SoftBankとY!mobileの移行手数料が2021年春以降に無料化に!

ソフトバンクは21日、携帯電話サービス「SoftBank」と「Y!mobile」のブランド間の移行時にかかる契約事務手数料をWeb・店舗ともに2021年春以降に無料にすると発表しています。

同社では今月9日にブランド間の移行をより円滑化させるために番号移行時にかかる手数料などを2021年春に刷新すると発表していましたが、このときには契約事務手数料についてはWebでは無料とするものの、店舗では現在と同様に3,000円(金額はすべて税別)がかかるとしていました。

なお、他の「契約解除料」(現在9,500円)および「他社から乗り換え(MNP)手数料」(現在3,000円)についてはすでに案内されているように2021年春以降にWeb・店舗ともに無料になる予定となっています。実施する時期などの詳細については決まり次第、別途お知らせするということです。

【SoftBankとY!mobile間の移行時にかかる手数料など】
手数料現在2021年春以降
契約解除料9,500円0円
MNP転出(番号移行)手数料3,000円0円
契約事務手数料3,000円0円
※ 「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」適用ですべて無料、Webで手続きをする場合には契約事務手数料はSoftBankでは「Web トクキャンペーン」適用、Y!mobileでは「事務手数料無料キャンペーン」適用で現在も無料。

SoftBankとY!mobileでは2019年9月以降に提供を開始した料金プラン「ウルトラギガモンスター+」や「メリハリプラン」、「スマホベーシックプランS/M/R」などでは契約期間も契約解除料もなく、契約解除料を完全撤廃しています。

またこれらのプラン以外についても契約解除料を免除する更新期間を3カ月にしているほか、既存プランからこれらのプランに変更する場合の契約解除料を免除しています(Y!mobileでは一部条件を満たす必要があります)。

今回さらにSoftBankとY!mobile間の移行については契約期間や料金プランにかかわらず、契約解除料を無料にし、さらにSoftBankとY!mobileともにWebで手続きをする場合の契約事務手数料を無料にします。

これにより、すでに発表しているMNP転出(番号移行)手数料の完全撤廃と合わせ、現在、SoftBankとY!mobile間の移行時に一部かかっていた手数料など(最大15,500円)が双方向とも無料になります。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ブランドのりかえ時の契約事務手数料を無料に | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
ソフトバンク