bc30f983.jpg

Xperia acro SO-02Cが7月9日に発売開始!

NTTドコモは、今夏に発売する「2011年夏モデル」のうちXperiaシリーズの最新モデルでおサイフケータイやワンセグ、赤外線搭載のAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)スマートフォン「Xperia acro SO-02C」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)を2011年7月9日(土)に発売開始することをお知らせしています。また、発売に先立ち、2011年6月28日(火)から事前予約を受け付けるとのことです。

Xperia acro SO-02Cは、今年3月に発売された「2011年春モデル」のひとつとして販売中の「Xperia arc SO-01C」の機能をなにひとつ削らず、国内におけるユーザーのニーズが高い「おサイフケータイ(Felica)」や「ワンセグ」、「赤外線機能」の3つを追加したモデルです。他にも、文字入力システム「POBox touch」もバージョンが4.1になっていたり、Facebook連携など、プリインストールされているアプリケーションが増えています。

カラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2色に加え、アクア(ブルー)を追加した3色が用意されています。ブラックはマットで均一塗装、ホワイトとアクアはグラデーションがかかった塗装となっています。

ディスプレイは、Xperia arcと同じ4.2インチフルワイドVGA(480×854ドット)の高精細リアリティディスプレイを採用しており、クリアブラックパネルで黒がくっきりと映るほか、液晶をオフにしたときにも本体と一体化した美しいデザインを演出しています。

ワンセグは、視聴のみ対応で、録画には対応していませんが、テレビブランド「BRAVIA」の画像処理エンジンをスマートフォンなどのモバイル機器に応用した「モバイルブラビアエンジン」も採用されており、ワンセグやムービー、フォトなどをよりあざやかに視聴できるようになっているということです。ワンセグアンテナは、本体右側面中央付近という珍しい位置に搭載されており、回転するロッドアンテナとなっています。

サイズが約127×62×11.5mm、質量が約134g。スペックとしては、プロセッサにQUALCOMM Snapdragon QSD8255 1GHz、1500mAhバッテリー、本体メモリーにRAM512MB/ROM 1GB、無線LAN(Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n準拠)、Bluetooth:2.1+EDR、GSM/W-CDMA(HSPA)、FOMAハイスピード(下り最大14.4Mpbs/上り最大5.7Mbps)、赤外線機能、照度センサー、近接センサー、電子コンパス、加速度センサー、A-GPS、microUSB、microHDMI、3.5mmイヤホンマイクジャックなどを搭載しています。

カメラ機能は、Xperia arcと同様、ソニーが開発した裏面照射型CMOS「Exmore R for Mobile」を採用した有効810万画素CMOSカメラを搭載。F2.4の明るいレンズとともに暗い場所での高感度撮影も低ノイズで撮影できるようになっています。他にも、HDムービー撮影(720p)やコンティニュアスAF、顔認識エンジン、シーン検出撮影などに対応。

ドコモの夏モデルとしては、すでに発売開始されている「AQUOS PHONE SH-12C」や「Optimus bright L-07C」、発売日が決定されている「GALAXY S II SC-02C」や「MEDIAS WP N-06C」に続き、発売となる見込み。

まだ正確な発売日が決定したわけではありませんが、決定次第、別途お知らせされるとのことです。また、事前予約は、ドコモショップによって受付台数などは異なるため、詳しくは、各店舗に問い合わせして欲しいとのことです。また、ドコモオンラインショップでの事前予約はないとのことです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Xperia(TM) acro SO-02C | 製品 | NTTドコモ