しろたんの超癒しグッズを見つけました!

40代のおっさんなのにかわいいものについつい反応してしまう筆者が見つけたかわいいデジタルグッズを紹介していく「#おっさんが見つけたかわいいガジェット」の第9回は、クリエイティブヨーコが手がけるなごみ系キャラクター「しろたん」の立体マスコットがキュートな「しろたんUSB加湿器」を紹介する。

筆者は乾燥肌にも関わらず、これまで加湿器というものに頼ることがなく、ましてやUSB加湿器のような卓上加湿器にも手を出してこなかった。乾燥肌は辛いため、加湿器にまったく興味がないというと嘘になるが、特に簡易的な卓上加湿器においては、正直効果があるとは思えなかったため、これまでは完全にスルーをキメ込んでいた。

ところが、このしろたんUSB加湿器を見た瞬間に一目惚れし、効果?何それおいしいの?とこれまでの価値観をひっくり返し、秒で購入することをキメた。とは言え、実物を見てみたいという理由もあり、9月に発売されたものの実際に店頭で購入したのは11月初めと1カ月半ほどのタイムラグがあった。熱がないワケではない、もうおっさんなので初動が遅れがちなのだ(言い訳)。

そんなしろたんUSB加湿器は、全国のしろたんショップやマザーガーデンなどのしろたん取り扱い店および「楽天市場」のしろたんタウンやマザーガーデン、大手Webストア「Amazon.co.jp」などのECサイトで販売されている。価格(金額は税込)は3,000円。

今回は、このしろたんUSB加湿器の開封から操作方法、使用感などをレビューする。

211119_shirotan_humidifier_02_960
しろたんUSB加湿器は「ホワイト」と「ピンク」の2色


211119_shirotan_humidifier_03_960
特徴と価格

しろたんUSB加湿器は、カラーバリエーションが「ホワイト」と「ピンク」の2色で、どちらもかわいいので2色とも購入したいところだが、悩みに悩んでピンクを購入した。正直、なぜ2色も出した!?と思ったが選択肢が多いことはいいことだ。

211119_shirotan_humidifier_04_960
個装箱正面


211119_shirotan_humidifier_05_960
個装箱背面


211119_shirotan_humidifier_06_960
個装箱左側面


211119_shirotan_humidifier_07_960
個装箱を手に持ったところ

ただかわいいだけの個装箱だと思っていたら、背面や側面には仕様や使い方、注意事項、手入れの仕方などがしっかりと記載されており取扱説明書を兼ねていた。かわいいだけではないのが、しろたんなのだ。

211119_shirotan_humidifier_08_960
内容物一式


211119_shirotan_humidifier_09_960
安全上の注意の用紙の両面


211119_shirotan_humidifier_10_960
microUSBケーブル

本体とmicroUSBケーブル、安全上の注意などの記載がされた用紙がすべての内容物となっている。本体のサイズは約11×11×11.4cm、重量は約230g、タンク容量は約170ml、加湿時間は約5時間。同梱していたmicroUSBケーブルは長さが1m弱のもので色はホワイト。なお、保証書のようなものは同梱していない。

211119_shirotan_humidifier_11_960
本体上部の噴霧口


211119_shirotan_humidifier_12_960
噴霧口に貼られている注意事項

本体の上部には噴霧(ふんむ)口があり、それを覆うように日本語と英語で注意事項が記載された透明のテープが貼られている。記載内容は以下の通り。
1.アロマオイルなどは故障の原因となりますので、ご使用にならないでください。
2.タンクには常温の水道水以外の液体を入れないでください。ミネラルウォーター、蒸留水、精製水はご使用できません。
3.3A以上の車や携帯電話の急速充電器では加湿器を使用しないでください。

実物は文字サイズが結構小さく見えにくいかったため、拡大写真を載せたり、文字起こししてみたりした。

211119_shirotan_humidifier_13_960
本体正面(しろたんがかわいい、ピンクもかわいい)


211119_shirotan_humidifier_14_960
本体背面


211119_shirotan_humidifier_15_960
本体底面


211119_shirotan_humidifier_16_960
本体上部


211119_shirotan_humidifier_17_960
しろたんがかわいい、ピンクもかわいい

とにかく、しろたんとピンクがかわいい。底面にはしろたんのロゴシールか貼られており、こちらもワンポイントのアクセントとしてとてもかわいい。ちなみに底面に3つ付いている足の先端はゴム製で優しい。

211119_shirotan_humidifier_18_960
本体上部を取り外す


211119_shirotan_humidifier_19_960
本体の下部がタンクになっている


211119_shirotan_humidifier_20_960
常温の水道水を入れる


211119_shirotan_humidifier_21_960
上蓋を閉じてmicroUSBケーブルを接続する


211119_shirotan_humidifier_22_960
噴霧&LEDライト点灯中の状態


211119_shirotan_humidifier_23_960
噴霧の高さはこれくらい


211119_shirotan_humidifier_24_960
LEDの光がタンクの水に反射する


211119_shirotan_humidifier_25_960
密かに癒される

上蓋は少しひねって開けるタイプで簡単に取り外すことができる。タンクに水道水を入れて、上蓋を今度は反対方向にひねって閉じる。microUSBケーブルを接続して電源スイッチを押せば駆動する。

今回はパソコン(PC)のUSB端子に接続して利用したが問題なく動作した。ちなみに最初はまったく無反応だったが、上蓋の内部に取り付けられている吸水芯に水をしっかり吸わせることで噴霧する仕様のようだ。噴霧し始めれば、その後は問題なく利用できた。なお、電源スイッチによる操作は以下の通り。

・1回短押し…電源ON(噴霧開始)→1回短押し…間隔的に噴霧→1回短押し…電源OFF
・1回長押し…LEDライト点灯(7色が自動で切り替わる)→1回長押し…押した時に光っていた色を固定して点灯→1回長押し…消灯

噴霧の切り替えとLEDの切り替えは別となっているため、噴霧せずただLEDを光らせて室内ランプとして使うこともできる。

また、噴霧の高さは環境にもよるがだいたい噴霧口から15cm程度で、2~3時間連続使用しても周囲が水浸しになることはなく、それどころかタンクの水がほとんど減らないほどだった。

本来の使い方ではないが、LEDを光らせて上蓋を外して持ち上げた状態にするとLEDの光がタンクの水を照らして幻想的な雰囲気を味わえる。下のタンク部分は透明でもよかったかもしれないと感じた。

とにかくかわいくて癒されるしろたんUSB加湿器はしろたん好きやかわいいもの好きに人にはもちろん、ちょっとしたプレゼントにもオススメできる製品だ。

最後に開封から動作までを試した動画を紹介する。LEDライトが点灯している雰囲気や操作方法など参考にしてほしい。



211119_shirotan_humidifier_26_960










■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
かわいいガジェット 関連記事一覧 - S-MAX
しろたん 公式サイト / SIROTAN Official site | クリエイティブヨーコ - まっしろでふわふわなたてごとあざらし"しろたん"の公式サイト。しろたんに関する様々なコンテンツを発信していきます。
クリエイティブヨーコ