S-MAX

コラム

秋吉 健のArcaic Singularity:嗚呼、我が青春のテレホーダイ。NTT東西のサービス終了告知を受け、インターネット黎明期に思いを馳せる【コラム】


テレホーダイ終了について考えてみた!

東日本電信電話(以下、NTT東日本)および西日本電信電話(以下、NTT西日本)は20日、固定電話のIP網移行について記者説明会を開催して「マイライン」や「タイムプラス」といった複数のサービスを終了すると発表しました。その資料の中で筆者の目に留まり、つい感傷に浸ってしまったのが「テレホーダイ」の終了でした。

テレホーダイと聞いて懐かしく思う人は少なくなったかも知れません。今の若者であれば知る由もないサービスでしょう。40代や50代の人でも「そういえばそんなサービスもあった気がする」と、利用していなかった人もいると思います。

日本のインターネット黎明期を支え、人々に世界中と繋がるコミュニケーションの楽しさや情報を発信する面白さを教えてくれたテレホーダイ。そのサービスが2024年1月以降に順次終了を迎えることとなり、インターネットの世界でまた1つ歴史に幕が引かれようとしています。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はテレホーダイ終了に想いを馳せつつ、インターネット老人会的な昔話をしたいと思います。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:困難を掻き分け進み続けるオンラインイベント。暗中模索のその未来をアンケート調査や技術的観点から考える【コラム】


オンラインイベントの未来について考えてみた!

筆者は公私ともに、オンラインイベントというものと縁があります。例えば仕事ではコロナ禍によって激減した現地取材に代わり、オンライン発表会やオンライン展示会といったものの取材が増えました。また私事ではゲーム関連のリアルイベントもオンライン化が進み、その視聴の機会が増えています。

昨年末はコロナ禍が一時的に沈静化したこともあり、オフラインイベントの開催が若干戻ってくる様子もありましたが、今年1月に入ってから爆発的な第6波が発生し、再びイベント業界や展示会関連各社に暗雲が垂れこめています。

コロナ禍がさらに長期化することが確定的となった今、私たちはオンラインイベントを恒常的に利用するスタイルへと切り替えることができるでしょうか。またこれまでのオンラインイベントの取り組みはどこまで人々に浸透したのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はオンラインイベントの現在と未来を考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:世界に衝撃を与えたソニーのEV事業本格参入!背景にある技術的資産やノウハウ活用による「勝利の方程式」を考える【コラム】


ソニーのEV戦略について考えてみた!

1月5日(現地時間)、米国ラスベガスにて世界最大のIT家電展示会「CES 2022」が始まり、ソニーが新型となるSUVタイプのコンセプト電気自動車(EV)「VISION-S 02」を発表しました。同時に、その商業事業化を目標とした新会社「ソニーモビリティ株式会社」の設立も発表されました(新会社設立は4月以降を予定)。

テレビなどのニュースにも「ついにソニーがEV事業に参入!」と大きく取り上げられたため、すでにご存じの方も多いかと思いますが、実際にはまだ商業化には距離がある印象です。しかしながら目標がそこにあることは間違いなく、そのための準備とお膳立ては着々と整いつつあるというのが実感です。

ソニーのEVによる自動車産業への参入は現実的なのか、それとも夢で終わるのか。ソニーが持つ「強み」としての駒はどれだけ揃っているのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はソニーのEV事業参入について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:2022年、見えてきたメタバースの特異点。通信やテクノロジーの成熟がもたらす新たな世界への展望を語る【コラム】


2021年のメタバースの進化と飛躍について考えてみた!

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

2021年は通信・テクノロジー業界にとって苛烈な1年で、年末のコラムにて総括させていただきました。しかしながら、暗い話題ばかりだったかと言われると実はそうでもなかったように思われます。

その代表とも言えるのが「メタバース」関連の話題です。本連載コラムでも2021年11月に入力デバイスの歴史と未来について特集を組み、その後編の大部分をメタバースと入力デバイスの関わり方でまとめさせていただきました。

筆者が現在最も注目し、そして2022年に大きく飛躍すると考えているものこそがメタバースです。さまざまな技術やコンテンツサービスが日々発表される中、最も現実的で最も私たちの生活に密接に関係してくるであろう技術とサービスだからです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。2022年最初のコラムは、メタバースの未来について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:2021年総決算!コロナ禍で激変した取材様式とテクノロジーの分水嶺を見つめた1年を振り返る【コラム】


2021年の本連載コラムを振り返ってみた!

早いもので、2021年も残りわずかとなってしまいました。今年もコロナ禍に振り回された1年でしたが、みなさんは息災のまま大晦日を迎えられそうでしょうか。

2021年の通信・テクノロジー業界に目を向けてみれば、過去に例を見ないほど熾烈な通信料金の値下げ競争に始まり、5Gスマホの低廉化やApple・Googleの野心的なSoC戦略が進展を見せ、そして1年を通して半導体不足に喘いでいたように思います。

本連載コラムでもさまざまに執筆しましたが、やはり筆者の印象に強く残っているのは上記の話題に関するものでした。一方で、前編・後編に分けた大きな企画記事を執筆したり、敢えて強い主張の(無理矢理感もあったが)記事を執筆してみるなど、少々挑戦的な手法も試してみました。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は2021年に執筆したコラムを取り上げつつ、通信業界やテクノロジー業界の1年を振り返ってみたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。