S-MAX

年末企画

偏ってるのはわかってます!?QWERTYキーなどの個性派機種愛好家ライター・河童丸の2020年に入手したスマホなどを一気に紹介【コラム】


河童丸が2020年中に手を出したガジェットたちをざっくり紹介!

2021年、新年あけましておめでとうございます。昨年(2020年)は国内でも5G対応スマートフォン(スマホ)が登場し、まだまだ全国的には浸透していないものの、スポット的にはその恩恵にあずかることも多くなってきました。

本記事は年末年始恒例の筆者・河童丸が入手した製品を振り返る「2020年度版」として昨年中に筆者が手を出したスマホやタブレットなどのガジェットたちをざっくりと紹介していこうと思います。

振り返る前に毎年説明してはいるのですが、筆者の欲しがるガジェットのアク個性が強いため、どうにもメジャーな製品を手にすることが少ないです……だからこそ他の人にはないポイントを愛し愛でているのですが、それは置いておくとしてネタ枠でちょっとでも楽しんでもらえればと思い、この記事を書いております。それではご覧ください!

続きを読む

【年末企画】大手中国メーカーの踏ん張りに期待しつつ、個性ある変態端末の多数登場に喜ぶ2018年!手を出したガジェット振り返り(個性派端末愛好家ライター・河童丸)


性能競争は終わり!?これからは独自性でスマホを選ぶ時代だと断言する個性派端末大好きライター河童丸の2018年振り返り

こんばんは、個性派端末が大好きなモバイルライターの河童丸です。2018年も終わりに近づき、いよいよ「5G」のローンチが聞こえてくる2019年をもうすぐ迎えます。みなさま、今年は何台スマホ買った?どんなスマホを選んで買われましたでしょうか?

ここ最近はスマートフォン(スマホ)の基本的なスペックにおけるハードウェア面ではかなり成熟したこともあり、Androidではハイエンドモデルは Snapdragonの800番台、そして、ミドルからエントリークラスは600番台や400番台といったようにターゲット層による違いこそあれど、おおよそどのメーカーも大きな差は見られなくなってきました。

一方で、今年はカメラ機能をとことん追求した機種やゲームに特化した機種、バッテリー容量を巨大化したり、頑丈さを追い求めたりといった基本性能以外の個性が光る長所による差別化が目立った独自性のある製品が再び現れてきた1年だったと思います。

国内でも本体がスライドしてカメラが現れるフラッグシップスマホ「OPPO Find X」やオプションで折りたたみ型2画面モデルとして利用できるゲーミングスマホ「ASUS ROG Phone」なども発売され、海外ではさらに前後両面にカラーディスプレイを搭載した「Nubia X」などが登場しており、この勢いで今後も強烈な個性を持った魅力的な製品が次々と現れてくれるのを期待したいところです。

さて、そんな個人的にも盛り上がりを感じたこの2018年ですが、今回は普段執筆している記事とは違い、少し砕けた調子でお送りする毎年恒例な1年を振り返る「年末企画」として本記事では筆者が今年購入したスマホやタブレットのざっくりとした感想や想いなどを紹介したいと思います。筆者の主観100%な2018年に手を出した端末の振り返り、お楽しみください。

続きを読む

【年末企画】2018年はカメラ機能の進化とゲーミングスマホに驚いた!物欲を刺激されたスマホが多かったのでまとめてみた(ライター・2106bpm編)


2018年モデルで注目した機種をまとめます!

今年もやって参りました年の瀬ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも毎年恒例の年末企画をお届けしておりますが、2010年から数えて早いもので9回目です。

私は個人的な事情もあって、4年ぶりにこの企画の記事を書いています。いやー、久しぶり!普段の記事とは違い、緩い感じで書いていきますので、緩い感じで読んで頂ければと思います。

続きを読む

【年末企画】映像が変わるよ!?縦長ディスプレイが与えるデザインとコンテンツと操作性――進むAI化でスマホもさらに進化(編集長・memn0ck編)


2017年も今日で終わり!年末企画・memn0ck編書いたよー。

今年も1時間のみと本当に残りわずかになりました。ここ数年は特に師走どころか年末年始もあまり感じず、季節感なく新年を迎えそうです。さて、そんな時期にサクッと紹介するこの「年末企画」。

例年に続いて今年も他のライターさんたちに続いて今年の振り返りをしたいと思います。筆者のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイルガジェットの購入数は昨年とほぼ同じ13台で、ここ数年は「1ヶ月に1台」というおおよそのペース通りとなっていますが、他の方と同様に1台当たりの単価は上がってトータルの出費は上がっていそう。

特にSnapdragon 835の出来が良かったのかAndroidのハイエンドは完成度が高い機種が多く4台も購入し、さらにiPhoneもiPhone 8シリーズとiPhone Xが同時発表されたので両方買うといったことでハイエンドスマホの購入が多くなってしまいました。年末に「HUAWEI Mate 10 Pro」も欲しかったものの、これ以上は……。

昨年と比べると、デュアルカメラや各種オートフォーカス、センシング技術、2.5Dラウンドディスプレイなどに加え、新たに縦長ディスプレイによる“ほぼ全画面デザイン”やAI(人工知能)系が追加されスマホ自体の次世代要素がさらに増えたように思えました。というわけで、その辺りも含めいろいろと書いていきたいと思います。

続きを読む

【年末企画】2017年は「HUAWEI P10」とコルグ「Gadget」、トゥルーワイヤレスイヤホンERATOの「VERSE」にハマった!よく使ったものを振り返る(フリーライター・mi2_303編)


今年も数々の取材に行きました!2017年の気に入った3点を紹介

今年1年を振り返る「年末企画」。2017年も多くの取材に行き、この企画も年末ギリギリに……昨年は書いていないようなので良しとたい。さて、今年はスマートフォン(スマホ)ではサムスン電子の「Galaxy S8・S8+」や「Galaxy Note8」、アップルの「iPhone 8・8 Plus」や「iPhone X」など、ハイエンドモデルの印象が強かったように思う。

特にiPhone Xに関しては賛否両論があり、良くも悪くも注目を集めているのは確かだ。懸念されたホームボタンの廃止も、実際使ってみると新しい体験ができるようになっており、まとめ方がうまいと感じた。一方で、デザインや機能などは魅力的なのだが価格だけは……というわけで、筆者は無難にiPhone 8と、発表会でひと目惚れしたGalaxy S8を購入している。

そして今、メインに使っているスマホはPhone 8でもなくGalaxy S8でもない。夏に購入いたファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P10」(以下、P10)である。今回はP10を含めて、今年よく使ったものを3つ紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。