shimajiro@mobiler - 「i-Sim」の有料サービスの告知チラシ

既報通り、以前に紹介した香港の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるGreen-i Sim Motionが香港限定で提供している無料で使えるSIMカード「i-Sim」に香港・マカオ・台湾の3地域での3Gデータ通信および音声通話が使い放題になる有料会員向けサービス「i-Sim Card HK-TW-MO」が開始した。

年会費は98香港ドル(約1,500円)で、SIMカード1枚につき有効期間は10日間、SIMカードは年間6枚まで受取することができる。今回は実際にi-Sim Card HK-TW-MOのSIMカードを受け取って限定で試してきたのでその模様を紹介する。

i-Simの有料サービスであるi-Sim Card HK-TW-MOの概要は以下のようになっている。

年会費:HK$ 98(約1,500円)
SIMカード:年間6枚まで受取可能
対応エリア:香港・マカオ・台湾
有効期間:SIMカード1枚あたり10日間 (利用開始から10日間)
通信方式:3Gのみ (4G LTE非対応)
受取方法(無料):香港空港またはThe Capitalにあるi-Simカウンター
受取方法(有料):日本を含む指定の住所へ郵送(郵送1回につきHK$ 40が必要)

i-Simの有料会員向けサービスは無料版と同じく広告を表示すると、データ通信量や音声通話が増えるという仕組みなので、データ通信量やサービス内容に応じて料金が設定される通常のプリペイドSIMとは異なるサービスとなる。

利用可能なデータ通信量や音声通話時間を増やすための操作やサービス利用時のログイン方法については、i-Simの無料版と基本的に同じなので、無料版i-Simを使ったことがある場合は操作方法などは迷うことがないと思われる。

ただし、有料サービスの提供開始に伴い、スマートフォン(スマホ)など向けのアプリがバージョンアップしており、若干ユーザーインターフェース(UI)が変わっているので注意して欲しい。

i-Simの有料サービスが開始されていたのは記事でも紹介していたように認識していたけれど、SIMカードを受け取りできるタイミングが不明だったので有料登録を行うことなく、無料SIMをもらうつもりで香港空港の到着フロアにあるi-Simのカウンター(A08)を訪問した。

i-Simカウンターで「SIMカードが欲しい」と伝えると「マカオに行くか?」と聞かれたので、本当は行く予定はなかったけれど「Yes」と応えたため、先日開始したばかりの有料サービスを案内された。なので、香港向けの無料版が欲しい場合はマカオへ行くかどうかに限らず「香港のみ」と回答すると良いと思う。

有料サービスに対応したSIMカードがすでに受取可能になっていることは知らなかったので「年会費を支払ったら、香港・マカオ・台湾で使えるSIMカードが受け取りできるのか?」を確認したところ「可能」とのことだったので、その場でi-Simのアプリからi-Simの有料登録を行った。

i-Simの有料会員登録はi-Simカウンターにて行うことができない。そのため、インターネット上で手続きを行う必要があるのがやや面倒だ(クレジットカード番号の入力も必要になる)。このため、香港やマカオを訪問する予定のある場合で、i-Simの有料登録を行う予定のある人は、香港空港到着前に行っておくことをオススメする

i-Simのアプリからの有料会員登録方法は以下の通り。なお、公式Webサイト( http://www.i-sim.com.hk/membership/ )からでもフローはほぼ同一となる。おおざっぱな流れとしては「i-Simアプリをダウンロード」→「ログイン(必要な場合)」→「有料登録フローに進む」→「メールアドレス登録」→「認証コード受信」→「認証コード入力」→「ユーザ情報登録」→「支払情報登録」→「完了」という流れだ。

【i-Sim 有料会員登録フロー】
02 03
「i-Sim Membership」を選択(画像=左)および下方向にスクロール(画像=右)


04 05
Become/Already i-Sim Membershipを選択(画像=左)およびメールアドレスを入力(画像=右)


06 07
メールアドレス確認(画像=左)および認証コードを確認(画像=右)


08 09
ユーザ情報を入力


10 11
支払情報を選択(画像=左)および支払完了(画像=右)

有料会員登録が完了した状態でi-Simのカウンターを訪問すると、有料サービスに対応するSIMカードを受取可能となる。一度に受け取りできるSIMカードは3枚までなので、香港でSIMカードを受け取りできるチャンスが少ない場合には受け取りできるタイミングで3枚を受け取りすると良いだろう(郵送は有料になるので)。

i-Simの有料会員向けサービスで受取可能なSIMカードは年間で最大6枚となっているので、その場でさらに「残りの3枚はいつ受取できるのか?」と確認したところ「1カ月後」とのことだった。

i-Simの受取場所は香港空港の到着フロアと尖沙咀駅近くの「The Capital」にあるi-Simのカウンターでの受け取りが無料、日本を含む指定の住所への郵送は郵送1回あたりHK$40(約600円)の送料が発生する。

12
有料版のi-Simパッケージ

有料版のi-SimのSIMカードサイズは標準SIMカードおよびmicroSIMカード、nanoSIMカードの3タイプ対応のSIMカードなので、SIMカードを使用する機種の心配は無用だろう。なお、すでに紹介しているように無料版は標準SIMカード・microSIMカードか、nanoSIMカードの2種類から選ぶ形になる。

i-Simを利用するスマホなどにSIMカードを挿した後に必要に応じてアクセスポイント(APN)の設定を行う。なお、i-Simは香港・マカオ・台湾のいずれの地域での利用時もローミング設定を有効にする必要があるという点に注意が必要だ。APN設定は以下の通り。

【i-Sim APN]】
APN:3gnet または 3gwap
ユーザ名:空白
パスワード:空白

i-Simを利用するための設定(ローミング有効/APN設定)を行った後は、広告を表示してデータ通信量&音声通話残高を100%まで溜めておくことと良い。というのも、i-Simは初期状態で通信可能な残高があるものの、i-Sim自体の残高がゼロになってしまうと、チャージ自体もできなくなってしまうためだ(その場合、空港のWi-Fiなどを使ってチャージする必要があり面倒になる)。

なお、i-Simサービスはチャージ可能な残高には上限があるものの、残高チャージ出来る回数には制限が無いため、データ通信総量&音声通話時間は無制限となる。

13 14
i-Simの残高表示方法(グラフをタップする)


15 16
i-Simのチャージ方法(広告を表示する)

i-Simで利用可能なデータ通信量や音声通話の残高はスマホなどの通知エリア上に表示されたりはしない上、残高を使い切りそうになってもプッシュ通知などでの警告がないため、うっかり残高をゼロにしてしまわないように注意が必要だ。通信量が大きくなった場合や音声通話の利用時間が長くなった場合は、こまめに残高確認および広告を表示して残高をチャージすることがオススメだ。

すでに述べた通り、有料版のi-Simは香港・マカオ・台湾の3地域で利用可能だ。ただし、いずれの地域で使う場合もアプリ上から正しく地域設定を行わないと、データ通信量&音声通話の残高チャージが行われない点にも注意がいる。この点は現在地変更などをアプリ側で検出して地域設定を行ってくれる、あるいは促してくれればうれしいところではある。

17 18
利用する地域に合わせてリージョンを選択する(台湾に変更した例)

無料受取は香港空港などの限られた場所のみで、データ通信時は利用する地域を問わずデータローミングを有効にして使う必要があること、さらに広告を表示して残高をチャージする必要があるなど、通常のプリペイドSIMカードと比べて少々手間がかかるものの、香港向けの無料SIMだけでなく香港・マカオ・台湾の3地域で使える有料版でも年会費約1,500円と格安になっているのは香港および3地域を訪れる旅行者には嬉しいサービスと言える。

特に、香港―マカオ間はフェリーで約1時間の距離にあり、香港を訪問した方が日帰りなどでマカオを訪れるケースも多く、香港とマカオの両方で使えるSIMカードの利用価値は大きい。

もちろん、香港とマカオで使えるSIMカードは有料で購入することも可能ではある。ただし、マカオがローミング扱いとなるのでデータ通信料が高めだったり、データ通信量が少なめというデメリットがある。

例えば、香港空港にてCSLが販売している香港とマカオで使えるプリペイドSIMは、マカオで使えるデータ通信量が100MBまでで、販売価格はHK$ 218(約3,500円)となっており、i-Simの年会費の2倍以上の金額となっている。なお、CSLのプリペイドSIMは香港内で4G LTEが利用可能など、メリットもある点は付記しておく。

19
CSLが販売しているプリペイドSIMカード(マカオ100MB含む)

そんなわけで、通信速度にはそれほどこだわらないという場合で(とはいえ、極端に遅いわけではない)、海外で使えるプリペイドSIMカードを格安で利用したいという時にはi-Simの無料版(香港限定)または有料版(香港・マカオ・台湾)を利用してみると便利かなと思われる。

記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
香港・マカオ・台湾のデータ通信し放題が年額1,500円!香港「i-Sim」の有料サービスを試す | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ