iPhone SEの性能をベンチマークで確認してみた!

Appleの新しい小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」が日本でも3月31日にNTTドコモやau by KDDI、SoftBank、Appleの直営店「Apple Store」および直営Webストア「Apple Online Store」にて発売されました。

iPhone SEは、iPhoneシリーズにおいて「iPhone 5s」以来のおよそ2年半ぶりの約4インチ640×1136ドットRetina液晶(326ppi、コントラスト比800:1)を搭載したコンパクトなボディーに、昨年9月に発売された「iPhone 6s」シリーズと同じ最新チップセット「Apple A9」や約1200万画素リアカメラなどを搭載しています。

また、iFixitの分解によって内蔵メモリー(RAM)もiPhone 6sシリーズと同じ2GB LPDDR4と判明し、画素当たりの性能はiPhoneシリーズで最高といって過言はないでしょう。

そんなiPhone SEについてSIMフリー版のローズゴールドを購入したので外観レビューiPhone 5sとの外観比較などを紹介してきましたが、今回はベンチマークを測定してその実力をチェックしてみたので紹介したいと思います。

【ハードウェア情報を確認】

02

まずはアプリ「CPU Dasher64」でハードウェア情報を確認してみました。Apple A9は最大1848MHzのコアを2つ搭載した64bit対応ARM v8ベースのデュアルコアCPUと、6コアGPUの「PowerVR GT7600」が搭載されたチップセットです。

また、iPhone 6sシリーズでは製造メーカーがサムスン電子とTSMCの2社でしたが、iPhone SEでも同じようで、モデルなどでどちらかと決め打ちされているわけではなくて購入してみないとわからないようになっています。

筆者のiPhone SE(A1723)はアプリ「Battery Memory System Status Monitor」で確認すると「N69uAP」となっており、どうやらサムスン電子製の模様。軽く調べると現状「N69AP」とどっちがどっちと両方の情報がありますが、これはベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」でもCPUのModelが「Samsung A9」となっていることからもサムスン電子製で合っているようです。

iPhone 6sもサムスン電子製だったので、サムスン電子の引きが強いようで……iPhone 6sシリーズの登場当初はサムスン電子製のほうが14nmプロセスのために発熱などが多く(TSMC製は16nmプロセス)、バッテリー持ちも良くないという噂もありましたが、使っていてそれほど気になるものではありませんでしたが、気にしないことにしています。

RAMは同じ2GBですが、SK Hynix製になっているためかiPhone 6sの2005MBから2010MBと微妙に増えているようです。画素数がiPhone 6s(750×1334ドット)よりも少ないため、1ドット当たりの性能は理論上はiPhoneシリーズで最も高くなります。

それでは各ベンチマークアプリで既存機種と比べてみたいと思います。なお、アプリは先ほどのAnTuTu Benchmarkのほかに「iQuickMark」や「3DMark」の3つで計測しています。なお、OSについては最新のiOS 9.3.1にアップデートして行っています。

03 08
iPhone SEで「Battery Memory System Status Monitor」(画像=左)と「AnTuTu Benchmark」(画像=右)の結果


【ベンチマークを実施】

・iQuickMark

04

最初にiQuickMarkのスコアは総合139、シングルコアテスト110、マルチコアテスト176で、画像でiPhone 6s Plusとの比較が出ていますが、どの項目でもiPhone SEのほうが上回っているのがわかります。

・3DMark


05 06

3DMarkのIce Stream Unlimitedのスコアは29535とかなり高いもの。何度かベンチマークを行っていると、iPhone SEはかなり熱を持つような気がしたので温度も載せてみましたが、それほどCPU温度は高くなっていないようです。とはいっても、一部の他機種にあるような高熱で持てないほどではないのでひとまず気にしないことに。

・AnTuTu Benchmark

07

最後にAnTuTu Benchmark(v6.1)のスコアも124356と高くなりました。iPhone 5sやiPhone 6、iPhone 6sでもそれぞれ測定してまとめたのが以下の表となります。

機種iPhone SEiPhone 6siPhone 6iPhone 5s
画面4インチ4.7インチ4.7インチ4インチ
解像度640×1136750×1334750×1334640×1136
チップセットA9A9A8A7
CPU1.85GHz
(2コア)
1.85GHz
(2コア)
1.4GHz
(2コア)
1.3GHz
(2コア)
GPUPowerVR
GT7600
PowerVR
GT7600
PowerVR
G6450MP4
PowerVR
G6430
RAM2GB
LPDDR4
2GB
LPDDR4
1GB
LPDDR3
1GB
LPDDR3
iQuickMark総合1391248873
シングルコア110987360
マルチコア17615610688
3DMark29535290021720415298
AnTuTu
Benchmark
1243561209017803862880

誤差程度な違いなものの、iPhone 6sよりも高い数値が出るような結果となりました。これで電池も仕様上はiPhone 5sやiPhone 6s、iPhone 6よりも持つようなので小型モデルが欲しい人なら快適に使えること間違いなしになりそうです。

記事執筆:memn0ck


[Image] QRコードアプリ名:Battery Memory System Status Monitor
価格:無料
カテゴリ:ユーティリティ
開発者:Cactos App
バージョン:1.1.7
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id497937231?mt=8

btn_itunes


[Image] QRコードアプリ名:CPU Dasher64
価格:無料
カテゴリ:辞書/事典/その他
開発者:GreenGames Studio
バージョン:3.0
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id884513234?mt=8

btn_itunes


[Image] QRコードアプリ名:iQuickMark
価格:¥240
カテゴリ:ユーティリティ
開発者:Triangle LLC
バージョン:1.5.0
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id765282854?mt=8

btn_itunes


[Image] QRコードアプリ名:3DMark Ice Storm Benchmark
価格:無料
カテゴリ:ユーティリティ
開発者:Futuremark Oy
バージョン:1.4.978
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id642839144?mt=8

btn_itunes


[Image] QRコードアプリ名:AnTuTu Benchmark
価格:無料
カテゴリ:ユーティリティ
開発者:Beijing AnTuTu Technology Limited
バージョン:6.1.1
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id803837129?mt=8

btn_itunes




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
いよいよ発売!アップルの最新スマホ「iPhone 6s」はどれだけ性能が上がった?iPhone 6やiPad mini 4、iPad Air 2と比較してみた【レビュー】 - S-MAX
iPhone SE 関連記事一覧 - S-MAX