9月に発売されました。

これらの5つのスマホのうちでも特にRedmi Note 9Sは発売直後に大手Webストア「Amazon.co.jp」の売れ筋ランキング内「携帯電話・スマートフォン本体」のカテゴリーで49日間1位を記録し、最も販売台数が多かった機種となるなど、コストパフォーマンスに優れた製品として注目を集め、購入者からも高い評価を得ています。

03
日本市場参入第1弾スマホとなったMi Note 10とMi Note 10 Pro

またスマホだけでなくスマートデバイスにおいてはスマートバンド「Mi スマートバンド 4」が最も人気が高く、同じくAmazon.co.jpのランキング売れ筋ランキング内「活動量計」のカテゴリーで32週連続1位にランクインし、日本で最も愛用されているスマートバンドの1つとなっているなど、以下の9つの製品を日本市場で販売しています。

・Mi スマートバンド 5
・Mi 完全ワイヤレスイヤホン2 Basic
・Mi 完全ワイヤレス小型イヤホンBasic 2
・Mi 空気清浄機 Mi Air Purifier 3H
・Mi スマートバンド 4
・Mi IH炊飯器
・Mi 10000mAh Mi 18W 急速充電パワーバンク3
・Xiaomi メタルキャリーオンスーツケース 20インチ
・Xiaomi スーツケース クラシック 20インチ

このように同社ではこの1年を振り返って「日本の皆様、Miファンの皆様に温かく迎えられ、確実に日本市場にXiaomiブランドが浸透」したとし、2021年はさらなる日本市場での展開拡大をめざして展望を掲げ、スマホでは製品ラインナップ拡大とFeliCa対応製品の投入、スマートデバイスは15を超えるIoT製品(家電およびウェアラブル製品)を発売予定であるとしています。

また日本法人としてXiaomi Japanも設立しており、日本市場への長期的なコミットメントを継続するためにも2021年には日本法人のオフィス移転と拡張、日本オフィスの従業員数を2倍に増員、R&Dセンターの技術者を増員し、現在の2倍の規模に拡大する計画だということです。今後もXiaomiではIPO直前の2018年4月に宣言した「ハードウェア事業の純利益が5%を超えない」という方針を掲げ、優れた製品を適正な価格で提供することに注力していくということです。











記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xiaomi 関連記事一覧 - S-MAX
Xiaomi Japan