ウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」がSuicaに対応へ!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は28日、Fitbitのウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」で非接触IC機能「FeliCa」によるかざす決済・交通チケット「Suica」を3月上旬から利用できるようになると発表しています。これにより、Fitbit Charge 4がSuicaとして鉄道・バス、買い物などで利用可能となります。年会費は無料。

またFitbit Charge 4をAndroid搭載製品やiPhoneなどのiOS・iPadOS搭載製品とペアリングし、Fitbitアプリを利用することで、Suicaの発行やGoogle Payによるチャージなどが利用できるとのこと。なお、Suicaは日本全国の約5000駅、約5万台のバスのほか、交通系電子マネーとして約110万店舗(2020年12月末時点)で使えます。

02
Fitbit Charge 4

Suicaはこれまでにもスマートウォッチ「Apple Watch」シリーズや「Garmin Pay」対応のGarminのスマートウォッチシリーズ、ソニー製スマートウォッチ「wena 3」などのウェアラブルデバイスで利用できていましたが、新たにFitbitでも利用できるようになります。対応製品(2021年1月28日時点)はFitbit Charge 4(Suica対応機種)のみ。

Suicaの利用するにはSuicaに対応したFitbit Charge 4が必要となり、現在販売中のFitbit Charge 4はSuicaをできないとのことなのでご注意ください。なお、Suicaに対応したFitbit Charge 4の発売時期についてはFitbitから案内されるとのこと。Suica発行にかかるデポジットも不要です。利用できる機能・サービス一覧は以下の通り。

機能・サービス可否備考
新規発行発行と同時に最低1,000円のチャージが必要
端末1台につき発行できるSuicaは1枚
クレジットカードによるチャージGoogle Pay(Googleアカウントに登録されているクレジットカード)からのチャージが可能
コンビニなどでの現金チャージ
券売機などでの現金チャージ一部の駅に設置されているトレイ型の券売機などで可能
銀行チャージ×
チャージ残高による鉄道利用Suica対応のバス利用も可能
チャージ残高でのお買い物
残高表示ウェアラブルデバイスでも表示可能
履歴表示前日分までの表示
払いもどし手数料(220円)が必要、アプリ上で払いもどし可能
再発行×
機種変更による残高引継ぎ×
JRE POINTを貯めるJRE POINT WEBサイトでの登録が必要
JREPOINTによるチャージ×
定期券の購入×バス定期券も不可
Suicaグリーン券の購入×
タッチでGo!新幹線券売機での利用開始登録が必要
新幹線eチケットサービスえきねっとへの申込が必要
ネット決済×
エクスプレス予約×東海道・山陽新幹線のサービス
スマートEX東海道・山陽新幹線のサービス
※ ウェアラブルデバイスのみの操作で提供可能



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Suicaが「Fitbit Charge 4」でご利用いただけるようになります(PDF形式:222KB)
Suicaトップ:JR東日本
Fitbit Charge 4 さらに進化した健康を旅するトラッカー