S-MAX

コラム

秋吉 健のArcaic Singularity:突然の通信途絶、あなたはどうする?NTTドコモの輻輳障害から通信ネットワークと私たちの生活との関係を考える【コラム】


NTTドコモの輻輳障害について考えてみた!

既報通り、NTTドコモの携帯電話サービスにおける音声通話およびデータ通信にて利用しづらい事象が全国規模で10月14日17時頃より発生し、事象の原因となった位置登録不可の影響範囲は推定で約200万ユーザーだと発表されました。

その後、音声通話およびデータ通信にて利用しづらい状況は翌10月15日5時5分に5G/4Gネットワークでは回復し、さらに復旧が遅れていた3Gネットワークでも10月15日22時00分にすべて回復したということです。

今回起きた事象は通信ネットワークの「輻輳」と呼ばれるもので、通信量過多による混雑に起因するものです。そしてその混雑が発生した理由は、IoT機器向けの設備を新しい設備へと変更する際に不具合が生じ、再び古い機器へと切り戻す(元に戻す)ための作業を行う段階で発生したものでした。

原因や発端はどうであれ、こういったネットワーク障害による通信不能は私たちの生活に大きく影響するようになりました。その影響力はわずか5年前と比較しても相当に多大なものとなっています。私たちの生活はどこまで通信ネットワークに依存し、通信ネットワークなしでは生きていけない生活となっているのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はNTTドコモの輻輳障害から、私たちの生活と通信ネットワークの関係について掘り下げていきます。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:策士策に溺れる。iPhoneのminiモデルで起きた事前調査と販売実績の乖離から消費者心理と数字の落とし穴を考察【コラム】


アンケート調査と消費者心理について考えてみた!

Appleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 13」シリーズが発売されて2週間ほどが経ちました。そろそろ各メディアでの話題も落ち着き、緊急事態宣言が解除された都内を歩いていてもぼちぼちとその姿を見かけるようになりました。

毎年新型が発表される度になんだかんだとさまざまな話題が飛び交いながら「iPhone」は確実に売れています。しかしながら、その売れ行きに関して昨年から若干不思議な現象が起きています。その「なんだかんだ」に相当する事前購入調査やユーザーアンケートと、実際の購入状況が一致しない(乖離している)のです。

仕事柄、筆者は消費者を対象にしたアンケート調査などを非常に重視し、その数字から利用者の動向やニーズを推察することが多々ありますが、そういった推察や予想がことごとく外される異常事態が昨年のiPhoneシリーズから起きているのです。これは一体どうしてなのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhoneシリーズの購入アンケートと実際の購買状況の乖離について、その原因や消費者心理について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:思わぬ反応?想像通り? コラム連載200回を迎え、読者のさまざまな反響からテクノロジーの進化のあり方について考える【コラム】


コラム連載200回記念!印象に残ったコラムを振り返ってみた!

筆者がこの連載コラムを書き始めて、今回でちょうど200回目となります。1週も欠かさず書き続けましたので、200週目ということでもあります。最初の寄稿は2017年12月10日でした。

主に時事ネタや技術解説を中心に、筆者が感じたことや技術的に疑問に思ったことなどを調べ、読者の方にも分かりやすく……という思いで結局分かりづらいまま掲載し続けてきてしまったことは反省しきりですが、ただ1つ良かったことを挙げるとするなら「勉強する癖がついた」ということでしょうか。

この4年間、ひたすらにテクノロジーや物事の仕組みについて勉強し続けてきました。それは苦しかったりつまらないことではなく、とても楽しみながら行えました。学生時代に、時々大人から「大人になってからの勉強は楽しいぞ」と聞かされてきましたが、なるほどこういうことかと何度も納得した覚えがあります。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は過去に掲載された199回分のコラムを振り返り、筆者としてとくに印象に残ったコラムや反響の大きかったコラムを4つほどピックアップして、2021年の視点で改めて簡単に考察してみたいと思います。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:レガシーインターフェイスとなったLightning規格。その成り立ちや現状からユーザーの不満の原因を探る【コラム】


AppleのLightning規格について考えてみた!

ついにAppleの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 13」シリーズが9月24日に発売されました。目新しさがないと言われつつもProモデル2機種は予約開始直後に1ヶ月待ちになるなど、滑り出しは好調のようです。

筆者も「iPhone 13 mini」のピンク/512GBモデルを購入し、このコラムを書いている最中に届いたところで、すでに開封レビューについては別の記事にてお伝えしています。今回のiPhone 13シリーズについてネット界隈で何かと話題になっていたのは、外部接続端子規格であるLightning(ライトニング)の継続採用でした。

SNSなどでは「またUSB Type-Cにならなかった」や「いい加減やめてくれ」とネガティブな反応が多数あり、かく言う筆者も「そろそろLightningはやめても良かったのでは」と感じています。

タイムリーなことに先日、 EUが廃棄物削減と利便性の向上を目的とした端子統一法案(USB Type-C採用義務化)の草案を提出するとのニュースを目にしました。いよいよ法的にもLightningを採用し続けることが難しくなってくるかも知れません。

なぜLightning端子は人々に嫌われるようになってしまったのでしょうか。AppleがLightningにこだわる理由とは一体何処にあるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はAppleの端子規格「Lightning」について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:iPhone 13などの発表会に隠されていた「A15 Bionic」の真実。性能や特徴からAppleのブランディング戦略を考える【コラム】


iPhone 13シリーズに搭載されたSoC「A15 Bionic」について考えてみた!

既報通り、Appleは日本時間(JST)の9月15日にオンライン発表会を開催し、新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 13」および「iPhone 13 mini」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」の4機種などを発表しました。

メディア界隈での下馬評(と言っては失礼だが)では「例年以上に代わり映えしない」や「今年もカメラだけ進化」などと辛辣な評価が多く見受けられましたが、恐らく一般の評価も大差はないでしょう。

とはいえ、今回は性能面で少し「おや?」と気にかかる部分もありました。それはSoC(System on a Chip≒チップセット)です。Appleは新型iPhoneの発売に合わせて毎年SoCを強化し続けており、今年のiPhone 13シリーズには「Apple A15 Bionic」が採用されています。

昨年発売されたiPhone 12シリーズでも「Apple A14 Bionic」が採用されていただけに順当な進化と言えますが、実は昨年までとは少し様相が異なっているのです。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone 13シリーズに搭載されたA15 Bionicの秘密に迫り、Appleのブランディング戦略について考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。