SoftBank向けスマホ「LEITZ PHONE 1」がAndroid 12に!

ソフトバンクは5日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに昨年6月に発売したLeica(以下、ライカ)ブランド初のスマートフォン(スマホ)「LEITZ PHONE 1(型番:LP-01)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年4月5日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(5G/4G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料となっているものの、更新ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。

また更新は完了まで最大30分程度かかる場合があるとのこと。更新後のビルド番号は「S1002」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」にて確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、詳細はシャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』および『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』をご覧ください。

・Android 12へのOSバージョンアップ
・まれに通話履歴が更新されなくなる場合がある事象の改善
・セキュリティの向上

※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


03

LEITZ PHONE 1はライカ初のスマホで、カメラ機能だけでなく外観デザインやソフトウェアまでをすべてライカがトータル監修した史上初の製品です。ただし、ベースは同じくライカがカメラ機能を監修しているシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R6」で、製造はシャープが担当しており、基本仕様はAQUOS R6と同等となっています。

主な仕様は上部中央にパンチホールを配置した約6.6インチWUXGA+(1260×2730ドット)Pro IGZO OLEDディスプレイ(約456ppi)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」、12GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、5000mAhバッテリー、急速充電、ダイレクト給電、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、画面内指紋センサーなど。

防水(IPX5・IPX8)および防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)、NFC Type A/B、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、位置情報取得(A-GPS)にも対応。ワイヤレス充電には非対応。パンチホール部分には約1260万画素CMOS/広角レンズ(F2.3)のフロントカメラが搭載され、生体認証として顔認証にも対応。サイズは約162×74×9.5mm、質量は約212g。

16

外観はドイツ・ミュンヘンにあるライカのデザインスタジオで設計され、本体カラーはLeica Silverと付けられた濃いめのマットな質感の黒に近い1色展開。特にリアカメラ部分のデザインがAQUOS R6から大きく変更されており、AQUOS R6では長方形だったリアカメラ部分が丸くデザインされ、「LEICA」「SUMMICRON」「ASPH」やカメラスペックなどが記されています。

センサーはAQUOS R6と同様の大型な1インチ約2020万画素裏面照射型CMOSを採用し、レンズは焦点距離19mm(35mm換算)およびF値1.9の7枚構成のSUMMICRONレンで、広角撮影の他に最大6倍のデジタルズームに対応し、ライカらしいモノクロ撮影もできる「Leitz Looks」モードも搭載します。またLEDライトやToFセンサーも搭載し、JPEGだけでなくRAWでも撮影可能。

携帯電話ネットワークの対応周波数帯は5G NR方式のn3および28、77、78、4G LTE方式のBand 1および2、3、4、5、7、8、11、12、17、18、19、28、38、39、40、41、42、3G W-CDMA方式のBand IおよびII、IV、V、VIII、2G GSM方式の850および900、1800、1900MHzで、nanoSIM(4FF)スロット(シングルSIM)が1つのシングルSIM。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

ライカ初のスマホ「Leitz Phone 1」が発表!日本だけソフトバンクだけが販売。SIMフリーで価格は18万7920円、7月発売・6月18日予約開始 - S-MAX
ライカの絵を撮れる超広角&1インチカメラ搭載の5Gスマホ「LEITZ PHONE 1」を試す!ソフトバンク独占だが単体購入も可能【レビュー】 - S-MAX

発売時にはAndroid 11がプリインストールされていましたが、今回、最新のAndroid 12が提供開始されました。更新は「設定」→「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」を選択してから画面の案内に従って操作します。詳細は『更新後のソフトウェアバージョンの確認する[PDF]』をご覧ください。更新に際しての注意事項は以下の通りです。

・ソフトウェア更新中は、発着信を含むスマートフォンの各機能をご利用できません。また、緊急通報(110番、118番、119番)をご利用することもできません。
・ソフトウェア更新の完了までに最大30分程度かかる場合があります。
・ソフトウェア更新を行う際は通信が切断されないよう、電波状態のよい場所で移動せずに実施してください。
・ソフトウェア更新中は、絶対に本機の電源を切らないでください。故障の原因となります。
・ソフトウェア更新は電池を十分に充電した状態で実施してください。ソフトウェア更新中に電池切れになると、故障の原因となる可能性があります。
・本機の状況(故障・破損・水濡れ等)によっては、保存されているデータが破損・消失されることがあります。必要なデータは、ソフトウェア更新前にバックアップしておくことをおすすめします。なお、データが破損・消失した場合の損害につきましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・その他のご注意点はソフトバンク公式サイト<<ソフトウェアアップデート>>をご確認ください。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
LEITZ PHONE 1 関連記事一覧 - S-MAX
LEITZ PHONE 1をご利用中のお客さまへ(2022年4月5日) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
Leitz Phone 1 サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ
LEITZ PHONE 1 | オンラインショップ | ソフトバンク