東京ゲームショウ2013特集!

大盛況に終わったゲーム関連イベント「東京ゲームショウ2013(TGS 2013)」(会場:幕張メッセ)。今年は、9月19日(木)~9月22日(日)の4日間の総来場者数が27万197人となり、過去最多と発表された昨年よりさらに4万6444人も上回る来場者数となった。

特に一般公開日は、10万人を超える来場者数を記録し、これまで最終日は来場者数が減る傾向であったが、今年は20日に10万2399人、21日に11万5444人と最終日まで多くの来場者で溢れていた。

中でも、ソニー「PS4」やマイクロソフト「Xbox One」など、新型ゲーム機をいち早く体験できたことと、3連休の中日そして会期中晴天に恵まれたこともその要因であろう。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもGREEなどのソーシャルゲームからひかりTVゲーム、スマホやタブレットの周辺機器、会場の各携帯電話事業者の電波状況をサポートする移動基地局車、そして、コンパニオンのおねいさんまでという多岐に渡ってレポート記事を紹介した。

そこで、今回は、それらの記事をまとめて紹介する。見逃した記事もあるかもしれないので、是非、この機会にチェックしてみて欲しい。

世界最大のゲーム関連イベント「東京ゲームショウ 2013(TGS2013)」開幕!今年は“進化”がテーマ
千葉・幕張メッセにおいて本日19日(水)から22日(土)まで「東京ゲームショウ 2013(TGS 2013)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が始まりました。本日19日と明日20日は“ビジネスデイ”としてゲーム業界関係者向けに、21日と22日は“一般公開日”として一般ユーザーも入場可能です。当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では、ライター陣を現地に送り込み、主にスマートフォンやタブレット、ポータブルゲーム機などに関連したゲームの取材を進めています。各ライターが興味を持ったタイトルや話題を随時掲載する予定ですのでお楽しみに!


東京ゲームショウ2013:明日21日からは一般公開――各社携帯電話の混雑は大丈夫?移動基地局車配備状況をチェックしてみた【レポート】
昨日19日と今日20日は、“ビジネスデイ”としてゲーム業界関係者向けとなりますが、明日21日と明後日22日は一般公開となります。今年は、23日が秋分の日でお休みのため、明日明後日が3連休の初日と2日目に当たるので、TGS 2013も多くの人出が予想されます。そこで気になるのは、携帯電話の混雑具合。携帯電話は、同じ基地局に携帯電話が集中してアクセスするほど通信しづらくなります。画面上の電波表示はバリバリ全開でも、混雑しているとまったく通話ができなかったり、データ通信ができなかったりして、ちょっと残念なことになってしまいます。TGS 2013でも、こんな状況になることは予想に難くありません。しかしながら、そこは携帯電話各社ともに、混雑状況になることを見越して、少しでも抑えようと、アクセスを分散させるための「移動基地局車」を出動させています。今回は、その状況を一足先に確認してみましたので、紹介したいと思います。


東京ゲームショウ2013:NTTぷららブースにてゲームポータルサービス「ひかりTVゲーム」の将来展開を見た【レポート】
インターネットテレビサービス「ひかりTV」を展開するNTTぷららは、月額525円で約30種類のゲームを楽しめる「ひかりTVゲーム」のブースを設けています。このNTTぷららのブースは、スクウェア・エニックスのマンガ雑誌「ビッグガンガン」で連載中のゲームマンガ「ハイスコアガール」とのコラボレーションを実施。ブースに行くと、先着2万名にオリジナルデザインの「Toshoca」(「ひかりTVブック」用図書カード)500円分、先着5000名にハイスコアガールの書き下ろし特別小冊子がもらえるほか、一般公開日のうち、21日(土)は指定のひかりTVゲームでコスプレイヤーと対戦して勝利すると、オリジナルTシャツなどがもらえます。このブース、このコラボレーションも注目なのですが、もっと注目すべきなのは、まだ一般には提供されていない機能の展示も行われている点です。それらも含めて紹介したいと思います。


東京ゲームショウ2013:ソニーモバイルブースにて「Xperia Z1」や「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」を展示!見どころは初音ミクのコスプレイヤー!?【レポート】
東京ゲームショウ2013のの一角に、スマートフォン用ゲームやソーシャルゲームをフォーカスした「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」というものがあります。このコーナーの面積のだいたい5分の1ぐらいを占めているのが、「Smartphone Special Area」。人気のスマートフォン・タブレットブランド「Xperiaシリーズ」を擁するソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)のブースです。当然、ここで使われているスマートフォンやタブレットはすべてXperiaブランドのものです。このブース、よーく見てみると、最近、グローバルで発表された「Xperia Z1」や先日発売した3万9000台限定の「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」などが展示されています。今回は、そんなソニーモバイルブースを紹介していきます。


東京ゲームショウ2013:次世代のソーシャルゲームへ進化するGREEブース――進撃の巨人のカードゲーム化なども【レポート】
今回は、昨年も紹介したGREEブースについて今年も引き続き見所をレポートしたいと思う。ソーシャルゲームもここに来てさらに進化してきており、同社の次世代ゲームの行方にも注目したい。


東京ゲームショウ2013:これがモバイルで個性を発揮するということだ!Hameeブースにて「個性があり過ぎるiPhoneカバー・iPadスタンド」を展示【レポート】
今回の記事は、Hameeにて展示されていた一目見れば誰もがド肝を抜かれること間違いなしな超個性派なiPhoneカバーやタブレットスタンドを紹介します。


東京ゲームショウ2013:スペックコンピュータブースにてNexus 7(2013)の充電に最適な非接触充電Qi対応充電台「置きらく充電」を展示【レポート】
今回の記事では、スペックコンピュータブースにて展示されていた国際標準の非接触充電規格「Qi(チー)」に対応した無接点充電機器「置きらく充電」を紹介します。


東京ゲームショウ2013:「艦これ」などのPCオンリーゲームを持ち出して遊ぼうぜ!日本AMDブースにてクラウドゲーミングのソリューションを展示【レポート】
今回は、クラウドゲーミングを処理するための縁の下の力持ち、クラウドゲーミングのサーバー向けの法人用グラフィックスボード「Radeon Sky」が日本AMDブースにて展示されていたので紹介します。


東京ゲームショウ2013:mobioブースにてマグネットと強力なシートでスマートフォンやタブレットをガッチリと固定できるモバイルスタンド「mobio」シリーズを展示【レポート】
今回の記事ではmobioブースにて展示・販売されていた用途に合わせた3種類のスマートフォンやタブレットスタンド「mobioシリーズ」を紹介します。


東京ゲームショウ2013:PlayStation Vitaにも完全対応!スマホやタブレットも充電OKな超大容量モバイルバッテリー「ポータブルバッテリー ANS-H033」を展示【レポート】
今回の記事では、Answer(アンサー)ブースにて展示されていたガジェットの複数台持ちかつ遠出の際のバッテリー充電に便利な超大容量のモバイルバッテリー「ポータブルバッテリー ANS-H33」(以下、ポータブルバッテリー)を紹介します。


東京ゲームショウ2013:展示会イベント恒例?会場内のコンパニオンのおねいさんの写真を撮ってきましたよ(前編)【レポート】
今回は、東京ゲームショウ2013において、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」における展示会イベントレポートでも恒例?となった会場内の各ブースを華やかにしてくれていたコンパニオンのおねいさん(今回は+αも含む)の写真を前後編の2回に分けてお届けします。それではどうぞっっ!


東京ゲームショウ2013:展示会イベント恒例?会場内のコンパニオンのおねいさんの写真を撮ってきましたよ(後編)【レポート】
今回は、前回の記事に引き続き、東京ゲームショウ2013のコンパニオンのおねいさん写真コーナーの後半戦となります。それではどうぞー。


一般公開日は10万人超えの来場者数を記録した「東京ゲームショウ2013」を写真で振り返る【レポート】
今回は、そんな東京ゲームショウ2013の模様を、昨年に引き続き、東京ゲームショウ2013のメモリアルフォトとして、写真で振り返ってみようと思う。


記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ