楽天モバイルが楽天回線のエリアマップを3月30日時点のデータに更新!

楽天モバイルは1日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において新たに茨城県および埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、福井県、静岡県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、福岡における45地域が楽天回線エリアに追加されたとお知らせしています。

合わせて同社では公式Webサイトにて公開しているサービスエリア( https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/ )を更新し、現在のデータが新たに3月30日時点に更新され、対応予定エリアについてもこれまでの「2021年5月末」および「2021年夏以降」が「2021年6月末」および「2021年秋以降」となっています。

またKDDIでは楽天モバイルへパートナー(au)回線としてローミングを2026年3月31日(火)まで提供していますが、すでに原則終了として案内されていたように東京都(一部除く)におけるローミングが3月31日に終了したとお知らせしています。さらに千葉県および神奈川県についても2022年3月末に原則終了するとのこと。

その他にもKDDIでは宮城県および埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、奈良県、愛媛県、福岡県においてローミングを順次終了していくとし、新たにローミングサービス提供エリアをエリアマップで掲載しています。

02
Rakuten UN-LIMIT VIにおけるauローミングが東京都(一部除く)で終了(楽天モバイル株式会社サービスへのローミング提供について | 公開情報 | KDDI株式会社より)


04
パートナー(au)回線の提供エリアマップが掲載(楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア | 公開情報 | KDDI株式会社より)

楽天モバイルでは楽天回線による正式サービス「Rakuten UN-LIMIT」を2020年4月に開始し、楽天回線エリアにおけるデータ通信は使い放題、専用アプリ「Rakuten Link」での音声通話・SMSも無料で月額3,278円(金額はすべて税込)で使え、さらに4月1日からは新料金のRakuten UN-LIMIT VIにアップグレードされ、1GB以下なら月額0円(無料)、3GB以下ならげ月額1,078円、20GB以下なら月額2,178円、使い放題で月額3,278円となっています。

さらにRakuten UN-LIMIT VIではRakuten Linkでの音声通話・SMSはカウントフリーとなるため、月1GB以下の月額0円でも音声通話・SMSは使い放題となるとのこと。なお、楽天回線エリア以外ではパートナー(au)回線のローミングサービスにて月5GBまでは追加料金なしで高速データ通信が使え、月5GBを超えても最大1Mbpsで利用できます。

03

そんなRakuten UN-LIMITですが、当面の最大の課題は楽天回線エリアの拡大となっており、MNO参入のために総務省に提出した新規開設計画を5年前倒ししてエリア拡大を行っています。そうした中で最近は比較的頻繁に楽天回線のエリアマップが更新されており、今回も前回の3月15日から約2週間での更新となりました。今回の新たに追加された地域は以下の通り。

・茨城県つくば市
・埼玉県幸手市
・埼玉県吉見町
・千葉県君津市
・千葉県長柄町
・東京都立川市
・東京都府中市
・東京都昭島市
・東京都東村山市
・東京都清瀬市
・東京都東久留米市
・東京都稲城市
・東京都神津島村
・東京都小笠原村
・神奈川県横浜市港南区
・神奈川県横浜市緑区
・神奈川県横浜市栄区
・神奈川県横須賀市
・神奈川県茅ヶ崎市
・神奈川県伊勢原市
・神奈川県座間市
・新潟県新潟市東区
・新潟県新潟市江南区
・新潟県新潟市西蒲区
・福井県越前市
・静岡県浜松市南区
・三重県朝日町
・京都府京都市山科区
・大阪府堺市南区
・大阪府高槻市
・大阪府泉佐野市
・兵庫県神戸市須磨区
・兵庫県神戸市北区
・奈良県大和高田市
・岡山県岡山市北区
・広島県広島市中区
・広島県広島市南区
・広島県広島市西区
・広島県広島市安佐北区
・山口県山口市
・福岡県北九州市八幡東区
・福岡県福岡市南区
・福岡県福岡市西区
・福岡県太宰府市
・福岡県古賀市


またローミングによるパートナー(au)回線エリアについては2026年3月31日までは「東京23区、名古屋市、大阪市および局所的なトラヒック混雑エリアを除く全国エリア」および「地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設や観光名所等の一部」で使えるものの、都道府県ごとに楽天回線エリアの人口カバー率が70%を上回った時点でKDDIとの協議をもってローミング提供の継続・終了が決定されます。

すでに昨年10月22日時点で東京都(23区除く)の一部や大阪府(大阪市除く)の一部、奈良県の一部にて順次、au回線のローミングを終了し、さらに東京都(一部除く)では2021年3月末にローミングサービスを終了しました。

さらに今回、宮城県および埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、奈良県、愛媛県、福岡県でもローミングが順次終了され、千葉県と神奈川県については2022年3月末に原則終了となることが案内され、順次終了が案内された府県ではKDDIにてローミング終了エリアが掲載されています。

05
宮城県および埼玉県、千葉県における順次終了エリア。他の府県についても掲載中


06
2021年3月30日時点における楽天回線エリア(首都圏)


07
2021年3月30日時点における2021年6月末の楽天回線対応予定エリア(首都圏)


08
2021年3月30日時点における2021年秋以降の楽天回線対応予定エリア(首都圏)


09
2021年3月30日時点における楽天回線エリア(東京都)


10
2021年3月30日時点における2021年6月末の楽天回線対応予定エリア(東京都)


11
2021年3月30日時点における2021年秋以降の楽天回線対応予定エリア(東京都)

楽天モバイルでは楽天回線のエリアマップ通りに使えていないのが悩ましいところではありますし、ある程度は参考にはなると思いますし、300万人まで1年間無料になるキャンペーンは4月7日に終了することが発表されていますので、これからRakute UN-LIMIT VIを利用してみようかと検討している人は是非、エリアマップをチェックしてみてはどうでしょうか。


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
楽天モバイル 関連記事一覧 - S-MAX
楽天モバイル