普段、目にすることの少ないドコモの法人向け展示やインフラ機器などがInterop2024で展示!

去る2024年6月12日(水)~14日の3日間、千葉県の幕張メッセにてインターネットテクノロジーとその関連ビジネスなどを扱う展示会、「Interop Tokyo 24」(主催:Interop Tokyo 実行委員会)が開催されました。(併催イベントとして「デジタルサイネージジャパン2024」、「アプリジャパン2024」、「画像認識AI EXPO2024」が同時開催)

ネットワーク関連技術やその関連機器などを扱う企業が出展している展示会ということで、さっそく取材へ行ってまいりましたので、前後編の2回に分けてブースレポートをお送りします。

前編となる本記事では従来のものよりもコンパクトになった5G対応の臨時基地局「キャリー5G」などを展示していたNTTドコモのブースのレポートをお送りしようと思います。

【キャリー5G】

01
可搬型臨時基地局「キャリー5G」の新モデル「コンパクトキャリー5G」

キャリー5Gは通常の基地局設置工事をすることなく、5G(4G含)の通信エリアを期間限定で構築することができるNTTドコモの提供している可搬型基地局サービスです。

今回展示されていたのは新しく開発された小型になった新モデル「コンパクトキャリー5G」で、これまでのキャリー5G用の可搬型臨時基地局は「本体サイズ 横幅 約135cm × 高さ 訳140cm × 奥行 約100㎝・本体重量が約90㎏~」に対して、コンパクトキャリー5Gは「本体サイズ 横幅 約60cm × 高さ 訳40cm × 奥行 約40㎝・本体重量が約10㎏~」と本体サイズは約4分の1、重量は約9分の1となり、可搬性が大きく向上しているのが特徴です。
02
「コンパクトキャリー5G」の概要


03
従来のキャリー5G(画像左側の実物大の図)とコンパクトキャリー5G(実機)を比べると一目瞭然の違いがわかります

キャリー5Gの性能は町中に設置されている通常サイズの基地局(いわゆるゾーン基地局ではないもの)と概ね同等の処理能力を持っているということで、イベントやお祭り・工事現場などにおいて一時的なエリア化(エリア強化)の要望などを受けて現地の状況などを調査し、見積もりを提示したうえで一時的なエリア提供を行います。

利用料金は最小構成150万円~で、要望のスペック、エリアの広さ、サービス提供期間、保守メニューなどで変動(上乗せ)されていくということです。

なお、説明員に「例えば、コミックマーケット(年2回開催されている世界最大の同人即売会、各日10数万人の参加者がビックサイトに集結する)のような大規模なイベントで今後、キャリー5Gは使われていくのか?」と質問したところ「コミックマーケットの規模になるとキャリー5Gでは力不足でさらに収容力の大きな(移動)基地局車を複数台出動させないと、とてもカバーしきれないので、あそこまでの規模のイベント向けではないです。」とのことでした。


【5Gワイド】

04
速度を優先して割り当てる5Gワイド

5Gワイドは「5Gワイドに登録したデバイスから基地局までの無線区間を対象とした」サービスで、一般ユーザーと比べ優先的にパケットを割り当てることにより、モバイルデータ通信の通信速度向上と通信安定化を提供するというものです。(5Gおよび4Gでの)

利点として、
・同一エリア内の一般ユーザーと比較し、通信速度向上が見込める

・一般ユーザーに比べスループットの速度変動(揺らぎ)が少ない通信を実現し、混雑エリア・時間帯においても通信の途切れることがなく、安定した通信が可能になる

といった恩恵を得ることができます。
0506
「5Gワイド」の大まかな概要の書かれていた展示パネル


想定している利用シーンはバスなどの自動運転車両用のカメラ、運輸・交通インフラ(駅や空港)におけるスタッフ間の連絡用回線、遠隔地へのオンライン医療、メディアの動画配信(カメラ映像)などで、全国の5Gおよび4G(LTE)通信エリアで利用可能であるということです。

利用料金などについてはNTTドコモビジネスの担当営業に問い合わせが必要になります。

ブース内で5Gワイドの適用をした場合とそうでない場合以外は同じ条件で映像データを送信した場合の違いを比べるデモンストレーションも行っていました。
07
左側が5Gワイド非適用で右側が5Gワイドを適用した動画を比較したデモンストレーション。一目見て右側の方が鮮明なのがわかる



その他、NTTドコモのブースでは現在、NTTが研究開発中(および、一部法人向けに提供している)の「IOWN(アイオン:Innovative Optical and Wireless Network)」や「ローカル5G」の展示などを行っていました。
0809
IOWNのコーナーと展示パネル

1011
IOWNの展示パネルとデモンストレーションに使われていた通信機材

13
IOWNを活用したバーチャルライブの機材


14
ローカル5Gの解説パネル

15
ローカル5Gの仕組みを利用した入館システム


今回展示されていたこれらのソリューションはNTTドコモビジネスなどのWebサイトでも見ることができますので、興味のある方は是非、Webページを見てみましょう。ぴったりな法人向けサービスなどがみつかるかもしれませんよ!


記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Interop Tokyo公式サイト
ドコモビジネス|NTTコミュニケーションズ オフィシャルサイト
IOWN(NTT研究開発のサイト)