未発表スマホ「ASUS_I007D」の外観や一部仕様が判明!Qualcommとの共同開発モデルか

中華人民共和国(以下、中国)の国務院に属する工業和信息化部(Ministry of Industry and Information Technology;MIIT)は25日(現地時間)、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の中国法人である华硕电脑(上海)が未発表の5G対応Androidスマートフォン(スマホ)「ASUS_I007D」(許可証号:00-A742-218600)の認証を取得したことを公開しています。

ASUS_I007DはこれまでにもすでにBluetooth SIGなどの認証を取得していましたが、新たにMIITでは外観写真や一部のスペックが明らかとなり、約6.78インチ有機ELディスプレイやQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」、16GB内蔵メモリー(RAM)、512GB内蔵ストレージ、3840mAhバッテリー、Android 11などとなっています。

また外観画像から背面中央に「Snapdragon」ロゴが記載されており、以前からASUSがQualcommと共同でゲーミングスマホを開発しているという噂があり、ASUS_I007Dがそれに相当するのではないかと予想されます。なお、型番としてはユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission)にて「ZS676KS」が認証されています。

02

ASUS_I007Dはすでに販売されているゲーミングスマホ「ROG Phone 5(型番:ZS673KS)」とディスプレイやSoCなどの基本構成は同じものの、電池容量がROG Phone 5の6000mAhよりも少なく、さらに本体カラーもROG Phone 5はファントムブラックとストームホワイトの2色ですが、ASUS_I007Dは「星空蓝」(ブルー)が用意されています。

一方、リアカメラの配置などはROG Phone 5と似ており、ROG Phone 5は画面内指紋センサーですが、ASUS_I007Dには背面に指紋センサーらしきものが見えるなど、ROG Phone 5と部品や設計などはある程度共通化しつつ、違う製品として開発されていることがわかります。

03

04

また背面には「Snapdragon」ロゴの他に「ASUS」ロゴもあり、一方でROG Phone 5などに付けられている「ROG」ロゴはないため、製品名としては「ROG Phone」シリーズにはならないと考えられ、ゲーミングスマホであれば「ZenFone」シリーズでもなさそうで、どういった製品名になるのかも気になるところです。

なお、ASUSではROG Phone 5の他にもフラッグシップスマホ「Zenfone 8(型番:ZS590KS)」と「Zenfone 8 Flip(型番:ZS672KS)」を発表しており、以前よりROG Phone 5のソースコードからZenfone 8とZenfone 8 Flipの他にもう1機種開発していることが判明しており、これがASUS_I007Dであると思われます。

05

06


製品名ROG Phone 5Zenfone 8Zenfone 8 Flip
型番ZS676KSZS673KSZS590KSZS672KS
メーカー型番ASUS_I007DASUS_I005DASUS_I006DASUS_I004D
開発コード名VODKAANAKINSAKEPICASSO
画面6.78型FHD+6.78型FHD+5.92型FHD+6.67型FHD+
サイズ172.92×77.33×9.55mm173×77x9.9mm148×68.5x9mm165×77.3×9.5mm
質量217.7g239g170g230g
SoCSnapdragon 888 5G Mobile Platform
電池容量3840mAh6000mA4000mAh5000mAh

asusstore

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ASUS_I007D 関連記事一覧 - S-MAX
【华硕 ASUS_I007D手机】报价_参数_图片_华硕 ASUS_I007D手机报价_手机信息网
ASUS 台灣