オウガ・ジャパンの次の新製品はOPPO Aシリーズ!明日2月8日に「OPPO A79 5G」を発表か

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は7日、同社が展開する「OPPO」ブランドの公式X(旧:Twitter)アカウント( @OPPOJapan )においてティザーを投稿して「明日えぇやつがきます!次の新製品はAシリーズです!」として2024年2月8日(木)に低価格帯のスマートフォン(スマホ)である「OPPO A」シリーズの新製品を発表すると予告しています。

すでに紹介しているようにOPPO Aシリーズについては最新モデル「OPPO A79 5G」が日本向けの非接触IC機能「NFC(Type F/FeliCa含む)」に関する「誘導式読み書き設備」の認証を総務省の「高周波利用設備の型式指定・型式確認の公示」において「CPH2557」および「A303OP」として取得していること明らかとなっています。

これにより、恐らくこののOPPO A79 5Gが日本にてオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO A79 5G(型番:CPH2557)」とソフトバンク版(携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」向け)「OPPO A79 5G(型番:A303OP)」として発表されることが予想されます。


OPPO A79 5GはOPPOブランドにおけるエントリーからミッドレンジクラスのOPPO Aシリーズの最新機種で、エントリーモデルながらも最大33Wの急速充電「SUPERVOOC」に対応した大容量5000mAhバッテリーを搭載して電池持ちが良いほか、新たに「OPPO Glowing Feather Design」を採用し、背面パネルがエレガントな羽をイメージしたダイヤモンドのようにキラキラと光りが変化するようになっています。

ディスプレイは上部中央にパンチホールを配置したアスペクト比9:20の約6.72インチFHD+(1080×2400ドット)液晶(約391ppi)を搭載し、リフレッシュレートは最大90Hz、タッチサンプリングレートは最大180Hz、8bitカラー(1670万色表示)、輝度最大680nits、色域NTSC 96%に対応し、画面の周りの縁(ベゼル)は狭く画面占有率が91.4%に達しています。パンチホール部分には約800万画素CMOS/広角レンズ(F2.0、画角80°、4P)のフロントカメラが内蔵され、顔認証に対応するほか、生体認証としては側面指紋センサーも搭載しています。

05

また画面はTunghsu Optoelectronic製強化ガラス「Panda Glass」によって二重に覆われていて傷つきにくく割れにくくなっており、生活防水(IPX4)に対応しているとのこと。本体色はMystery BlackおよびGlowing Green、Dazzling Purpleの3色展開で、サイズは約165.6×76.0×7.99mm(Dazzling Purpleは約8.04mm)、質量は約193g。リアカメラは以下のデュアル構成で、さらに赤外線(IR)フォーカスセンサーも搭載し、ナイトモードやポートレートモード、プロモード、タイムラプス撮影、パノラマ撮影などに対応。

・約5000万画素CMOS/広角レンズ(F1.8、画角77°、5P、AF)
・約200万画素CMOS/モノクロデプスカメラ(F2.4、画角89°、3P)

主な仕様はMediaTek製チップセット(SoC)「Dimensity 700(MT6833)」(オクタコアCPU「2.2GHz Arm Cortex-A76×2+2.0GHz Arm Cortex-A55×6」、950MHz Arm Mali-G57 MC2 GPU)および4GBまたは8GB内蔵メモリー(RAM)、128GBまたは256GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、USB Type-C端子(USB 2.0)、3.5mmイヤホンマイク端子、NFC Type A/B、FMラジオ、位置情報取得(A-GPS、BDS、GLONASS、Galileo、QZSS)。なお、RAMはLPDDR4X(デュアル16bitチャンネル2133MHz)、内蔵ストレージはUFS 2.2(2Lanes HS-Gear3)となっています。

04

音響面では音量が大きいウルトラリニアデュアルスピーカーを搭載し、Dirac 3.0の優れた自動オーディオ最適化技術によって耳障りなノイズが抑制され、最適なステレオサウンドが提供されます。通信面ではIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 5.3 LEに対応するほか、SIMはmicroSDカードスロットとは別にnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのあるトリプルスロットで、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応し、携帯電話ネットワークの対応周波数帯は販売される国・地域によって異なっており、以下のバージョンがあるとのこと。

[Version 1]
GSM: 900/1800/1900/850MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/66
LTE TDD: Bands 38/39/40/41
5G NR: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78

[Version 2]
GSM: 900/1800MHz
WCDMA: Bands 1/5/8
LTE FDD: Bands 1/3/5/8/28B
LTE TDD: Bands 40/41
5G NR: n1/n3/n28B/n40/n41/n77/n78

[Version 3]
GSM: 900/1800/1900/850MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/26/28
LTE TDD: Bands 38/39/40/41/42
5G NR: n1/n3/n28/n41/n77/n78

センサー類は環境光センサーや近接センサー、地磁気センサ、ジャイロセンサー、重力センサー、歩数計センサーに対応。OSはAndroid 13ベースの独自ユーザーインターフェイス(UI)「ColorOS 13.1」をプリインストールし、RAM拡張機能などが利用できます。連続通話時間は約1560分、連続動画再生時間は約14時間で、30分で51%まで充電可能。付属品はUSB ACアダプターやUSB Type-Cケーブル、SIMピン、保護ケース、安全ガイドおよびクイックガイドなどの紙類。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
S-MAX - Facebookページ
OPPO A78 5G 関連記事一覧 - S-MAX
OPPO A79 5G | OPPO Global
OPPO Mobile for Smartphones & Accessories | オウガ・ジャパン