メインブランドのSoftBankでもeSIMが提供開始!Y!mobileやLINEMOに続いて

ソフトバンクは14日、携帯電話サービス「SoftBank」のスマートフォン(スマホ)など向け料金サービスにおいて「eSIM(embedded Subscriber Identity Moduleの略、組み込み式SIM)」の提供を2021年7月14日(水)に開始すると発表しています。

eSIM発行は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更で行え、発行拠点はソフトバンクショップなどのSoftBank取扱店およびオンラインサポート「My SoftBank」、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」となっています。なお、既存のSoftBank契約者がeSIMへ切り替える場合は店頭のみ。

eSIM発行手数料は再発行を含めて店頭では3,300円(税込)、My SoftBankおよびソフトバンクオンラインショップでは無料。対応製品は現時点で動画確認済み機種としてiPhone XSシリーズ以降のiPhoneシリーズおよびPixel 4シリーズ以降のPixelシリーズのみとなっていますが、順次追加していくとしています。

これにより、eSIMに対応したスマホなどにプロファイルをダウンロードするだけで手軽に通信サービスを利用でき、オンラインショップではeSIMで新規契約(MNP含む)をする場合に申し込み後にUSIMカードの到着を待つ必要がなく、eKYCで本人確認を行えば、最短1時間ほどで通信サービスを利用できるようになります。

02

eSIMは通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)をスマホなどに遠隔で書き込むことができる組み込み式のSIMです。これまでソフトバンクでは携帯電話サービス「Y!mobile」および「LINEMO」にてeSIMを提供してきましたが、新たにメインブランドであるSoftBankでも提供を開始しました。

これにより、SoftBankを契約する場合にeSIMとUSIMカードのいずれかが選択可能となりました。なお、eSIMでの契約はスマホなど向け料金プラン「メリハリ無制限」および「ミニフィットプラン+」、「スマホデビュープラン」が対応しており、既存のSoftBank契約者がeSIMに切り替える場合にはこれらの料金プランに加入するか機種変更(持ち込み機種変更含む)の手続きが必要となるとのこと。

また eSIMを利用する場合はeSIM対応の機種が必要で、eSIMでは一部のサービスが利用できない場合があり、例えば、SoftBankのeSIMをiPhoneシリーズで利用する場合には「みまもりマップ」や「災害用伝言板」、「災害用音声お届けサービス」が動作不可となっているということなのでご注意ください。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
eSIMを7月14日に提供開始 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
iPhone、Google Pixel、スマートフォン向けSIM | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
eSIM発行にあたって、手数料は発生しますか? | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク
eSIM 動作確認済み機種一覧 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
SIM 一覧 | オンラインストア | ソフトバンク