ソフトバンクが5Gネットワーク状況について説明!パケ止まり対策で快適に通信可能

ソフトバンクは14日、オンラインにて「新サービスなどに関する発表会」を開催し、5G(第5世代移動通信システム)のサービスエリアの拡大と品質向上に向けた取り組みについて説明を行い、2022年春までに5Gの人口カバー率を90%にすることを目標にサービスエリアの拡大を推進していくと発表しています。

すでに9月13日時点で5Gの人口カバー率は59%超、基地局数は1万4000局超に到達し、より多くの人にソフトバンクの5Gを利用してもらえるようにイベント会場や商業施設などでのエリア対策も進めており、2021年10月末までに人口カバー率80%、基地局数2万局を達成する予定だとし、5Gのネットワーク品質についても「パケ止まり」対策を実施しているとのこと。

また5Gを活用したコンテンツやプロダクトの提供もさらに拡充していき、これまで提供してきた「5G LAB」において新たにスポーツ競技力向上をサポートするスポーツテックサービスの提供を2021年度中に開始するとのこと。アプリの全体監修と手本動画の制作は筑波大学アスレチックデパートメント(アスレチックディレクター:髙木 英樹)が協力しているということです。

02

ソフトバンクでは昨年3月より携帯電話サービス「SoftBank」にて5Gサービスを開始し、現在では携帯電話サービス「Y!mobile」や「LINEMO」でも5Gサービスを提供し、各ブランドともに3G/4G/5Gの共通ネットワークでサービスが提供されています。

そうした中で、サブブランドであるY!mobileの契約数が700万(前年比124%)を突破し、オンライン専用ブランドのLINEMOも100万契約(前年比127%)に達したほか、SoftBankおよびY!mobile、LINEMOにおける5Gプランの契約数は1000万を超えていることが明らかにされました。 

なお、全ブランドでのスマートフォン(スマホ)の契約数も2618万(前年比107%)と順調に推移しているとしています。そしてソフトバンクでは2021年を「5G利活用の元年」とし、新たに「New Lifestyle with 5G」をスローガンに5Gによって新たな体験でさまざまな価値を届けたいということです。

03

04

05

5Gネットワークについては直近では9月13日時点で5Gの人口カバー率は59%超、基地局数は1万4000局超に到達しており、2021年10月末までに人口カバー率80%、基地局数2万局を達成する予定だとしています。

さらにより多くの人にソフトバンクの5Gを利用してもらえるようにイベント会場や商業施設などでのエリア対策も進めているとのこと。主な対策エリアは https://cdn.softbank.jp/corp/set/data/news/press/sbkk/2021/20210914_02/pdf/5g-institution.pdf をご確認ください。

06

07

08

加えて品質向上に向けた取り組みを実施しており、5Gのサービスエリアを拡大していく中で5G基地局から離れた場所や5Gの電波が弱くなるエリアまで5Gによる通信を優先させた場合に「パケ止まり」という事象が発生することがあることが判明したとのこと。

これに対し、ソフトバンクでは5Gと4Gそれぞれの電波状況に応じて両システムを最適に組み合わせたシームレスなネットワーク構成にすることによってパケ止まりを抑制し、さらに5Gの基地局をクラウドに収容して展開することで今後全国で5Gの周波数帯によるCA(キャリアアグリゲーション)を提供することが可能になるため、より快適な5Gサービスを利用できるようになるということです。

10

11

12

13

また同社の分析ではパケ止まりの原因となる上り速度が低速になるケースは他社に比べて少ないとし、下り速度についてもソフトバンクの5Gネットワークでは100Mbpsを超える高速通信の割合が高いとし、パケ止まり対策の結果として下りでも快適な通信が可能となり、電波が多少悪くても上り速度が安定しているため、5Gでも快適に通信できていることが示されました。

09

14

15

また5Gを活用したコンテンツやプロダクトにもさらに磨きをかけていくとし、これまで提供してきた「5G LAB」はすでに累計ダウンロード数500万を突破したことが明らかにされ、新たにスポーツのDX化として筑波大学との協力で経験のない競技の部活動顧問をする教師に向けて指導の手本となる動画や骨格推定技術による分析を含めたフォーム指導などを提供する「スポーツテックサービス」が発表されました。

特に2020年11月から2021年3月にかけて実施した事前の実証実験でも期待通りの効果が得られたことを確認しているとし、ソフトバンクは部活動における専門的な指導者不足という社会課題の解決やスポーツ技術向上を目指す全ての方をサポートすることをめざすということです。またゴルフでについてはプロゴルファーの星野陸也氏の協力による指導内容も提供されるという。

16

17

18

19

20








LINEMO


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
5Gのサービスエリアの拡大と品質向上に向けた取り組みについて | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
部活動の課題解決と発展のためスポーツ競技力向上をサポートするスポーツテックサービスを提供開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
新サービスなどに関する発表会の模様をオンライン配信 | お知らせ | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
ソフトバンク