次期フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S9+・S9 Ultra」が投入へ!写真はTab S8 Ultra

米連邦通信委員会(FCC)は8日(現地時間)、Samsung Electronic(以下、Samsung)の未発表なタブレット「SM-X910」および「SM-X810」が2023年5月19日(金)より認証を順次取得していることを公開しています。FCC IDはSM-X910が「A3LSMX910」、SM-X810が「A3LSMX810」。

SM-X910およびSM-X810はともに海外を含めて現時点では未発表な製品ですが、型番規則から次期フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S9」シリーズだと予想され、SM-X910が「Galaxy Tab S9 Ultra」のWi-Fi版、SM-X810が「Galaxy Tab S9+」のWi-Fi版となると見られます。

またSM-X910およびSM-X810の携帯電話サービスに対応した製品と見られる「SM-X916B」や「SM-X816B」などがベンチマークアプリ「Geekbench」のVersion 6(v6)のCPUやComputeに測定結果が掲載されており、SM-前後、マルチコアが5300〜5500程度、Computeが9500前後となっています。

またMotherboardが「kalama」となっていて最大クロック数が3.36GHzとなっているため、チップセット(SoC)がQualcomm製「Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy(型番:SM8550-AC)」を搭載していることが示されているほか、SM-X916Bは内蔵メモリー(RAM)が12GBと8GB、SM-X816Bは12GBのモデルが少なくとも存在するようです。

02
FCCが公開しているSM-X910の資料

Galaxy Tab S9 UltraとGalaxy Tab S9+はともにSamsungが展開する「Galaxy」ブランドにおけるフラッグシップタブレット「Galaxy Tab S」シリーズの次期製品の上位モデルと最上位モデルで、昨年に日本でも発売された「Galaxy Tab S8 Ultra」および「Galaxy Tab S8+」の後継機種です。なお、認証情報からベースモデル「Galaxy Tab S9」も存在することが判明しています。

型番はEC(国際電気標準会議)の電気機器安全規格適合試験制度を運営するIECEEにて公開されている情報では各機種ともにWi-Fi版となるSM-X910およびSM-X810、SM-X710、Wi-Fi+Celluler版となるSM-X916BおよびSM-X916N、SM-X816B、SM-X816N、SM-X716B、SM-X716Nとなっており、各製品ともに最大45W(4.5A/10V)の急速充電に対応しています。

03
こちらはGalaxy Tab S9+と見られるSM-X810のFCCによる資料。ワイヤレス充電(WPT)の認証を受けており、恐らくS-Penを充電するためだと考えられます

またGalaxy Tab S9についてはバッテリー容量が8160mAh/3.88V(31.7Wh)であることが記載されています。認証番号はGalaxy Tab S9 Ultraが「JPTUV-148312」、Galaxy Tab S9+が「JPTUV-148442」、Galaxy Tab S9が「FI-56398」および「FI-56398/M1」。一方、FCCによる資料では特にスペックなどが伺える情報はありませんが、Wi-Fi 6Eに対応しているほか、S-PenのためのBluetoothとワイヤレス充電(WPT)に対応する認証が取得されています。

さらに前述通りにGeekbenchによると、Galaxy Tab S9シリーズはともに最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23」シリーズが搭載しているSoCであるSnapdragon 8 Gen 2 for Galaxyを搭載しており、RAMもGalaxy Tab S9 UltraとGalaxy Tab S9+では最大12GBを搭載するようです。なお、GeekbenchではGalaxy Tab S9のSM-X716Bの結果も掲載されており、RAMは8GBとなっています。

04
IECEEによるGalaxy Tab S9 Ultraの認証情報


05
IECEEによるGalaxy Tab S9+の認証情報


06
IECEEによるGalaxy Tab S9の認証情報

その他、噂ではGalaxy Tab S9シリーズもGalaxy Tab S8シリーズと同様にGalaxy Tab S9が約11インチサイズ、Galaxy Tab S9+が約12.4インチサイズ、Galaxy Tab S9 Ultraが約14.6インチサイズとなるとされ、基本的にはSoCなどで性能が向上した順当進化となりそうです。参考までにGalaxy Tab S8シリーズの主な仕様を以下に掲載しておきます。

Galaxy Tab S9シリーズは今年後半に登場すると見られており、早ければ次期フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold 5」や「Galaxy Z Flip 5」などとともに次回の新製品発表会「Galaxy Unpacked 2023」にて発表されると予想されています。なお、今年の次のGalaxy Unpacked 2023は例年より早い時期に開催され、7月中にも実施されると噂されています。正式発表が楽しみですね!

製品Galaxy Tab S8Galaxy Tab S8+Galaxy Tab S8 Ultra
画面11インチTFT液晶
WQXGA(2560×1600ドット)
最大120Hz、276ppi
12.4インチSuper AMOLED
WQXGA+(2800×1752ドット)
最大120Hz、266ppi
14.6インチSuper AMOLED
WQXGA+(2960×1848ドット)
最大120Hz、240ppi
大きさ165.3×253.8×6.3mm185.0×285.0×5.7mm208.6×326.4×5.5mm
重さWi-Fi:503g
5G:507g
Wi-Fi:567g
5G:572g
Wi-Fi:726g
5G:728g
SoCSnapdragon 8 Gen 1(4nmプロセス製造)
CPU64bitオクタコア(3.0GHz Cortex-X2×1+2.5GHz Cortex-A710×3+1.8GHz Cortex-A510×4)
GPUAdreno 730
RAM8GB、12GB8GB、12GB8GB、12GB、16GB
内蔵ストレージ128GB、256GB128GB、256GB128GB、256GB、512GB
外部ストレージmicroSDXC(最大1TB)
電池容量8000mAh10090mAh11200mAh
背面カメラ1300万画素/広角
600万画素/超広角
(フラッシュ対応)
前面カメラ1200万画素/超広角1200万画素/超広角1200万画素/広角
1200万画素/超広角
指紋認証側面画面内画面内


07
Galaxy Tab S9 UltraとなるSM-X916BのGeekbench v6 CPUの結果






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Galaxy Tab S9 Ultra 関連記事一覧 - S-MAX
Galaxy Tab S9+ 関連記事一覧 - S-MAX
A3LSMX910 - OET List Exhibits Report - FCC
A3LSMX810 - OET List Exhibits Report - FCC
JPTUV-148312 | IECEE Certificates
JPTUV-148442 | IECEE Certificates
FI-56398 | IECEE Certificates
SM-X916B - Geekbench Search - Geekbench
SM-X816B - Geekbench Search - Geekbench
Samsung Japan 公式 | Samsung(ギャラクシー)ホーム