S-MAX

4G

NTTドコモが3Gサービス「FOMA」を2020年代半ばに終了する方針を明らかに!2020年春に5G導入で1兆円投資で、維持費などのコスト削減などへ


docomoが3Gサービス「FOMA」を2020年代半ばに終了へ!

NTTドコモは31日、都内にて「2019年3月期 第2四半期決算発表」の説明会を行い、登壇した同社 代表取締役社長の吉澤和弘氏が3G(第3世代携帯電話システム)サービス「FOMA(フォーマ)」について「できれば、2020年代半ば終了したい」という方針を明らかにしました。

これにより、早ければ2025年頃にFOMAのみに対応する製品が使えなくなることが判明しました。同社では来年の2020年に次世代の「5G(第5世代携帯電話システム)」を導入予定で、その後、2世代前の3Gをシュリンクしていくことになります。

続きを読む

NTTドコモが通信サービスを下り最大375Mbpsに高速化!3.5GHz帯やTDD・FDDの異なる方式によるCAも合わせて6月より提供開始――説明会で対応機種についても言及【レポート】

NTTドコモが通信サービスをさらに高速化!3.5GHz帯とFDD/TDDのCAなどを6月から提供に

NTTドコモは2日、都内にて「ネットワーク説明会」を開催し、今年6月より国内最速となる受信時最大375Mbpsの高速通信サービス「PREMIUM 4G」および3.5GHz帯(Band 42)によるTDD方式(時分割複信)のLTE(TD-LTE)による受信時最大370Mbpsのサービス提供を開始すると発表した。

これらはすでに提供しているLTE-Advancedの技術要素の「キャリアアグリゲーション(CA)」における3つの波を束ねる3CC CAの対応状況を進めたもので、特に受信時最大370Mbpsについては異なるFDD方式(周波数分割複信)とTDD方式を束ねたサービスになる。

また、300Mbps超のエリアは、通信トラフィックの緩和を目的として都市部を中心に展開する。さらに高速な375Mbpsのエリアについては、東京では新宿と池袋の一部にエリアを設ける。また、3.5GHz帯重点地区として東京および新橋、品川、渋谷、新宿、池袋の山手線エリアが挙げられた。

この高速通信に対応した端末が今後に発表および発売されることも質疑応答で明らかにされたが、対応する端末がどのような製品になるのかなどの詳細については決定後、正式に発表するという回答に留まったが、時期的に見て恐らく「2016年夏モデル」として登場しそうだ。今回はこれらの高速通信について紹介していく。

続きを読む

ソフトバンク、4G LTEの1.5GHz帯で2017年4月以降順次提供開始および1.7GHz帯で15MHz幅へ2018年2月以降順次拡大!3Gは1.5GHz帯を2017年3月末、1.7GHz帯を2018年1月末に終了に


SoftBankとY!mobileのLTEおよびW-CDMAの周波数帯が順次移行!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は11日、SoftBankおよびY!mobileの2つのブランドで利用している携帯電話網について4G(FDD-LTE方式)の拡大およびそれに伴う3G(W-CDMA方式)の終了について発表しています。

まず、4Gについては現在3Gにのみ利用している1.5GHz帯について2017年4月以降順次提供開始し、さらに1.7GHz帯についても現在10MHz幅で提供しているものを2018年2月以降順次15MHz幅へ拡大するということです。

また、これに伴い、3Gは1.5GHz帯を2017年3月末、1.7GHz帯を2018年1月末に終了し、さらに1.5GHz帯については終了に先駆けて2016年9月以降に関東の一部地域にて下り最大通信速度が低速化されるとしています。

続きを読む

ラオス・ビエンチャンを訪問!現地携帯電話会社「Lao Telecom」のプリペイドSIMで4G LTEサービスを試してきた【レポート】


ラオスの4G LTEサービスを試してきた!写真はビエンチャンに位置するLao Telecomの本社

ラオス人民民主共和国(以下、ラオス)のLao Telecommunicationsは同国初の4G LTEサービスを導入した移動体通信事業者(携帯電話会社)で、2012年11月に首都のビエンチャンで開催された第9回アジア欧州会合(ASEM)に合わせて2012年10月より4G LTE(以下、LTE)サービスを提供している。その後、2015年5月下旬にUnitelブランドで展開するStar TelecomがLTEサービスを開始するまで、Lao Telecommunicationsはラオスで唯一のLTEサービスを提供する移動体通信事業者であった。

今回はラオス・ビエンチャンを訪問し、実際にLao TelecommunicationsのLTEサービスを試してきたので、そのレポートをお伝えする。なお、Lao Telecommunicationsの正式な社名はLao Telecommunications Company Limitedであるが、一般的には略してLao TelecomまたはLTCと呼ばれることが多いため、本記事では以下よりLao Telecomと表記する。

続きを読む

NTTドコモ、下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」をJR大阪環状線の駅間も含むぐるっと1周で提供開始


NTTドコモのPREMIUM 4GはJR大阪環状線ぐるっと1周対応!

NTTドコモが下り(受信時)最大225Mbpsの高速通信サービス「PREMIUM 4G」のエリア化を拡大しており、サービス開始時の2015年3月27日(金)に西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)が運営する「JR大阪環状線」の全駅対応に続き、2015年6月30日(火)にJR大阪環状線の全駅間においても対応したとお知らせしています。

同社ではPREMIUM 4Gのサービス開始時である今年3月27日時点ですでにJR大阪環状線の全駅対応を案内していましたが、駅間にも対応して常にキャリアアグリゲーション(CA)を利用した高速通信が利用できるようになっています。なお、下り最大225Mbpsを利用するには対応機種が必要です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。