エコノミーMVNOにOCN モバイル ONEとトーンモバイルが対応!ドコモショップで契約可能に

NTTドコモは7日、昨年12月に導入を明らかにしていた仮想移動体通信事業者(MVNO)と連携して「低廉な料金をメインプランにしたい」というニーズに応えるためにdアカウントやdポイントなどを活用する「エコノミーMVNO」を2021年10月21日(木)より順次提供すると発表しています。

まずはエコノミーMVNOとしてNTTコミュニケーションズとフリービットと合意し、両社が提供する「OCN モバイル ONE」とトンモバイルが提供する「トーンモバイル」が参画してこれらの携帯電話サービスでも利用料金に応じたdポイントの進呈やマイページなどのdアカウントでの認証、通信料金へのdポイントの充当などが行えるようになります。

さらに全国の約2300店舗(2021年10月時点)のドコモショップにてエコノミーMVNOであるOCN モバイル ONEとトーンモバイルの提供する携帯電話サービスの新規契約などが可能となり、インターネットでの手続きやスマートフォン(スマホ)の初期設定が不安な人でも安心して契約して利用できるようになります。

合わせてOCN モバイル ONEでは10月21日より高速データ通信容量0.5GB/月と無料通話最大10分相当が付属して月額550円の新料金プランを開始し、トーンモバイルでは家族が使用しているiPhoneを見守れるようになる東京都も推奨する「TONEファミリー」搭載のティーン向けサービスを2021年12月をめどに提供開始するとのこと。

なお、OCN モバイル ONEの新プランは60歳以上なら12カ月間は高速データ通信容量が実質1GBになるということです。またトーンモバイルではティーン向けサービス以外にも12月までにターゲット層の拡大などを検討し、これまでの低価格でインターネット使い放題(動画を除く)のコンセプトはそのままにさらに多くの人に訴求できるサービスを提供していく予定だとしています。

02

NTTドコモでは「あなたと世界を変えていく。」のスローガンのもとでMVNOなどのパートナーとともに料金サービスのさらなる充実を図るためにエコノミーMVNOを提供開始しました。これにより、NTTドコモの料金プランである「プレミア」の小容量プランよりもさらに低廉な料金サービスを希望するニーズに応えるサービスの充実をめざします。

<エコノミーMVNO>
NTTドコモとの連携について合意して以下のような特徴や機能をもった料金サービスを提供するMVNOです(連携にあたってはNTTドコモが別に定める条件などに合意することが必要)。

(1)低廉で小容量の料金プランを提供
(2)マイページへのアクセスやサービス認証等にdアカウントをメインで使用
(3)dポイントクラブ加盟店となり、通信料、サービス利用に対してdポイントを付与
(4)通信料金へのdポイントの充当が可能
(5)ドコモショップでの手続きが可能
  ・エコノミーMVNOの料金サービスの新規契約の受付(SIMカードの発行、開通を含む)
  ・ドコモスマートフォンなどの端末販売
  ・ドコモショップで購入された端末の初期設定のサポート(APN設定やdアカウントの設定など)
  ・ドコモ販売チャネル購入端末の故障受付

※ドコモスマホ教室についてはエコノミーMVNOを契約している人も受講可能

05

06

07

08

09

同社これまでも1人ひとりのニーズに寄り添った料金サービスの拡充に努めており、2021年3月には中容量でデジタルネイティブ世代にフィットするオンライン特化型の料金サービス「ahamo」を提供開始し、2021年4月には小容量から無制限までの幅広い容量をカバーし、店頭でのご案内といったフルサポートをご希望されるお客さまにフィットする「プレミア」を見直して「5Gギガホプレミア」などを提供開始しました。

その後も「プレミア」では「U15はじめてスマホプラン」や「U30ロング割」などを提供し、利用者のライフステージに合わせ、選択しやすくお得で便利な料金サービスを展開しています。同時にahamoを発表したときにより低料金を望む人向けに「エコノミー」を提供予定であることが案内されていましたが、今回、ようやく正式発表されました。

カテゴリーカバーするデータ容量特徴
プレミア小容量~無制限店頭でのご案内などで、契約から使い方までフルサポートを実施する料金サービス
ahamo中容量デジタルネイティブ世代にフィットするオンライン特化型の料金サービス
エコノミーMVNOの料金サービス小容量提供主体はエコノミーMVNOながらdポイントやドコモショップ取扱いなどのNTTドコモならではの連携がある低廉な料金サービス


03

エコノミーMVNOの提供にあたっては今年3月に同社と直接契約のあるMVNOへ広く情報提供を行って協議を実施してきましたが、今回、最初のエコノミーMVNOとしてOCN モバイル ONEとトーンモバイルの2つが対応することになったとのこと。

その他のMVNOについてもニーズに応じた料金サービスのさらなる充実をめざして引き続き連携に向けた協議を実施していくとしています。ただし、ドコモショップで取り扱うエコノミーMVNOはNTTドコモのネットワークを利用したものに限り、それらの通信エリアはドコモのネットワークと同様ですが、通信速度はMVNOにより異なります。

10

12

なお、エコノミーMVNOはドコモショップで手続きが可能となるものの、サービス提供はMVNO自身となるため、NTTドコモから移行する場合は他社から乗り換え(MNP)を利用することになり、NTTドコモの携帯電話サービスは解約となります。そのため、NTTドコモの回線継続利用期間の引継ぎやドコモメールなどのキャリアフリー化していないサービスの継続利用、ファミリー割引などのドコモの割引サービスの適用はできません。

04




11









記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : dポイントを活用するエコノミーMVNOとの連携に合意 | お知らせ | NTTドコモ
ニュース 2021年10月7日:「OCNモバイルONE」が「ドコモのエコノミーMVNO」として連携10月21日より全国のドコモショップで取り扱い開始 | NTTコミュニケーションズ 企業情報
フリービット、株式会社NTTドコモの「ドコモのエコノミーMVNO」への参画 並びに全国約2,300店舗のドコモショップにおける、 トーンモバイルブランド商材の販売準備に関するお知らせ « プレスルーム|FreeBit
OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま