ミクのコスプレイヤーさんもいますよ!

昨日19日(木)から千葉・幕張メッセで始まったゲーム関連イベント「東京ゲームショウ 2013(TGS 2013)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)。その一角に、スマートフォン用ゲームやソーシャルゲームをフォーカスした「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」というものがあります。

このコーナーの面積のだいたい5分の1ぐらいを占めているのが、「Smartphone Special Area」。人気のスマートフォン・タブレットブランド「Xperiaシリーズ」を擁するソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)のブースです。当然、ここで使われているスマートフォンやタブレットはすべてXperiaブランドのものです。

このブース、よーく見てみると、最近、グローバルで発表された「Xperia Z1」や先日発売した3万9000台限定の「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」などが展示されています。今回は、そんなソニーモバイルブースを紹介していきます。


Xperia feat. HATSUNE MIKUはショーケース展示

恐らく、TGSを訪れるゲーマーが一番興味を持つであろうXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eは、パッケージの内容物をショーケースに入れて展示しています。残念ながら実機や同梱品に触れることはできませんが、その代わり、初音ミクのコスプレをしたコスプレイヤーさんがすぐ近くにいます。複数人いるようで、時間帯によっては“ふたり”の初音ミクを見かけるかもしれません。


Xperia Z1もあります

スマホ好きの諸兄が気になるであろうXperia Z1も、実機らしきものをショーケースに入れてしています。先代の「Xperia Z」(日本では「Xperia Z SO-02E」)と比較して少し丸みを帯びた側面などは見ただけでも持ちやすくなった予感がします。こちらに関しては、東京・銀座のソニープラザで29日まで開催している「Xperia Z1 Japan Premiere」で実機に触れることができます。このショーケースにも、ソニープラザで先行体験会をやっているので是非来てちょうだい的なことが書いてありました。


「SmartWatch 2」や「Cyber-shot QX」などもあります

Xperiaで使える各種周辺機器もショーケース内に展示されています。ソニーモバイルコミュニケーションズが手がける「SmartWatch 2」や、親会社のソニーが来月発売予定のレンズスタイルカメラ「Cyber-shot QX10」や「Cyber-shot QX100」もあります。

このほか、Xperiaを使ったスマホ・タブレットゲームの提案がなされています(むしろこっちが本題かもしれません)。特に、3Dヘッドマウンドディスプレイとの組み合わせは必見です!

記事執筆 : Sho INOUE(せう)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
Xperia × TOKYO GAME SHOW 2013