UQ mobileの新主力スマホ「AQUOS sence」を写真と動画で紹介!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は23日、都内にて「新商品タッチ&トライ会」を開催し、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において「2017年冬モデル」として新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」(シャープ製)を発表しました。発売時期は2017年11月下旬を予定しています。

AQUOS senceはシャープが新しいスタンダードシリーズとして今冬より投入する機種で、手頃な5インチサイズながらIGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリーなどを搭載し、おサイフケータイや防水・防塵に対応したコストパフォーマンの高い製品で、同型機としてNTTドコモ向けの「AQUOS sense SH-01K」や、au向けの「AQUOS sense SHV40」も発売されます。

今回のタッチ&トライ会でも実機が展示されており、実際に触れることが出来ましたので写真や動画とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能や機能についてはこちらの記事も併せてご覧ください

aquos-sence-002
本体カラーはエアリーブルー、シルキーホワイト、ベルベットブラックの3色



展示機を見てやはりまず目を引くのはUQ mobile専用カラーとして用意されたエアリーブルーです。ブルーがコーポレートカラーでもある「UQ」らしいカラーチョイスですが、その色合いは非常に淡い爽やかなライトブルーで女性にもオススメしやすい仕上がりです。

各色ともに筐体はマットな質感で手触りもよく、指紋がほとんど目立たないのが使いやすい点です。また本体両側面は曲面にエッジを僅かに立てた独特な形状をしており、手に馴染みやすくしかもしっかりと手に引っかかる、実に持ちやすいデザインになっています。テーブルから持ち上げる際にもこの形状が非常に便利です。

aquos-sence-003
正面。下部に指紋センサーを搭載。フロントカメラは約500万画素


正面のディスプレイパネルも本体カラーに合わせた色合いとなっていますが、エアリーブルーのモデルは本体よりもさらに淡い色調となっており、平坦な一色ではないツートンカラーを楽しめるようになっています。指紋センサーはロック解除の他にホームキーとしても機能し、こちらも明快な操作性があり使用感が良好でした。

またディスプレイガラスには曲面処理が施された強化ガラスが採用されており、こちらも持った際の手触り感の良さにつながっています。

aquos-sence-006
本体とディスプレイパネルの微妙な色味の違いが美しい


ディスプレイには約5.0インチフルHD(1920×1080ドット)のIGZO液晶を搭載し、発色の良さと低消費電力を両立。2700mAhのバッテリーと併せ、連続待受時間で650時間、連続通話時間で1330分というロングライフ性能を獲得しています。

aquos-sence-004
背面。カメラは約1310万画素


本機はIPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵性能で、水に濡れた指先で操作しても誤操作が起こりにくくスムーズな操作ができるとしています。防水キャップ式の各種カードスロットはmicroSDカードとnanoSIMカードを並べて入れるタイプで、microSDは256GBのmicroSDXC規格まで対応しています。

aquos-sence-005
下側面。外部接続端子にはキャップレス防水タイプのUSB Type-Cを採用


aquos-sence-007
上側面。3.5mmイヤホンマイクジャックもキャップレス防水


aquos-sence-008
左側面。各種カードスロットは防水仕様のトレータイプ


aquos-sence-011
カードトレイは非常に小さくカードを落としやすいので頻繁な差し替えには向かない


aquos-sence-009
右側面。電源キーと音量調節キーがある


aquos-sence-010
両側面の独特な形状が実に持ちやすい


AQUOS senseの本体デザインやUQ向け専用カラーの紹介などは以下の動画からもご覧いただけます。


S-MAX:UQ mobile「AQUOS sence」タッチ&トライ

動画リンク:https://youtu.be/f0vNCX_Ovsc

■すべてが「ど真ん中」の良品質スマホ
性能面ではCPUにQualcommのオクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937/1.4GHz×4+1.1GHz×4)」を搭載し、RAM(内蔵メモリー)は3GB、ROM(内部ストレージ)は32GBを搭載することで余裕のある快適な操作感を実現。Web閲覧からゲームまで幅広く楽しめる仕様となっています。

おサイフケータイ(FeliCa)は搭載する一方で、ワンセグやフルセグは非搭載とするなど、ミドルレンジスマホとしての機能の取捨選択はきっちりとしている印象です。記事執筆時点ではまだ販売価格などは公表されていませんが、担当者によると「お求めやすい価格にする」とのことで、「格安SIM」や「格安スマホ」を標榜するUQ mobileらしい価格に落ち着くのではないでしょうか。

デザイン的にも老若男女問わず使える魅力的な中性感があり、性能や機能的にもスマホの最新モデルにおけるミドルレンジのど真ん中といった雰囲気です。その上で高い防水・防塵性能を有し水に濡れた手でも扱いやすく、さらに指紋認証による利便性をセキュリティ性の高さも備えた本機は、どなたにも安心してオススメできる端末に仕上がっているように感じます。

aquos-sence-012
「良品質」という言葉が似合いそうな機種だ




記事執筆:あるかでぃあ


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
AQUOS sense 関連記事一覧 - S-MAX
AQUOS sense|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile