auにてGoogle初のフォルダブルスマホ「Pixel Fold」が値下げ!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、携帯電話サービス「au」にて販売しているGoogle初のフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Pixel Fold」の公式Webストア「au Online Shop」などの直営店における価格(金額はすべて税込)を2023年11月1日(水)より改定したとお知らせしています。

auではこれまで286,080円(6,420円/月×23回+138,420円)で販売していましたが、改定後は253,000円(4,550円/月×23回+148,350円)に値下げされており、残価設定方式の販売施策「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担額も6,420円/月×23回(総額147,660円)でしたが、4,550円/月×23回(総額104,650円)となっています。

またキャンペーンによって機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円割引、「au Online Shopおトク割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。なお、日本で販売されるPixel Foldは各社ともにおサイフケータイ(FeliCa)や5Gのn79を含むSub6とミリ波mmWave)に対応している日本向け製品(型番「G0B96」)となっています。

02

Pixel FoldはGoogleが自社開発の「Made by Google」として展開している「Pixel」ブランドにおける初のフォルダブルスマホで、閉じた片面にカバーディスプレイ、開くと大画面なメインディスプレイが搭載されており、閉じた状態では普通のスマホのように、開くとタブレットのように使える「Galaxy Z Fold」シリーズなどと同じ横開きスタイルとなっています。

メインディスプレイはアスペクト比6:5の約7.6インチ2208×1840ドット有機EL(約380ppi)、カバーディスプレイは上部中央にパンチホールが配置されたアスペクト比9:17.4の約5.8インチFHD+(1080×2092ドット)有機ELで、ともに120Hzリフレッシュレートに対応したスムースディスプレイとなっているとのこと。カバーディスプレイはCorning製の強化ガラス「Gorilla Glass Victus」で覆われていますが、メインディスプレイはプラスチック保護層のみ。

05

またリアカメラは以下のトリプル構成で、パンチホール部分には約950万画素CMOS/広角レンズ(F2.2、画角84°)のフロントカメラが内蔵されています。さらに開いた状態では約800万画素CMOS/広角レンズ(F2.0、画角84°)のインナーカメラが搭載。サイズは閉じた状態で約139.7×78.74×12.7mm、開いた状態で約139.7×158.7×5.8mm、質量は約283g、本体色はObsidianとPorcelainの2色展開。

・約4800万画素CMOS/広角レンズ(F1.7、画角82°)
・約1080万画素CMOS/超広角レンズ(F2.2、画角121.1°)
・約1080万画素CMOS/望遠レンズ(F3.05、ペリスコープ式、光学5倍ズーム)

03

04

チップセット(SoC)にはPixel 7シリーズと同じ「Google Tensor G2」とセキュリティーチップ「Titan M2」を搭載し、内蔵メモリー(RAM)は12GB LPDDR5、内蔵ストレージ(UFS3.1)は256GBまたは512GB、外部接続・充電端子はUSB Type-C(USB 3.2 Gen 2)、バッテリー容量は4821mAhで、ワイヤレス充電(Qi)や急速充電(最大30W)に対応しており、駆動時間は最大72時間(スーパー バッテリー セーバー使用時)とされています。また防水(IPX8準拠)にも対応。

携帯電話ネットワークは日本市場向けのG0B96は対応周波数帯が以下のようになっており、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが1つあるほか、eSIMを搭載しています。OSはAndroid 13をプリインストールし、5年間のアップデートを保証。サイズは閉じた状態で約139.7×79.5×12.1mm、開いた状態で約139.7×158.7×5.8mm、質量は約283g、本体色はPorcelainおよびObsidianの2色展開。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

Google、初のフォルダブルスマホ「Pixel Fold」を発表!日本でも7月中旬発売予定。価格は25万3千円で、公式Webストアでは5万2千円還元 - S-MAX
Google初のフォルダブルスマホ「Pixel Fold」を写真を交えて紹介!外観や同梱品、基本機能、プリインアプリ、ベンチマークなど【レビュー】 - S-MAX

[5G mmWave + Sub 6 GHz JP] モデル G0B96
GSM / EDGE: クアッドバンド(850、900、1800、1900 MHz)
UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79
5G mmWave: 対応バンド n257 / n258 / n260 / n261




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Google Pixel Fold 関連記事一覧 - S-MAX
Google Pixel Fold | スマートフォン(Android スマホ)| au